全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 
『あなたたちも用意していなさい。
人の子は思いがけない時に来るからである』
(ルカ 12,40
 
 
 
聖アルフォンソ・デ・リゴリオ司教教会博士
 
 
6.罪人の死
 
 
②臨終の罪人の苦悩
 
 
あぁ、臨終の床にある哀れな罪人の苦悩は
いったいどれほど強烈で深刻なものでしょうか
 
まず、地獄の悪魔に悩まされるに違いありません
 
この恐るべき敵である悪魔は
死の時、すなわち霊魂が地上を去ろうとする時
これを滅ぼそうとして、全力をあげて努力します
 
なぜなら、この霊魂を我ものにするには
わずかの時しか残っておらず
この時を逃したならば、永久に失わなければならないからです
 
『自分にはわずかな時しか残されていないのを知り
  激しい怒りをもって
  お前たちのところにくだって行ったからである』(黙示録12,12
 
しかも、臨終者の霊魂を滅ぼすために
誘惑に来る悪魔は、1位ではなく、大挙して押し寄せるのです
 
『そこには荒れ野の獣が伏し
家々にはみみずくが溢れ
駝鳥が宿り、雄山羊の姿をした悪魔がそこで踊る』(イザヤ13,21
 
ある悪魔はこう言うでしょう
「心配はいらない、きっと治るだろう」
 
すると、もう1位の悪魔はこう脅すでしょう
「おまえは長きにわたり、神の声を聞こうとしなかったではないか
今さら泣きついて憐れみを受けられるとでも思うのか」
 
第3の悪魔はこうなじるでしょう
「おまえは機会を見つけては他人の財産や名誉を損ない尽くしてきた
それらをどうやって償うつもりなんだ」
 
第4の悪魔はこう叫ぶでしょう
「おまえがなしてきた告白は無効であり汚聖ではないか
まことの痛悔もなく、遷善の決心もなく
あの罪もこの罪も隠してきたではないか
今になって騒いでもだめなんだよ
救いはあきらめろ」
 
次に臨終者は、それらの罪に取り囲まれるでしょう
悪は、邪悪な人を、その死にあたり、捕らえて放そうとしないでしょう
 
聖ベルナルドは言います
「そうです、彼らの罪は、武具をつけた捕縛者のように叫んでいます
 『我々をつくり出したのは、おまえなのだから、おまえを離れはしない
  我々はあの世までおまえにつき従い
  おまえと一緒に、至高の審判者の前に引き出されるのだ』」
 
哀れな罪人は、これらの敵から逃れようと焦るでしょう
けれども、そのためには、これらを憎まなければなりません
 
心を尽くして神に立ち帰らなければなりません
しかし、その精神はかすみ、心は頑なになっているのです
 
『主は、滅びゆく民に、憐れみを示されなかった
  彼らは自らの罪のゆえに全滅した
  これら全てのことは、主が頑なな心の諸国の民に対してなされたことで
  多くの聖なる人々によって心を動かされるということもなかった」(シラ16,9
 
聖ベルナルドの語るところによれば
生涯の間、悪になじんでいた罪人は
死の間際に滅びの状態から出ようと努めても、成功せず
その嘆かわしい状態のまま自身の悪に押しつぶされて死ぬことになる
最後の時に至るまで罪を愛した罪人は
最後の時まで滅びの危険を愛したのだから
神が、この不幸な人の危険な状態のまま放置して生き永らえさせたことは
正義のあしらいでもある、ということです
 
聖アウグスティヌスも言います
「罪を去る前に、罪から去られる人があります
  罪に親しむ人が、死に際して、真剣に罪を憎むことは極めて困難です
  というのも、その時その人は、自発的に行動するのではなく
  いわば強いられて行動するようなものだからです」
 
ゆえに、頑強に悪に執着し続け
神の御声に逆らい続ける罪人は、不幸です
 
『その心臓は石のように硬く、臼の下石のように硬い』(ヨブ41,16)
 
忘恩者!
彼らは神の招きを聴こうとせず
その御声に心を動かされるかわりに
生涯の間、鉄砧が金槌で叩かれて硬くなるように
その心はますます頑なになったのです
 
そのため正義の罰によって
その生命の終わりになっても
片足を永遠の世界に踏み入れていながらも
心を改めようとしないのです
 
そうです、頑なな心は
最後の時に至るまで、取り拉がれるのです
 
あぁ、罪人は、死の際、神に向かって叫ぶでしょう
けれども神は、これに対して突き放されるでしょう
 
「あなたは私をうち棄てて被造物を愛したではないか
なにゆえ今となって私に依り頼もうとするのか
あなたの悩みの時が来たからといって
私が立ち上がり、あなたをかばう義理がどこにあるのか
あなたは被造物に向かって叫ぶがよい
被造物に助けを求めるがよい
それらこそ、あなたが祀り上げてきた神々ではないのか
それならば、それらの神々が立ち上がって、あなたを救うべきだろう」
 
主が、このように語られるのは
彼らが主に依り頼んだとしても
まごころから回心する気が実際にはないからです
 
聖イエロニムスは言います
「私は長年の経験によって
一生の間、悪い生活を送り続けた人は
決して善い死を遂げることがない、と確信しています」

 
福音を信じる人は多いが
悔い改める人は少ない

心からの悔い改めをもってこそ
はじめて福音を真の意味で信じるものとなれます

神のうちに永遠に生きることを望むものは
今、罪をうち棄てて、神に立ち帰り
神の恩寵に協力して、善良な生活を送るよう努めなければなりません
 

閉じる コメント(2)

内緒さん、ありがとうございます
でしょ?そーなんです

2018/12/3(月) 午前 8:40 Benedictus

内緒さん、なぜかはわかんないですけど
ありがとうございます
そーそーそ〜なんでございます

2018/12/6(木) 午前 0:52 Benedictus


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事