全体表示

[ リスト ]

国際博物館の日

イメージ 1
5月18日は国際博物館の日だそうです。
 
上野の博物館の入場料も無料になると、新聞記事にありました。
 
丁度、金曜日です。
 
夜、8時まで開館です。いってみました。
 
行ってみると、無料になるのは、常設展だけでした。
 
企画展は有料と、言われたのですが、常設展は普段は見る機会が少ない
 
ので、入館しました。
 
平成館の企画展示室は、 「サル」特集でした。
 
江戸時代、狩野派勝川院の猿猴図。原本は (15c〜16c)の相阿弥で、
 
その方の模写なのですが、 手ながザル の毛の描きかたが緻密で、線が
 
生きている感じがしました。
 
明治時代の柴田是真筆、 「 意馬心猿図 」 馬の背中に烏帽子をかぶった
 
猿が乗っています。
 
その馬を、太い筆で一気に円を描くように描いています。
 
馬のこんな描きかたもあるのかと、思いました。
 
筆運びのテンポがいいから、みていて気持ちがいいですね。
 
考古展示室には、重文の埴輪の猿が展示されていました。
 
6世紀、茨城県行方市の大日塚古墳から出土。
 
顔の表情が、猿そっくりです。(あたりまえですが) ずうっと見たいても飽き
 
ません。
 
東洋館には、14世紀、元の時代の松田山人と言う人の91歳の時の作品
 
「 栗鼠図 」 栗鼠の毛並みを、乾いた筆でかいています。
 
これも凄い描きかただなぁとおもいました。
 
 
  おしらせです。
 
  7月9日から14日まで。
  
  Oギャラリー  (銀座1丁目) で個展をひらきます。
 
  御来館くださいませ。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

博物館の日は、西美や科博の常設も無料でいいですよね。
トーハクの常設展示では、企画展の目玉作品になるような作品がさりげなく展示されていたり、
東洋館の中国絵画や書の展示室は小さい空間ですが、様々な企画で魅力的な作品が展示されているのがいいです。
企画展の名作誕生展、良かったですよ。常設では本館の蜘蛛草子がお目当てでした。
猿企画や埴輪系では素朴な作品に惹かれました。
都美館では条件を満たした人は対象の企画展も無料になるそうで、羨ましいです。
各種優待のところを検索してみてください。 削除

2018/6/30(土) 午後 7:50 [ アートカズコ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事