俺チンと、もっと解り合おうよ…。ロックは世界を変える!

べろべろベーだ!一生、戦争行ってあげないよ!その為なら悪魔とだって手を組んでやるッ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全200ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



イメージ 1


                       フィーリング ハイファイ・セット









フィーリング    唄 ハイファイ・セット




ただ 一度だけの

たわむれだと 知っていたわ

もう逢えないこと

知ってたけど 許したのよ

そうよ 愛はひとときの

その場限りの 幻なの


Feeling woh woh…Feeling

woh woh…Feeling 泣かないわ…。





今 あなたと私が

美しければ それでいい。

そうよ 愛は男と女が

傷付けあう ふれあいなの

今 あなたと私が

美しければ それでいい

Feeling woh woh…Feeling

woh woh…Feeling 泣かないわ…。






     Feelings - Hi-Fi Set








田吾作それは問題だっぺ!


答えてケロ!

この『はいはいセット』の『ヒーリング』って曲があるべが…?

この曲に一番似合う『区』は23区のうちどの『区』だべか…?

三択で答えなさい!

って…いうのが問題だべさ。



な?

わかるかな?

田吾作に…?

この問題は…?

…さすがに厳しいべな。




ま?

都会にせいずうしているこの『ワダス』には簡単すぎで…?


ガハガハガハガハ…!




ホレ!

田吾作答えてケロ!





なぬ?

『荒川区…?』


ぎゃはっあっはっああ!





田吾作…?

正解の答えは…『港区』だべ!




そんぢゃあ…な?


一番センスある都会とされている『港区』をおめえに案内すっから?

よーく見どおおけよ…?





…ふ〜う。

?合ってるべな?

港区で?




なんとか…?

さすが…この場は乗り切ったべかな…?




まあ…『港区』の名前さ…出しとけば…?

さすが…田吾作にはわからんだろってか?

でへへ…。






これで村さ帰ったらこの『ワダス』は…?

村の娘っこ達から…?


『きゃ〜!すでき!玉袋さんて!』

『なんて都会にせいずうしているんでしょ!』

『玉袋さんのお嫁さんになりたいわ〜!』

なんて黄色い歓声あげられたどうしよかなあ〜あ…?



ウッシッシ…。

デヘデヘデヘ…。

イメージ 4



いっか?

ここが銀杏並木だべな!

モヂロン!

ここは…港区だぞい!





…?

あれ?いいんだろうなあ?

港区で…?


だべ?

そうだべ?


ま!田吾作にはそんな事わかんないか…?

ガハハ…!



いいか田吾作…?

このあたりが白金付近だぞい?


イメージ 5




そうだべ…そうだべ!

その『杉ちゃん…?って芸人?』

そんなギャグいってたべか?

田吾作?



『シロガネーゼの城がねえぜ!』
…ってか?



がはははは!

やっぱ都会に住む芸人のギャグは面白れえべ!

な?

がはははは!




ん…?

なぬ…?


このギャグは今『田吾作が考えたモノだ…』

『玉袋さんがどれだけ都会に精通しているのか試してみただけだ』と?


この〜?

田吾作〜!!!!!


オラはオメエが考えたギャグだと思って

…付き合って笑ってあげただけだぞい!!!

こら!田吾作!

ホントだぞい!


イメージ 6


あれはなぬか…?って?

あれはモヌメントだべさ。

なぬ?

違うべ…『モニュメント』だねえど…?

田吾作おめえはホント田舎者だから発音わるいべな…?

『モヌメント』ってなんで発音できねえべか…?

そんな事ぢゃ…おめえは死んでも都会人になれねえどお…?


イメージ 2


な・な・なんだべ?

田吾作!?

オラ…すとこうそく(首都高速)!

生まれて、初めて運転すてるんだぞい!


あれは何かなんて聞くな!コラ!


あ…?

あ?

…?

あれは巷で話題沸騰の『スカイツリー』だべな?

運転つうだから『チラっとすか見えねえからな!』


間違ってカモすんねえから…な?


もし間違っていても村の皆んなには報告するでねえぞい?



ふう〜…。

初めて運転する首都高速で助かったべ…。

運転に夢中で見えなかった事にすればいいからな…。

ウッシッシ…。

イメージ 3

あ?

田吾作あれはもしかしたら『スカイツリー』でねえカモ…?

…?


さっきは運転中だったからなあ。

田吾作はなんだと思うべか…?あの建物…?

だべだべ…?そうだべ…?

