全体表示

[ リスト ]

田中一村

イメージ 1
最初に、長い間ブログの更新もせず、申し訳ございませんでした。
 
 6月5日
  
 津輕三味線 佐藤通弘コンサート (弾く、奏でる、唄う )で舞台の絵を
 
 担当します。
 
 千葉県酒々井町プリミール酒々井(043−496−8681)
 
 開場 13時30分 開演 14時
 
 
 6月13日から6月18日
 
 拘って墨世界  地球堂ギャラリー
 
 
 7月4日から7月10日
 
 倖子の墨の絵展  私の富士山 Oギャラリー
 
ご都合がつきましたらよろしくおねがいいたします。
 
 
田中一村が奄美大島に移住するまで住んでいた、千葉県で一村の会が
 
ありました。
 
近くに住む知人から教えていただきました。
 
支援者の御宅の山で筍掘りをさせていただき、筍づくしのお昼をいただき
 
、午後は箱根の岡田美術館の学芸員の講演をききました。
 
家に帰ってから1995年に購入した中野敦夫さんのアダンの画帖 田中一村伝
 
を読み返しています。
 
一村は69歳で亡くなっています。
 
著者の中野さんは
 
「 絵描き人生の中で一度も個展は開かれず、生前何ひとつ報われることは
 
なかった。
 
天才画家のなんと不遇な人生。絵に殉じ、聖のように生きた一村。その生の軌跡
 
は気品あふれる作品群とあわせて見る時、一段と鮮やかに光芒を放ってくる。」
 
とかいてます。
 
秀才であった一村は授業料免除の特待生として中学に入学します。
 
上野の美術学校も優秀な成績で入学しますが、貧困と結核で3ケ月で退学します。
 
その後、一村の描く南画には多くの支持者があつまりますが、一村は、その生活
 
にあまんじませんでした。
 
美術学校の同期の東山魁夷たちの活躍も刺激になっていました。
 
中島義貞さんにあてた手紙の中で、
 
「わたしは23歳の時、自分の将来行くべき画道をはっきり自覚し、その本道
 
と信ずる絵をかいて支持する皆様にみせましたところ、一人の賛成者もなく、
 
その当時の支持者と全部絶縁し、アルバイトによって家族、病人を養うことに
 
なりました 中略 」
 
安定した環境を変えることができるのは、ほんのわずかな人にしか出来ない
 
ことです。
 
奄美の一村美術館に行ってみたいです。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

何に価値基準を置くかで、
不遇かどうかも変わってくるのではないでしょうか?

売れっ子作家になると色々面倒なことも沢山でてきますし、
一村のようなタイプの人は、
自分のやりたいことを思う存分できる環境を確保し
会心の作品を生み出すことができれば、
なによりも恵まれた人生だったと言えるような気もしますが、
はたして…。


安定した環境を得ることも、それを変えることも難しいものですね。 削除

2016/7/7(木) 午後 8:13 [ アートカズコ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事