アメリカ人と結婚してはみたけれど。。

アメリカ在住、10年目がスタートしました!!

アメリカでの生活

[ リスト | 詳細 ]

初めてのアメリカ生活にカルチャーショックを隠せません。
だって英語話せないんだもの〜(@@;
記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

夕方に、上に住むマイクに呼び出され
言ってみれば・・。

車のディーラーの広告のスクラッチをしたら
当たったから明日、ディーラーに連れてって。

という話。

・・・・。f(−−;

その広告がこれ・p(。。
イメージ 1

左から3つ目のが青い色になってて、
2500ドルの当たりになってる。


ちなみにこれ、マイクのではなくて
我が家に入っていた同じチラシ。
マイクのところのチラシと一緒。

こんなの何種類も刷ってる訳がないですよね?

考えたら普通は分かる。

こうやって、お客さんに店に来てほしいんだ!ってこと。

日本でもこういうチラシあるんじゃないですかね。

マイクに説明したよ。
でも、おじいちゃんは頑固だ…。


『これは神様が自分の行いを見ててくれた結果だ』

とか言っちゃって。
『早速電話したら、おめでとうって言われて、
 いつ来店できるか聞かれたから、明日行くよ、って言ったんだ。』

とか言っちゃって。
『2500ドル(日本円で約27万円くらい)もらえるんだし、
 おいしいモノでも食べて帰って来ようよ。』

とかすっかり乗り気。

『うちのチラシもきっと同じだよ。』
と言ったんだけど、
『それなら余計に一緒に変えに行こう!』
だって。

・・・。f(−−;

お年寄りってこうやって騙されていくのかな?って。

もう、矢継ぎ早にあぁ〜だ、こうだというマイクに
私の英語力では反論しきれなくて、
そのうち、反論するのも疲れて、

『連れていくけど、私は店内には入らないよ。
 駐車場で車を止めて待ってます。
 それでも良いなら連れていくよ。』

と。

それでも行くそうです、彼。

はぁぁ〜、(*´Д`)・・・。

メンドクサイ。

明日になったら忘れてくれる事を願うのみ。(−人ー)願

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ドライブ

昨日は友達とドライブ。

前に住んでいた街に去年、
アウトレットモールができて
ずっと気になっていたので行ってみました。

まぁ、良いんじゃないでしょうか?
オーランドにあるアウトレットとは違う会社のアウトレットで。

店舗数も少ないので数時間で制覇可能です。

小さいながらの掘り出し物もあるかも知れません。

オーランドの…もですけど、
今、このあたりは冬物大バーゲン中。

立ち寄ったお店で
(オーランドのアウトレットにもあって、
結構好きなお店なんですけど。)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/a8/39c15e7bfd4f3d680975bb2052386994.jpg

かわいいな〜、と思いながらコートを見てました。
店内にはスプリングコートもあって。
すべてが70%OFFとかになってました。

が。

フロリダ住民にはこのコートの出番はありません。

着る機会が・・・。

寒い日はあるんですけどね。
移動は車ですし、車内も店内も暖房はありますし、
田舎なので”外を歩く”って言う時間がほとんど無いんですよね。

残念ですが、『見るだけ』でした。d(^^;


キッチン用品のお店で見つけた。p(。。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/04/2a/b0e9b0254676c8bbf9394ece80724e2b.jpg
ケーキのスポンジが中まで焼けてるか確認するもの。
アメリカの一般家庭には、箸とか竹串とか無いんでしょうね。( *´艸`)
でもBBQするから長い串はあると思うんだけどな〜。
って、BBQはしないご家庭も多いですから、やはり
こういう器具は便利なんでしょうね♪


でもって、モールのあとにはスーパーのはしご。

コリアンスーパーで見つけた。p(。。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/02/3e/36dd9c518857e446ef94327bc134ce63.jpg

つい買ってしまいました、『いかの塩辛』
日本製って書いてあって、それも購入の後押しを…。f(^^;

でも、よく考えると
日本製だけど原料がどこから来ているかは書かれてないんですよね。
あんまり考えすぎると何も買えなくなりそうなので、
無視して買っちゃいましたが。