『東京タワー』だべ!

オラもそう思っただ!やっぱ田吾作は筋がいいぞい!

オラが思った通りの人物だべ!



…ふう〜…。

やったべ…。

この難局をなんとか乗り切ったべさ。

もう少しで村の笑いモンになる所だったべ…。

もしあれが『東京タワー』でなかったら…?

田吾作も道ずれにオラと一緒に笑いモンになるべからさあ…。

よがった…よがった。









イメージ 1

                                                           ミスティトワイライト 麻倉未稀










イメージ 2






JR浜松町駅のホームで発見。

…小便小僧のブロンズ像。


こんな所でこんなモノ!!

でも…なんでこんなモノが

駅のホームに設置されているんだろう…?

ん…?

小便小僧といえば…
昔…
オンワードの素晴らしいCMがあったっけ…ナ?












そうこれこれ!


よい子の皆んなはマネしないでね!


見ているこっちが赤面するくらい

『ドキ…ドキ…』しちゃったよね?

このCM







    ミスティトワイライト 麻倉未稀





熱いシャワーのあとで、あなに電話したわ。

懐かしいその声は…そうよ…留守番電話…。

『さよなら』とだけ告げて…降ろす受話器の重さ…。

立ち去るのは私と認めたくなかったの…。




あなたがいて…彼女がいて…何が起きたの…?

今は何も知りたくない…少し眠るわ…。



※A gentle breeze and misty twilight blue

 The endless song it's just my yesterday

 Someone to love and someone to be loved  

 A little laughter in the afternoon Woo…




※心地よい風の吹くブルーで曇った黄昏どき…。
 誰を愛し、誰から愛され…どんな出逢いがあるんだろう?
 そんなものが…今日までの私の永遠の詩(テーマ)だなんて。
 自分が可笑しい、そんな午後…。





明日からはひとりだって…歩き出せるわ…。

だけど今は…そうよ今は…少し眠るわ。



 A gentle breeze and misty twilight blue

 The endless song it's just my yesterday

 Someone to love and someone to be loved  

 A little laughter in the afternoon Woo…







いやいや!

都会は広いね〜!

イメージ 3





何車線あるんだべか…?

すん路変更よく出来るなや?


イメージ 4


あんれま?

これが伊勢丹がい…?


眩すすぎで霧がかかってるようにみえるなや!?

あ?

こりゃ…わだすの写真の腕がヘタクソなんだべね…。


イメージ 5


あ?

これがあの話題の東京駅だない!

モダンだやね〜!

都会のオナゴは毎日こんな所を見ているんだない!


いや〜たまげだ!!

イメージ 6



わあ?

これがヱビスビールの跡地かィい?

この辺りには

どんなべっぴんのオナゴが暮らしているのかなや?


デヘデヘでへでへ…。

イメージ 7



今!言ったの誰だっぺ???

あれが二重橋だっぺ!

って言ったっぺ!

バカにするじゃあ〜ねえど!?

オラにだってわかるわ!

あれは二重橋ではねえ!

って事くらい!

あれが『東京ドーム』だって事くらい…。

オラにも解ってるべさ!!

バカにするだねえぞ!!!!

あ?

イメージ 8



あれがデズニーランドだべな?

あ?

東京タワーだべか?

おいこら!

田吾作…コラ!!!!



ここは笑うとこだべな…?


ははは…。

あ…は…。

(なんだべ…?    これ?                            うまく誤魔化すことできたべか…?)







イメージ 1


                           秋の気配 オフ・コース








あの…残暑もうそろそろ…終りでざんしょ…?


つう訳で…この所…秋の気配…。





     秋の気配 オフ・コース






あれがあなたの好きな場所

港が見下ろせる小高い公園



イメージ 2




ここだよね…。
俺チンも当時…彼女と行った事あるよン。
30年以上も前…ネ…あはは。





イメージ 5







貴男の声が小さくなる…。


僕は黙って外をみてる…。






イメージ 6




このポートヒル横浜の窓からカナぁ…?

『僕は黙って外を見てる…。』つうのは…?

きっと…こんな感じで見えるカモね。

             ↓

イメージ 7





あ?

なんだか…さ。

ユーミンの『海を見ていた午後』の風景に

少し似ていない???

まさか…?風景のパクリ?

そんなのないか!

