全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 
「家族に遺言せよ。おまえは回復せず、死が近づいている」(イザヤ38,1
 


聖アルフォンソ・デ・リゴリオ司教教会博士


 
7.救霊をなおざりにして死を想わないで生活した 臨終者の抱く感情
 

①死に臨む罪人の恐怖と良心の呵責
 

数時間の生命しか残されていない病人のそばにいると想像してみてください
 
なんと可哀想な臨終者でしょう
昏睡、息詰まり、痙攣、冷汗など
さまざまな苦しみに苛まれています
 
その上、頭が極度に疲労していて、ほとんど何もわからず
ひと言も発することさえできません
 
しかし、これらの惨めさも
次の惨めさに比べれば、なんでもないのです
 
この人は、死のうとしていながら
自分の霊魂の行末について考えもせず
永遠の世界のために、自身の決算をととのえようとは思わないのです
 
医者や薬のことしか考えておらず
生命をおびやかしている病気から救われようと願っているのです
 
聖ラウレンツィオ・ユスティニアーニは
このような臨終者について、次のように語っています
 
「その人は、自分自身について心配する以外に、何もできない」
 
せめて、親族もしくは友人が、この可哀想な瀕死者に
死の危険について注意してくれたらよいのですが
親族も友人も1人として、死の近いことを警告したり
最後の秘跡を受けるよう勧める勇気もないのです
 
みな瀕死者を悲しませまいとして
これについて語るのを拒むのです
 
しかし、みなが黙っていても
病人は、家族の心配そうな様子に気が付くものです
 
医者が頻繁に診察し、しばしば劇薬を用いるのを見て
その可哀想な霊魂は、動揺と恐怖に陥ります
 
そして、いろいろな不安、良心の呵責、絶望の誘惑に襲われ
心の中で「あぁ、このまま死んでいくかもしれない」とつぶやくのです
 
最後に悲しむべき知らせがもたらされます
「家族に遺言を。あなたは回復せず、死が近づいています」
 
その時、その心の中はどうでしょうか
「あなたの病気はもう治りません。最後の秘跡を受け
神様と一致して、この世を去りましょう」
このように聞かされた時
どれほど悲しんで叫ぶことでしょう
「この世を去れというのですか
何もかも遺し去れというのですか
この家、この別荘、この親族、この友人
あの集会、あの遊戯、あの楽しみを去れというのですか」
 
そうです
全てに別れを告げなければならないのです
 
すでに公証人が、そこに来ています
その手で運命の言葉を綴るのです
「私は遺棄する。。。私は遺棄する。。。」
 
死にゆく人は何を持ちゆくことができるでしょうか
みすぼらしい死装束だけで
この装束も、まもなく墓の中で朽ち去り
あるいは遺体と共に焼かれ去るだけなのです
 
周囲の人々は涙にくれ、友人たちは黙して自分を取り囲み
ひと言も発する力もなく、見つめているのを見て
どれほど暗く絶望的な考えが、この罪人の霊魂をかき乱すことでしょう
 
しかし、この嵐の中にあって
いつになく激しい良心の呵責にさいなまれる時
どれほどの苦悩を感じることでしょう
 
なぜなら、天からの勧めや光明に逆らい続け
聴罪司祭の忠告も聞かず、立てた決心も守らず
これらを棄て去って、送り続けた不道徳な生活を
まざまざと思い浮かべるに違いないからです
 
その時、その人はこう言うに違いありません
 
「自分はなんと不幸なのだろう
 神からこれほどの光明を受けていながら
 自分の良心を糾明して痛悔する時間を与えられていながら
 自分はそのことをしなかった
 
 今、自分は死に直面している
 あの機会を避け、あの愛情を棄て、毎週告白するのは
 自分にとって難しいことではなかったではないか
 
 たとえ、それがどんなに難しいことであったにしても
 自分の霊魂を救うために
 どんなことでもしなければならなかったはずではないか
 霊魂こそ、自分の全てではないか
 
 あぁ、あの時、あの決心を守っていたならば
 自分は今どんなに幸福であったろうか
 
 ところが自分はそうしなかったのだ
 今はもう、そうする時ではないのだ。。。」
 
生涯の間、良心をおろそかにしていた人が
死に臨んで抱く感情は
地獄に落ちた霊魂の感情に似ています
 
地獄においては、罪のために罪を嘆くのですが
この嘆きは、何の効果もなく、また、慰められもしないのです
 

  


閉じる コメント(3)

顔アイコン

こころおだやかに、この世の命を終われるように
日々を大切に生きていきたいです

最期ににっこり笑って老衰で自宅で亡くなった祖母は
夫婦で善い行いをたくさんしていた事を二人とも
亡くなってから知りました

カトリックではなかったのですが思いやり深い祖父母でした

2018/12/19(水) 午後 11:57 ニール

.
ニールさん、ありがとうございます
そうですよね

日々の積み重ねが
その人の終焉を飾ると思います

宗教の如何にかかわらず
隠れた善い行いは
必ず神様が報いと誉れをお与えになられるでしょうね
.

2018/12/20(木) 午前 0:04 Benedictus

内緒さん、はぃは〜ぃ

2018/12/20(木) 午前 0:15 Benedictus


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事