今日、ごはんを焚いたら早速。(´艸`*)楽しみだ〜♪笑      

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

計算ミス。

昨日までのクーポンを持って
大型手芸店の『JOANN』へ。


生地を買いたくて。

持って行ったクーポンが

『25%OFF from your total purchase』
という、
『お買い物合計額から25%引きします。』
というもの。

今回のこの25%引きは、通常価格の物もセール品も対象になります。

JOANNって、40%とか50%OFF のクーポンを出すけれど、
通常価格の商品のみだったりするんですね。

で、たくさんの品が(特に生地は)すでにセール価格になってて
それゆえにクーポンが使えない(効かない)時が多々。

なので、待っていたんですよ。

この合計金額割引きのクーポンを。

というわけでクーポン片手にお店に行きました。

私が目をつけていた生地が

『$12.99/Yard』の品

1Yard は 約91.5㎝です。

それが25%OFFのセール価格で売られてて

私は、さらにそこから25%オフのクーポンを持っていたので。

『1Yardを約$6.5で買える』と思って、

”これはラッキーだな。”と。
”このお得時期まで待ってた甲斐があった”と。

そう思ってレジへ。

でも。

思っていた額と請求額が違って。

?(−。−)?あれ?

・・・・。

車に戻って、レシートとにらめっこ。


あぁぁぁぁ〜〜。/(@。@)\

からくり発見!!


私は、
『既に割引されている25%にクーポンの25%で、合計50%の割引。
 ゆえに、$12.99÷2で、約$6.5』
と計算した。

のですが。

本来の計算は、
『$12.99の25%オフ → $9.74
 そして、$9.74からの25%オフ → $7.31』

で、私が考えていた額よりも80Cent/Yard 高かった…。

15ヤードくらい買ったので、12ドル以上の合計誤差が…。

『ちりも積もれば山となる』。

JOANNも商売上手だな〜。      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日、用事があって初めてタンパまで行きました。

で。

タンパエリアまでは、いつも走る4号線の高速で良いので
問題ないんですが、
タンパはオーランドよりも広いエリアらしくて、
円を描く形で高速が走ってまして、
南北に走る75号線と東西に走る4号線が交差します。

なので、タンパエリアの手前からナビをON!!

道を知らないので、
車線変更も早め。ウインカーを出すのも早め。
スピードも程々。優良ドライバーで走行するわけです。


が・・・。

2度も危ない目に会って。


1回目は、高速から降りる時。

降りたら右に曲がる予定だったので、2車線の出口も右側へ。

出口を降りたところは必ず信号がありますし、
それなりの交通量であれば混雑から、出口付近で停止することも普通ですよね。

で、止まってたんです。

すると後ろから強烈なヘッドライト(ジープだったので車高が高かった)とともに車が。

えええええぇぇぇぇぇぇぇ〜〜\(@0@)/

と思ったんですけど、私は何もできない。

だって、すでに停止してるところだったので。

かつ、私の前は大型トラック。

すると、そのジープ。
急ブレーキをしつつ、私の右斜め後ろへ。

路肩走行を狙っていたのか、壁にぶつかると思ってのブレーキなのか
わからないですけど。
私の真後ろにほぼ真横で突っ込んできた。

ビビりました。

たぶん、ジープはそのまま路肩を進む気だったんだと思います。
が、それを急に取りやめた感じ。

なぜ?

私の前のトレーラーが進んでその原因を発見。

同じことをしようとした車をお巡りさんが止めて、チケット切ってました。

ジープがそれに気づくのが遅れたら、お巡りさんが、
壁とトレーラーと車に挟まれて大惨事になるところでしたよ。

怖い。

路肩使う人、怖い・・・。




でもってその後。


違う高速道路に入って、合流直後に車線を変更し
そこから違う道路に乗り入れるという私には高難度の
作業があったのですけど、

日本にもよくあるんでしょうか?

合流する際に大きいカーブを描いたブリッジを走って
本線に合流するパータン。

この時のブリッジは2車線で、ブリッジを走りながら合流に備えて
右側車線から左側に車線変更。

で。

本線と並行に走るエリアまで来たら。

ら。

隣から急に猛スピードの車が目の前をかすめて・・・。

思わず叫びました。

”危ないっっっ〜。/(◎0◎)/”


本線が見えた直後の数百メートルで、
『合流+車線変更』だったので、
周りを確認しなくては‼と
隣の車線を見ようと、横を向いた時に
その車が目の前に突っ込んできて私の前に出たので
もう〜、超〜超〜超〜ビビった。


