アメリカ人と結婚してはみたけれど。。

アメリカ生活、11年目がスタートしました!!

アメリカでの生活

[ リスト | 詳細 ]

初めてのアメリカ生活にカルチャーショックを隠せません。
だって英語話せないんだもの〜(@@;
記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

買い物中に

昨日の買い物中に。

旦那からメッセージがきて。

それと同時に小僧からも。

話題はこれ。
リンキン・パークのボーカル、ベニントンさん死去 41歳

自殺だったそうで・・・。

我が家には衝撃的出来事でした。

8月の中旬にTampaにライブにくる予定で、
我が家でも
ニッケルバックとリンキンパーク、
どちらのコンサートに行くか悩みました、
最終的にはニッケルバックにはダートリーがついてくるので
そちらにしたのですが。

それでも、リンキンパークのはひとりで行くのもありかな?
なんて思ってました。
彼らのコンサートには一度行ってみたいとずっと思っていたので。

ですが。

これでもう彼らのコンサートは・・・。
ボーカルが違ったら、もう同じじゃないでしょうし。

そんなことを呟いたら、小僧に。

『彼らの音楽は前とは違ってきているから・・・。』

と。

2000年あたりからトランスフォーマー3のエンディングを
手掛けたくらいまでの間が最高〜に大好きでした。

小僧曰く、
『新しいアルバムは、ポップロック系だからママは気に入ると思うよ。』
との事だったんですが。

寂しいですね・・・。

心に抱えていたものがあっての事だと思うのですが、
お子さんが6人いても、家族がいても、仲間がいても、ファンがいても
現世を離れたいと強く思う気持ちがあったのかも知れませんが。

悲しいですね。

R.I.P. ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

心穏やかになっていると良いのですけど・・・。      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

bleacher

数年前に、
『Breezeway』
という単語を覚えたんですが。

***** breezeway ******
【名】
〔建物間の〕屋根付き通路

**********************


アーケード(ARCADE)とはまた違って…。

建物の間に作られた屋根付きの屋外通路みたいな物です。
これを日本語で何というかがわからないんですが。

こういうのをブリーズウェイという

雨にぬれずに屋外移動のできる通路ですね。


でもって。

小僧の通うプールには、
イメージ 1

こういう屋根付きの観覧席みたいなのがあって。

これをアメリカ人は、

『bleacher』って言います。

辞書でみると、

***** bleacher seat ******

ブリーチャー(席)、外野席〔野球場の〕、階段式の見物席〔野外や体育館内の〕

*****************************


と書かれているので、屋内でも屋外でも同じなんでしょうね。

ブリチャーの画像

画像検索しても屋内外のが出てきます。

アメリカだと中学の体育館に始まって、
高校に行けば体育館の他に運動場とかフットボール場とか、プールとか、
あちこちで普通に見かける物です。

日本でも、屋内外問わず、競技場には普通にありますが、
高校では見かけなかった気が…。
(私の高校が違うだけなんでしょうか?)

日本って、中学あたりから親が学校に子供の練習試合を見に来るとか
普段の練習に付き添うとかないですけど、
アメリカって、親とか近所の人が子供のクラブ活動の見学したり
毎週末のようにある試合を見にきたりしますから、
学校内の施設にもこういう観覧席は普通にあるんですよね…。

時代も変わってきてるので、今時の親御さんは
子供たちの部活や練習試合等、毎回観戦される人も多いのかも知れませんが。

あ、でも。
実家で、小僧の友達のサッカー観戦に行った時、
新しくできたサッカー(練習)場ですけど、無かったな・・・。
アメリカなら、あ〜いう場所にもしっかりブリチャーが置かれてます。

文化の違い、なんでしょうか?

アメリカ人はスポーツ観戦好きな人が多いのかな?
子供の練習を見守る親は・・・日本よりも断然多いです。      

そして、毎日ここに座っているのに日焼けしている私σ(^^;

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小僧が毎日スイミングをしてる間。

17歳以下のため、小僧をひとり置いてくる事ができず。
(13歳以下だと子供だけを泳がせるのもダメだったはず)

小僧が泳いでいる間、私は
屋根のかかったベンチの下に座ってます。

SPF100の日焼け止めを塗って。

もちろん、それでも焼けることは知ってました。

が。

イメージ 1

気付けばこんなことに。
(結婚指輪のあとがくっきりわかる。)

・・・・。


小僧の学校が休みになって早4週間が経ちました。

その間、天候により泳げなかった日が2回。
父の日でプール自体がお休みが1回。

つまりは、ほぼ1か月毎日、昼の12時から1時半まで
フロリダの炎天下で過ごしてます。

SPF100なんて、ほとんど役にも立たないんですかね。
屋根のある場所でずっと日陰にいるんですけど・・・ね。
アスファルト(コンクリート?)からの反射にやられているんでしょうか?

