全体表示

[ リスト ]

急がば回れ

《急がば回れ》の語源は滋賀にあった。

博士は在職当時、草津から京都までJRで通っていた。
大津までは琵琶湖が南へ出っ張った、湖岸沿いを走っていく。
途中で瀬田川を渡る。
「唐橋を制する者は天下を制す」と言われた橋がかかる川だ。
琵琶湖を対岸の大津へとまっすぐ渡ることができれば、どれだけ時間が短縮できることか。
電車のなかった時代ならなおさらだ。
当時、草津の矢橋(やばせ)港から大津石場港までは渡し船があった。
ところが琵琶湖には比叡おろしと言われる突風が吹く。
時には船が転覆することもある。
そこでできた言葉が・・・
《もののふの、矢橋の船は速けれど,急がば回れ、瀬田の長橋》
矢橋は近江八景のひとつで《矢橋の帰帆》と呼ばれ、広重の浮世絵にも描かれている。
今は風光明媚だった往時の面影はない。
イメージ 1
 
今の矢橋港
イメージ 2

 向こうに比叡山。
帰帆島と呼ばれる人工島ができて、対岸の大津は見えない。 イメージ 3
 
矢橋公園(旧矢橋港跡)
湖岸を走る道路を隔てたところにある。
  当時の琵琶湖は今より広くここに港があった。
        石畳は往時の船着き場かな。
イメージ 4

最初の浮世絵にも描かれている1846年建立の常夜灯
イメージ 5




閉じる コメント(31)

顔アイコン

瀬田の唐橋は有名ですね。
40代の頃、レンタカーで琵琶湖の周りを走った思い出があります。
ナイス!

2019/3/20(水) 午後 11:00 ようこ 返信する

今晩は。
瀬田のから橋有名ですよね。

広重が描いた時代の面影はもう有りませんか。

でも、素敵な所ですよね。

ナイス☆〜

2019/3/20(水) 午後 11:27 yae*o0*1*000 返信する

顔アイコン

歴史感たっぷりですね〜。
近江の国、ゆっくり行きたいな。
石畳に常夜燈・・・いいな。

「急がばまわれ」の語源はここにあったのですね。

2019/3/21(木) 午前 5:08 [ 上尾のアン便り ] 返信する

顔アイコン

まめたろさんへ

マラソンは唐橋を渡れば近道。
見つからず唐橋を制すれば優勝間違いなしです。

2019/3/21(木) 午前 6:05 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

ぴよこさんへ

電車のない時代は船が重要な交通機関だったのでしょう。
浮世絵に描かれているような風景、見てみたいですね。

2019/3/21(木) 午前 6:07 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

ビワイチさんへ

内湖は琵琶湖の一部だっけど土砂の流入などで琵琶湖が小さくなってできたものです。
ここもそのために陸地化したのだと思います。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:07 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

おっさんさんへ

今は訪づれる人もほとんどいません。
お向かいの帰帆島は家族連れで賑わっていますが・・・。
TB&ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:07 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

にざんささんへ

湖西線は高架だから風の影響を受けやすいです。
新幹線が通れば湖西線は第三セクターになる。
地元に取っては通らなくて一安心です。

2019/3/21(木) 午前 6:08 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

ドナさんへ

諺は知っていても語源まで知っている人は少ないですね。
晴なしとは残念。
晴れれば湖岸から湖西の山や伊吹山がきれいなのに・・・。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:08 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

かずさんへ

場所によっては対岸が見えない。
水平線の所もありますよ。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:08 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

玉ちゃんへ

瀬田の唐橋は有名だけど交通量が多くて風情はありません。
マラソンコースよくご存じですね。
瀬田川沿いのコースは選手にとっても風景がいいので走りやすいでしょう。
今は唐橋よりさらに下流の南郷洗堰を渡るようになりましたね。
比叡山からは琵琶湖の眺めが素晴らしいですね。
琵琶湖大橋から北の伊吹山まで一望だったのでは・・・。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:09 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

写真愛好家さんへ

諺を知っていても全文と謂れは知らないですよね。
滋賀には広重の描いた場所がほかにもたくさんありますよ。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:09 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

POPSさんへ

一見プラットホームのようにも思えますね。
船着き場は浮世絵を見ればここがそうだったのかという感じ。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:09 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

ようこさんへ

琵琶湖を眺めながらのドライブは快適だったのでは・・・。
特に湖西から北湖にかけては琵琶湖を眺めながらの絶好のドライブコースです。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:10 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

ヤエコさんへ

唐橋は橋自体は昔の面影のある橋です。
ただ交通量が多くて風情はなくなりました。
唐橋から瀬田川沿いに下流に向かうと洗堰や石谷寺があって素敵なところです。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:10 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

アンさんへ

石畳と常夜灯、浮世絵に描かれてたままの景色で当時を彷彿とさせてくれます。
近江は戦国時代重要だった地。
歴史にまつわる場所がたくさんあります。
急がば回れ、語源まで知っている人は少ないですね。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:17 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

急がば回れの語源がここに在ったのですね!ナイス♪
琵琶湖周辺は訪れたことが無いので、毎日サンデーになるので
今度行ってみたいですね!

2019/3/21(木) 午前 6:47 おんたけやま 返信する

顔アイコン

諺は知っていても語源まで知っている人は少ないですね。
日本百名山、伊吹山にぜひ登りに来てください。
ナイスありがとう。(^_-)-☆

2019/3/21(木) 午前 6:56 おでかけ博士 返信する

顔アイコン

こんばんは、おでかけ博士さん。
急がば回れのルーツ、ここにあり、ですね〜\(^o^)/
知りませんでした。
しかし、琵琶湖は海のように大きな湖なので、迂回も必要になるんですね〜(^^)/
一つ、参考になりました〜p(^^)q

2019/3/21(木) 午後 11:10 でへへ 返信する

顔アイコン

でへへさんへ

ルーツはわが地元にありました。
広くて波が押し寄せる湖は琵琶湖ぐらいかもしれません。
場所によっては対岸が見えず水平線の所もありますよ。

2019/3/22(金) 午前 6:00 おでかけ博士 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事