全体表示

[ リスト ]

2017.12.10.2017.10.9.か
イメージ 1
10月9日、津輕三味線の佐藤道芳さんとコラボしました。
 
4mx3mの紙に描きました。
 
本題です。
 
先週、パナソニック汐留ミュージアムにいってきました。
 
わたしはルオーとカンディンスキーについては、あまり知りません。
 
ルオーの作品は出光美術館に常設展示されている絵を、行ったついでに
 
観る程度でした。
 
カンディンスキーは色彩のきれいな画家位の、知識しかありませんでした。
 
カンディンスキーはモスクワ大学の法学部卒業で、ルオーは、ステンドグラス
 
職人の元で修業しつつ、国立装飾美術学校の夜間に通学したことを知りました。
 
ルオーは30歳頃まで、アカデミックな技法で、描いていたそうです。
 
30歳から独自の表現法で描くように、なったそうです。
 
今回展示された作品の中で、1905年から1929年頃までの作品が、私は
 
好きです。
 
   縁日  1902から1909  筆の線のようなすばやいタッチで描かれて
                     います。
 
   水浴の女たち 1910    セザンヌの影響があるという。一枚の紙の
                     表、裏に描かれている。そして、表の絵と
                     裏の絵は違う。2003年上海のアート展に参加
                     した時、中国の作家から、一枚の紙に表、裏                       描いてました。
   アフリカの風景 1917
   ユビュのための習作 1920から1929  ユビューとはフランスがアフリカに
                     もっていた植民地の支配者の事らしい。ルオー
                     と言えばキリストと思っていた、私にとっては、
                     目からウロコの作品でした。
 
   田園風景   1910から1919 これも両面に描かれいる。素早いタッチ
                     で、今回の出品作品の中では、一番印象に
                     残りました。
 
カンディンスキーの作品も初期、1905年、商人たちの到着が印象に残りました。
 
パウレ・クレーの1903年の樹上の処女と、1905年の老いたる不死鳥は、
 
パウレ・クレーという名前がなければ、わかりませんでした。
 
こういう作品もあるのかと、私にとっては新鮮でした。
 
最後におしらせです。
 
2018年2月7日から19日 国立新美術館、NAU展に出品予定です。
昨年と同じ、4mの作品を出品いたします。
                                     
   
   
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

10月9日、行かれなくて申し訳ありませんでした。
汐留ミュージアムだったか忘れましたが、ルオー展で見た暗い色調の家族像?が印象に残っています。こんな作品もあったんだなぁという出会いは素敵ですよね。カンディンスキーはあの浮遊感が好きです。都美館で展示中に記念撮影解禁日にツーショットしました。いい思い出です(笑)

2018/2/11(日) 午後 10:11 [ アートカズコ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事