毎日見てるから、自分でわからないだけで
きっと顔も相当焼けているはず・・・。

日焼け止めをつけているので、赤くなったり、
やけどした!みたいなことにはなってないんです。

でも、確実に黒くなってます。

小僧もかなりいい感じにやられてます。

昔は日焼けない子供だったのに…。( *´艸`)
いまじゃ真っ黒…。

私と二人、どこの国の人か分からない感じになってます。爆

日焼けをもとに戻すにはどうしたら良いんでしょうか…。
年取ってきてるっていうのに…。
戻せるんでしょうか?

あぁ〜あ。      

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

映画ですから

週末が3連休で。
小僧は夏休み開始ですし、旦那もちょうど休みになって。
映画にでも出かけようか?って話になりまして、
モールに行ったり、ランチに行ったりしましたが、
見たいと思っていた映画が夜のみだったので
家に一回戻った・・・。

ら。

面倒になってしまった我が家。
面倒だったので、DVDをレンタル。



デンゼルワシントンが主演の『荒野の7人』のリメイク

・・・。

アメリカの歴史がよくわからないんですけど、
こういう時代に黒人の方が偉いってあり得る話だったんでしょうか?
現地語しか話せないインディアンの人が出てくる時代の話で
黒人の方となると大半が奴隷の人達になってしまうんじゃないかな?
って思うのですけど。

旦那には、
『これ映画だから。今のアメリカは時代考証よりもPC(ポリティカルコレクト)が
重要だから。ここで、白人しかいない7人で戦うのはリベラルの批判を浴びるだけだから。』

って。
・・・・。
アメリカには、日本では感じない面倒臭さがあります。

でもって、借りたDVDがもう一本。p(。。



映画は。まぁ、よくできた脚本だとは思います。
が。
要所、要所で。『これって現実的に可能なの?』みたいなシーンがあって。
なんかのシーンの時に、
『あんなに動いている人を遠く(ビルの上)から撃てるもんなのか?』
みたいな事を旦那に聞いたら。
『そもそも。ライフルをあんなに早くセッティングすること自体が無理。
 あちこち、かなり映画な世界だよ。現実には無理だよ。』
CIAがサテライトを駆使して居場所を特定したり、
世界中の街中のカメラを我が物の様に使いこなしたり、
”CIAすげぇ〜。こんなこともできるんか?!”みたいな感じで
すべてを丸のみで信用するのは難しいな〜、みたいな映画ではありました。


映画ではCG(合成)処理しているライトセーバーを
一生懸命作ろうとしている、ウチの父子・・・。
そこは、『映画ですから。』にはならないんですね。d(^^;苦笑

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お巡りさん・・・

先日。
早朝の、まだ暗いうちから出かける必要があって。

真っ暗な高速道路を運転してました。

車通りが少ないので、周りの車も飛ばしてるし。

私も、65マイルのところで70マイルだしてた。

速度オーバーしている状態だったので左レーンにいて。
(全レーンが同じくらいのスピードだったし、車も結構いました)

すると、後ろにぴったり車が。

煽られました。

ヘッドライトが近いの分かる。

なので、もう少しだけスピードを上げた。

それでもぴったりくっついてくる。

いや、むしろ。

もっと上げろ!くらいの勢いでついてくる。

でも。

これ以上あげて、警察に私だけが捕まるのはゴメンだ!と思って。

10マイル強のオーバーでクルーズコントロールにした。

”後ろの車がイライラしても知ったもんかっ!”

と思って。十分早く走ってるんだし。と思って。

ホント、ギリギリでついてくるので、少々ビビりつつだったのですが。

で、クルーズコントロールにして走りだしたホンの数分後。

隣のレーンが空いたと思ったその瞬間。

後ろの車が速攻、隣に移って、すごいスピードで私の隣の抜けて行った。

パトカーでした。d(−−;

昼間なら、バックミラーでお巡りさんが後ろにいるのは分かるけど、
真っ暗な時間だったので全然気づかず。

高速道路でパトカーに煽られた。

それも、速度規定を超える領域で…。


これ。

あっちが散々煽ってきて、私がもっとスピード出してたら
捕まるんですかね?


それって、ルール違反ではないのですか?

『煽られるのが嫌なら減速して車線変更しろ!』がルールですか?

旦那にその話をしたら
『911に電話したら、そのお巡りさん、クビなのにな。』
というので。
『スティーブにお巡りさんにはいくらムカついても歯向かうような
 行動をとってはダメって言われたよ。彼らは仲間意識が高いから、
 そんなことしたら、他のお巡りさん全員に目をつけられて、
 イチャモン付けられて、大変なことになる。って。』

と言い返すと。
『そこは、否定しない。電話するなら
”そのエリアは二度と運転しない覚悟”
が必要だな。』
って。d(−−;爆

・・・。(;´Д`)


そんな訳で、朝からビビらせてもらいました。
早起きの眠気をすっ飛ぶ驚きでした。(*ノωノ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事