さっちゃんのヨガ日記

ヨーガは、生きる為の智慧が一杯詰まった伝統的な教えです。それを実践して、学び続けたいと思っています

全体表示

[ リスト ]

さっちゃん流のサンスクリット語の辞典(文字は英語表記)
      ーーーまぐまぐ『ヨガスートラ---』第六十九巻まで(21年5月9日現在)ーーー

メールマガジンまぐまぐで配信より『サンスクリット原典で読み解く「ヨガスートラ」』と『サンスクリット原典で読んで,学んで、深めるヨーガ』からの引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A
  aa (アー)
     向かって まで
  aadaaya
    とりあげる
aagamaaH (アーガマーハ)
     到着 出現 出生 起源 知識 由来 教訓 伝統 教本 伝統的な文書 聖なる文書              
     聖典 聖なる知識 科学 知識の体系
  aalambanaM (アーラムバナム)
     依存 支持 基礎 寄りかかる事 滞在
  aalasya (アーラスヤ)
     怠惰 不精 力の欠如 無感情 安逸
  aanannda (アーナンダ)
     幸せ 喜び 歓喜 喜悦 幸福 至福 肉体的快楽 神
  aanuzravika (アーヌシュラヴィカ)
     聴いたところによる ヴェーダ聖典伝統よりの引用
  aasanaani
     アーサナ
  aasannaH ( アーサナンハ)
     近い 置かれた 接近した 切迫した 差し迫った この次の 獲得された、所有された
  aasevito (アーセービトー)
     行われた 実行された 繰り返された 頻繁に行った 勤勉に実行した
  aatma (アートマ)
     気息 霊魂 生命 自身 本質 本性 特色 身体 知性 悟性 我 最高我
aayur (アーユル)
     生命、寿命、長寿、天寿、活力、世界 
  aazayair  (アーシャヤイル) aazayo (アーシャヨー) 
     休息所 寝床 座 場所 住所 隠遁所 心 精神 思想 意味 意図 意向 意志 喜び
     考え方 運命 宿命
  abhijaatasya (アビジャータスヤ)
     生まれた 生来の 家柄のよい 美しい 賢い 適当な
  abhimata (アビマタ)
     熱望された 親愛な 願わしい 快い 是認された 許容された
  abhinivezaaH (アビニヴェーシャーハ
     執着 固執 頑固 生命への愛着 死を恐怖する無知 専心 欲望 帰依 決心 学習
  abhyaasaH  (アビヤーサハ)'bhyaasaH  (ビヤーサハ)
     付加 反復 繰り返し 実行 応用 常習 習慣 熟知 繰り返された読しょう 研究
     近い事
  adhigamo (アディガモー)
     到達 上達 利 利益 確認 知識 研究
  adhimaatratvaat  (アディマートラトヴァート)
     基準を超えていること 過剰生をもつ
  adRsTa (アドリシュタ)dRsTa+a
dRsTaの否定
( dRsTaの意味は、以下のとおり)
    見られた、観察された、取り扱われた、認められた、考えられた、
    現れた、経験された、蒙った、贈与された、精通した、
予定された、決定した、確証された など
  adyaatma (アディャ−トマ)
     至高の精神 霊 自己に属する 自己の
  aGgam (アンガム)
     四肢 身体 部分 要素 男根
  aham
    私は
  akliSSTaaH  (アクシュターハ)
     非、不
  alabdha (アラブダ)
     得られなかった
  aliGga (アリンガ)
     特定のシルシをもたない 印のない 悪い印と持つ
     ilGga (リンガ)印 記号 標識 特徴 標語 証拠 証明 生殖器 文法上の性 微細身
     「a」否定の接頭語
  anaagatam アナーガタム
     達していない、来ようとしている、未来の、発見されていない
  anaatmasu (アナートマス)
     an + aatman
aatman  気息 霊魂 生命 自身 本質 本性 特色 身体 知性 悟性 我 最高我
     anaatman 無我 他 精神と異なるもの 精神、感覚に欠ける 精神的でない 物質的な
           本体のない 実体のない
  anavachedaat (アナヴァッチェダート)
     断定されない 決定されない
  anavasthitatvaani (アナヴァスティタトヴァーニ)
     不確実性 動揺する事
  anitya (アニティヤ)
     a + nitya  (a は、否定)
     nitya 継続的な 不断の 内部の 生得の 自身の 常在する 正式の 必須の 
     否定すると ⇒ 無情な 一時的な 不確実な
  anto (アントー)
     端 限界 近隣 終局 末尾 死 解決 決定
  aNu (アヌ)
     微小な 微細な 繊細な 減資 極美 時間の極小単位
  anubhuuta (アヌブータ)
     経験された 感じられた 享受された 理解された 試された
  anugamaat (アヌガマート)
     従う事 順 近接 接近 一致 理解 把握
  anupaatii (アヌパーティ)
     結果に従う 後続の
  anumaana (アヌマーナ)
     推理 推論 論証 類推  
  anuzayii  (アヌシャイー)
     熱烈な愛着をもつ 誠実な 後悔している 悔悟している 激しく嫌悪する 
     結果に結びつく 行為の結果を楽しむ
  anyaH (アニャハ)anya (アニャ)
     他の とは異なる 通常の
  aparaamRSTaH (アパラームリシュタハ)
     感動されられない 感情を動かされない
  api (アピ) apy (アピ)
     また 同様に さえも されど なお 恐らくは
  artha (アルタ) arutaH (アルタハ) arthaz (アルタシュ)
     実利 仕事 目的 原因 動機 意味 利益 使用 利用 有用 褒美 利得 財産 富
     金銭 物 事 事物 場合 事件 訴訟
  arthatvaat  (アルタトヴァート)
     artha (アルタ)
     tva  (トヴァー) 本質 観念 状態 機能などを表す接尾語
  arthaM (アルタム) 
     〜のために
  asaMpramoSaH (アサムプラモーシャハ)
     忘れない事 失われない事
  atad (アタッド)
     それならざるもの それでないもの
  avasthaanam(アヴァスターナム)
     立つこと 残ること 存在すること 永続すること
   anuzaasanam  (アヌシャーサナム) 
     意味 説得 忠告 指導 命令 教授 教訓   
   api (アピ)
      また 同様に さえも されど なお 恐らくは
   api na  (アピナ)
      決して〜ない
   apuNya (アプンニャ)
      不善 不徳 不浄
   artham (アルタム)
      〜のために
   asmitaa (アスミター)
     我見 我執 利己主義 自我主義 自身の本質 私たること
   atha  (アタ)
     さて、それでは
   avidyaa (アヴィディヤー)a + vidyaa
vidyaa 知識 学問 学術 習得知識 正しい知識
     avidyaa  無知
     