^ ^;はは…。




目を閉じて息を止めて

さかのぼるほんのひと時…。

イメージ 8
  旧フランス領事館跡





こんなことは今までなかった。

僕が貴女から離れてゆく…。

僕が貴女から離れてゆく…。





黄昏は風を止めて

ちぎれた雲はまたひとつになる





あの歌だけは他の誰にも

唄わないでねただそれだけ…。




あ?

あのう…?

ちょっと口はさんでいいですかぁ…?

横でさっきからお二人の会話
聞いていた者ですけれど…。

いえいえ…聞こうと思って聞いてたんではなくって
聞こえただけなんですよ!

ホント!ホント!

でね?

余計なお世話カモ知れませんけれども…
一言だけ言わせてくださいナ…。

いえネ…。

『あの歌だけは他の誰にも唄わないでね!』
って言いますけれどもね。

そりゃ!あ〜た無理な注文ぢゃありゃしませんか?

…だってね。

この男だって…あ〜たの事が大好きで大好きで
絞りに絞って出来た曲ですよ!

この先…ポンポンポンポン!
何曲も何曲も、作曲…出来る訳ないでしょ〜?

ね?

そうそう!
譬えると…あの『つのだ☆ひろ』の
 『メリージェーン』みたいなモンだよ…。

一生に一曲できればイイほうなんだってば!
永ちゃんやユーミンや桑田圭祐みたいにあんなに
ポンポンポンポン!
たくさん名曲できるんだったら…

この男みたいにサラリーマンなんか
やっていないつうの!
わかります?!

きっとこの男は貴女と別れたあと残念だけれど
…もう二度と曲が浮かんで来ないモンだから…。

貴女に贈ったというその名曲を…
『初めて作った』という事にして唄うよ!
きっと…!

あ?いや!
長話…失礼しやした!




大いなる河のように…。

時は流れ…戻る術もない…。




イメージ 9
旧フランス領事館跡(フランス山)


こんなことは今までなかった。

別れの言葉を探している…。

別れの言葉を探している…。


イメージ 10
 ベンチには木の葉が枯れ初め…


ああ…嘘でもいいから…微笑むフリをして…。



イメージ 11
木陰にもほんのチョット秋の気配が…。



僕の精一杯の優しさを…貴女は受け止めるハズもない。



オイオイ!

だからさ…?

精一杯の優しさつうんだったら。

でったいに…次の彼女にあの歌…唄うなよ!

つの!





イメージ 3


こんな事は今までなかった

僕が貴女から離れてゆく…。



こんな事は今までなかった

僕が貴女から離れてゆく…。


イメージ 4
 オーロラ姫の銅像
                









檸檬 さだまさし




イメージ 1

                        檸 檬    さ だ ま さ し








今日ちょうど、御茶ノ水付近を通りかかったので。

さだまさしのあの名曲…『檸檬』を懐かしんで…。

写真を撮ってみました。







     檸檬 さだまさし








あの日湯島聖堂の白い石の階段に腰掛けて

君は陽だまりの中へ『 盗んだレモン』細い手でかざす。


イメージ 2


↑この階段かなあ…?

盗んだレモン白い手でかざしながら

『白い石の階段に腰掛けて』っつうのは…?







     イメージ 3

もしかしてこっちの三段の階段だろうか…?









それをしばらくみつめた後で 

   キレイね! と言ったあとで噛じる。 

             指の隙間から青い空に 

                 カナリア色の風が舞う…。




食べかけのレモン… 聖橋から放る…。 

    イメージ 4 

快速電車の赤い色がそれとすれ違う。 


   イメージ 5


デヘデヘ…。

いい感じ!

こんな感じカナ?

そうか…さだまさし…はんも、

こんな感じで作詞したんだね。

なんだか気持ちいい…。

うんうん。^ ^;



川面に波紋の広がり 数えたあと 

  小さなため息まじりに振り返り   

    捨て去るときにはこうしてできるだけ 

      遠くへ投げ上げるものよ!


は?

それ?なんのこと?

レモンの事に限ってでしょ?

まさか…?

先日まで付き合っていた男の事ぢゃないよね?

…ネ?

…ね?

他の男ならまだしも…?

その中に俺チンは入っていないよね…?







君はスクランブル交差点斜めに渡りながら…不意に涙ぐんで…。


   イメージ 6


涙ぐむ…?



青春時代つうか…?

思春期ッっつうのか…?

俺チンもよく悩んだよぉ。

なんで…こんなに頭わるいのか…?

なんでこんなに足が短いのか…?

どうしたらアイツよりケンカが強くなれるのか…?

どうやったらオンナにモテるようになるのか…?

