SACの部屋

ブログ開設から約12年。ようやく星三つになりました。ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

八戸レポ・その5です。

飛行展示まで時間がかなりあるので地上展示機の撮影です。今回は外来の戦闘機4機を紹介します。

まずは航空自衛隊のF-15J戦闘機です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_0?1286440319

第2航空団・第201飛行隊(北海道・千歳基地)の「32-8818号機」です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_1?1286440319

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_2?1286440319

1機ずつロープで囲った親切展示なので全周ウロウロして細部をあちこち撮りました。いつか素材用として使いましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_3?1286440319

胴体下に装備された600gal増槽タンク。F-104時代の部隊マークが小さく描かれていました。119という数字の下の部分です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_4?1286440319

関東の人間にとっては第2航空団の機体はなかなか見る機会が無いのでとても新鮮に感じます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_5?1286440319

次は米空軍機です。第35戦闘航空団(35FW 青森県・三沢基地)のF-16CJ戦闘機「92-3884」です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_6?1286440319

空気取り入れ口の下面左側に装備されたAN/ASQ-213HTS(HARM目標指示装置)ポッド。AGM-88HARM(高速対レーダー・ミサイル)を運用するための装備です。その上には第5空軍(左側)と第35戦闘航空団(右側)のマークが描かれています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_7?1286440319

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_8?1286440319

この機体は在日米空軍の中核部隊たる第5空軍(5AF)の司令官指定機となっています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_9?1286440319

第5空軍司令官(兼在日米軍司令官)はF-16やF-22のパイロットとして経験豊富なバートン・フィールド中将なので実際にこの機体に乗って飛ぶ事もあるのでしょう。よくは分かりませんが。

通常はシリアルナンバーが書かれている場所に5AFと書かれていてオシャレです。ユニットカラーは第35戦闘航空団の隷下部隊である第13戦闘飛行隊(13FS)の赤と第14戦闘飛行隊(14FS)の黄の両方が使われています。機体の管理は13FSで行なわれているようです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_10?1286440319

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_11?1286440319

空気取り入れ口右側に13FS(右)と14FS(左)のマークが描かれています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_12?1286440319

気さくに撮影に応じてくれた「92-3884」のパイロットさん。サインをもらえば良かった・・・。シャツも13FSのユニットカラーである赤となっています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_13?1286440319

13FSのシャツを着てグッズ販売に来ていたお姉さん。隊員の家族とかでしょうか?よく分かりません。記念撮影をお願いしようと思いましたが食事中だったので断念。まあ語学力の問題もあるのですが(苦笑)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_14?1286440319

同じく13FSのF-16CJ「91-0423」。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_15?1286440319

こちらは普通の塗装。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_16?1286440319

13FSの豹マークとか太平洋空軍(PACAF)のマークとか。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_17?1286440319

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_18?1286440319

再び航空自衛隊機です。第3航空団・第3飛行隊(青森県・三沢基地)のF-2A戦闘機「93-8550」。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_19?1286440319

分割されたキャノピーや大型の空気取り入れ口。言うまでもなくF-16を母体として開発されたF-2ですが、こうして並べて展示してくれると違いがいろいろ分かります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_20?1286440319

やはりF-2はデカイ。F-16に比べると胴体も主翼もスケールアップされています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_21?1286440319

この機体もあちこち細かく撮りました。いつか素材として使いましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_22?1286440319

主翼下のパイロン。機体を全周から撮れるので普段は撮らない細かい部分も撮れます。こう見るとかなりゴチャゴチャしてますね。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_23?1286440319

この機体は今年度の戦技競技会のF-4部門で第302飛行隊(茨城県・百里基地)をサポートしました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_24?1286440319

小さく第302飛行隊のマークも描かれています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_25?1286440319

エプロン東側では開隊記念行事が描かれていましたが撮影はしませんでした。前回のUH-60Jも含めて1時間かけてゆっくりと撮影しました。まだ地上展示機の撮影は終わっていませんが、祝賀飛行が開始されるようなので一時中断です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/60/e8/sacpon1971/folder/110407/img_110407_4692571_26?1286440319

(つづく)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

自分が見てきたものがSACさんの解説つきだと「なるほど〜」と思えます。
あのロープの張り方だと、機体が触れそうなぐらいでしたからね。

2010/10/8(金) 午前 10:40 [ LeO ] 返信する

顔アイコン

SACさんこんにちは。昨年私も八戸基地に行きました。私は「はやて」に乗り八戸駅からの路線バスで行きましたが、本数の少なさにビックリでした。あと八戸基地は立入禁止の寅ロープと機体が近いので、撮影に苦慮しませんでしたか?しかし、千歳のF15を本州で拝めるのは醍醐味ですね! 削除

2010/10/8(金) 午後 9:14 [ SWMTT ] 返信する

顔アイコン

ノコノコさん、やはり1機ずつロープで囲む展示方法は素晴らしいと思います。去年行かれた方の写真を見るとF-16はいろいろミサイルを搭載した状態で展示されていました。今年は増槽タンクだけだったのがちょっと残念。

2010/10/12(火) 午前 2:57 SAC 返信する

顔アイコン

SWMTTさん、こんばんは。返事が遅れてすみません。自分らはマイカー移動だったので気付きませんでしたが、八戸から基地へのアクセスは大変そうですね。

それにしてもこの展示方法は素晴らしいです。近所の三沢だけではなく千歳の機体も来てくれるのでこれまた素晴らしい。

2010/10/12(火) 午前 3:00 SAC 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事