しばらく、鼓動が収まりませんでした

合流レーンを追い抜きに使うのはどうかと思います。


前にも一回、そういう経験をしたことがありますし、
そういう車を見ることは何度もありますが、

良くないと思う。

合流する方は、左側から車が突っ込んでくるとは思ってないですもん。

怖いですよ、そういうことされると。

そうまでして急いで行きたいところがどこなのかは分からないですけど、

いつか事故るよ、ジープもあの車も・・・。d(−−;

ほんと、死ぬかと思った。

タンパ怖い。と思いましたよ。


8月にコンサートでタンパに行きたいのに・・・。
(いや、これは、行く気満々で旦那にお願いしているんですけど、
チケット買ってもらえたらご報告します。笑)      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アメリカで・・・。

今日、午前中に『ジョアン』に出かけて。

ジョアンはファブリックストア。
(日本でいうと大型手芸屋さん)


いろんなモノを手作りする人達の御用達のお店です。

で。

物色し終えて会計に…と思ったら。

目の前に赤ちゃんが。

やっと歩けるようになったくらいの赤ちゃん。
言葉は一切話せないくらいの赤ちゃんが物を物色してる。


手芸店ですから、細かい物もたくさんあるし、
針とかハサミとかも普通に置かれている訳で。

あれ?

と思ってあたりを見たけど大人がいない。

お店の人もいない。
数メートルの範囲に私とその坊やだけ。

これが、3歳くらいの子なら無視するんですけど、
1歳児じゃ、何かあったら怖いし。

抱っこしました。

レジまで連れてって。

『この子が一人で歩いてたんですけど、周りに大人がいなくて。』

というと、レジをやってるお店の人も、
支払いをしている人達もみんな驚いて私をみて。


『ほんとにアナタの子ではないのね?』

とまで言われた。

『違いますよ〜。放っても置けないから抱っこして来ただけです。』


『お母さんを探してもらって良いですか?』

みんな、どうする?なにする??
私の行動を疑っている気配すらする。

私もみんなも全員が戸惑っていたら、

誰かが店内を慌ててみている女性を見つけたらしくて。

『赤ちゃん探してる?こっちよ!!』

って大きい声を上げてくれた。

で、赤ちゃんをその女性に引き渡しました。

が。

私が悪い奴だったら、この子、行方不明者になってたよ。

簡単に連れ去られる状態だったよ。


まだ、1歳の子だよ。

お母さん、カートを押してるの。赤ちゃんを座らせるところがあるやつ。

でも赤ちゃんはそこに乗ってない。

一人で降りたとは思えないから、お母さんが下したんだろうけど。

ひとりにしても大丈夫だと思ったのかな?

そんなにあちこちに行かないと思ったのかな?

明らかに、赤ん坊を甘くみてますよね。

歩き出したての赤ちゃんは、ほんとどこにでも行くよ。

家でそれはわかっていると思うんだけど??

もうほんと、驚きました。

アメリカでこういう経験をするとは思ってなかったので。
13歳以下はひとりにしない、とか、日本よりも子供の安全に厳しい国だから。

日本だとあり得るかな。と。
昔、そういうのもあったし。

ディズニーでそんな赤ちゃんと1日に3回ぶつかった旦那。
3度目は危うく踏みそうになった。

大人の男性からすると、視界以下なんですよね、そのくらいの赤ちゃんって。
普通に歩いていて脇から来られたら見えないの。

で、3度目にブチ切れた旦那は、
『俺はもう帰る!こんなところにいたらいつか踏む。踏んでケガさせる。
 ありえない!そんなの。だから、帰る。ひとりで家にいるから遊んでて。』
と。(ヤツの気持ちもわかるけど。)

散々なディズニーでしたよ、あの時は・・・。d(−−;

今日のこの話を旦那にしたら
『親は何やってたの?』

『知らないよ。誰かとしゃべってたんじゃない?
 私が赤ちゃんを拾ったところとは全然違う場所で。』

というと。

『警察呼べば良かったのに。』

と言われました。

まぁ、2度は同じことをしないと思いますけどね。

びっくりしましたよ〜。




P.S.
日本で実家にいる時に、
大通りの交差点に差し掛かる赤ちゃんを抱いて助けた事がありますが。
(この赤ちゃんもひとりで歩いてた。)
お母さんが子供に靴を履かせて、忘れ物に気づいて中に入った間に
赤ん坊がひとりで外に出て歩いたらしい。

みんなさ、それで何かあったら
後悔すると思うので。

ディズニー内でも
赤ちゃんそっちのけでお土産に夢中とか気を付けて下さいね。      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事