どうやってナンパすれば成功するのか…?

やっぱバンドやめてサーフィンに切り替えようかナ…?

それともバイトいっぱいしてかっちょいい車買おうかな?

なんて…。

ネ?

『涙目』に関してはそりゃ俺チンだって…。

この交差点に限らず色んな交差点でお世話になりましたって。

(笑)





まるでこの街は青春たちの姨捨山みたいだという…。

   イメージ 7


あ?

なつかしいいよな〜!

楽器屋がいっぱいだ!

まだまだ健全なんじゃん!

こんなところは…まだまだ変わっていなかったんだ?

良かった…。





ねぇほら。 そこにも ここにも  かつて 
        使い捨てられた愛がおちる。 

                イメージ 8


愛が落ちる…?


あ?

そういやあ…?

この店でデートしたあの娘にも

1か月で振られたっけ…。

あ?


違う違う…!


こっちから振ったんだよ!

そうなんだだからね!


ホントだよ!




…って…?

言えば言うほど…ウソっぽくなっちゃうかあ…?

トホホ…。

^ ^;




時の流れと言う名の方が舞い降りて 
それをついばんでいる。 

食べかけの夢を…聖橋から放る。
各駅停車のレモン色がそれをかみくだく 

     イメージ 9

二人の波紋の広がり数えたあと…小さな ため息まじりに振り返り 
消え去るときにはこうして できるだけ 静かに落ちていくものよ…。



いやあホント男は往生際悪いけれど…。

       女性は全般に…『男前』ですなあ…!






イメージ 1

                    LAUNDRY-GATEの想い出 松任谷由実






毎日お暑うございます。

夏というと俺チン。

どーしても…。

この『ランドリーゲートの想い出』

を連想するクセがありまして。



仕事の合間に…?

ま。どちらかというと…仕事の合間というより、
休み時間の合間に仕事しているんすが…。(笑)


ランドリーゲートを探しに出かけました。





ふた駅揺られてもまだ続いてる…。
        錆びた金網線路に沿って。

むかしあの向こうをあの子と二人
                       風に吹かれて歩いたものさ。
イメージ 2







お?このあたりのハズだ!

右は青梅線です。

昔はこの金網が錆びていたんだね…きっと。



現在…国営昭和記念公園…旧立川基地。


なんでも…都市伝説によると
  この旧立川基地の地下は非常事態の時には、
    政府の中枢機能をそっくりそのまま移す事が
      できる事になっているらしいっス。


あ?

話が脱線…ごめんチ。


ふた駅っつうのは…?

立川駅から青梅線で…①西立川駅…②東中神駅。

って事っス。



で。立川基地跡地の西側の

  『富士見通り』を北に向かって走って行きますと。




あったあった!


イメージ 3



バス停『富士見通り』


え?
 

いや?


良く見てみて?

現在『富士見通り』って書いてある

汚くなったシールみたいなのが、貼ってあるでしょ?


その下にほらほら!

『ランドリーゲート』って書いてあったみたいだよ?

ね?




男の扱い、ピザの作り方…。


得意気な声が、目をつぶれば聞こえる…。


ジミヘンのレコードも返せないまま


手紙を書く柄でもないし…。


ユーミンも当時。

この『ランドリーゲート』から基地内に入って、

得意げだが憎めない口紅をくれた

華やかなB型のあの子と友達になり、

最新輸入レコードを買い集め、

ジミヘンやプロコルハルムの『青い影』なんかも

買っていたカモよ?



イメージ 4

『ランドリーゲート』のバス停前にはちょうど

  サルスベリの木に花が咲いていました…。





古い滑走路を探しに

もう少し基地周辺を廻ってみましたよ〜。





見送る約束…寝過ごした日には。
                

イメージ 5



古い滑走路に夏草だけゆれてた…。



これだ!これだ!

米軍が使っていた感じの滑走路!!

夏草も揺れている…!!

^ ^;



で…またランドリーゲートに戻ると…。







16の誕生日…私にくれた苦い口紅つけてきたのに。




あの子が故郷へ飛んで行ってから
                  なぜか寂れてしまったランドリーゲート…。


イメージ 6




ほんとだ!ホントだ!

あのランドリー工場のエントツらしきものも

あんなにツタが絡まっちゃって…。

ほんとに寂れてしまったんだねぇ…。





あの子が故郷に

飛んで行ってからというもの…。









     LAUNDRY-GATEの想い出 松任谷由実












全200ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事