   avirati (アヴィラティ)
     継続 不断 自制のできないこと 色情的なこと 放逸 不節制
   aziiti
     80
   azuci (a + zuci )
     a 否定
     zuci 輝く 光を発する 明るい 清い 純粋な 汚れのない 罪のない 正直な 高潔な
        正常な
     azuci ⇒ 不純な
   avidyaa (アヴィディヤー)(a + vidyaa)
vidyaa 知識 学問 学術 習得知識 正しい知識 神聖な 知識 呪文
     a + vidyaa  無知
     
B
   bhaavanaataz (バーヴァナータシュ)
     創造する事 明らかにする事 さだめること 決定する事 証明 瞑想 想像 思考 
     直接の知識 正しい観念 〜に対する信仰、信頼 仮説 観察 想起
   bhadra
     バドラ(アーサナ)
   bhava (バヴァ)
     誕生 生起 起源 発生 本源 生命 存在 生 現世の存在 世界 安寧 健康 繁栄
     神 神聖
   bhraanti (ブラーンティ)
     徘徊 漂う事 よろめくこと 回転 旋回 当惑 混乱 不確定 疑惑 妄想 誤り
     誤った観念
   bhaavanam (バーヴァナム)bhaavana (バーヴァナ)
     結果する 生じる 増進する 想像する 空想する 教える
     想像する事 生じる事 概念 観念 想像 空想 仮定 崇拝 瞑想 観察 調査 決定
     記憶 知覚 証明 論議 理由 原因
   bhaavana (バーヴァナ)
     想像すること 明らかにすること 定めること 決定する事 証明 瞑想 想像 思考 
     食説の知識 正しい観念 〜に対する信仰、信頼 仮説 観察 想起
   braviimy
     私は、話す 述べる
bhogaaH (ボーガーハ)
       食うこと、享受すること、消耗すること、享受、使用、使役、 適用、性的享楽、支配、       統括、感覚、近く、効用、利益、快楽、 歓喜、収益、(快楽、痛苦の)知覚 
   bhuumiH (ブーミヒ)
      大地 土地 地方 地区 国土 土壌 地点 敷地 場所
   bhuumikatva (ブーミカトヴァ)
      基礎性 境地たること
   biijam (ビージャム)
      種子 精液 穀粒 胚種 要素 源泉 起源 発端 神秘な文字音節
   braviimy
     私は、話す 述べる

C
   ca  (チャ)
    また 及び まさに なお しかしながら もし
   catur 
     4
   catuSkam
    4つ
   catuSTayam
      4種類の
   cetanaa (チェータナー)
      自覚 知覚 知能 精神 意識 知識 理解 知恵 知性 意識を増大させる 生命力
   citta (チッタ) chittam (チッタム)
     注意 思考 思想 目的 意志 精神 心 知性 理性 知覚 意図

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事