全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
イサムノグチ展が、東京オペラシティギャラリーでありました。

新聞の展評で、20代の初期作品、北京ドローイング8点が展示されているという、記事を読んで

行こうとおもいました。 

 「 力強い線で、身体は踊り出す風景画に、見まがうような曲線も。 」

シニア・キュレターの福士理さんは、イサムノグチの原点、ここから人間が活動する空間に

広げていく と。

イサムノグチは、お母さんがアメリカ人ですが、身近に筆や墨はあった気がします。

 筆の線が生きているのです。

1930年、パリからシベリア経由で北京に行きます。

北京には、6か月滞在して斉白石に師事して毛筆画を制作したそうです。

 「 さすが 」とおもいました。

師事した先生が良かったですね。

斉白石は1863年生まれで96才で、なくなりました。

斉白石画集に93才で描いたエビがあります。

93才の人が描いた絵とは、とても思いないほど、みずみずしいのです。

斉白石展は10月30日から12月25日まで、東京国立博物館東洋館であります。

どんな絵が見られるか、楽しみです。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

検索して調べてみました。
イサムノグチの北京ドローイングは初めて見ました。
マーサ・グラハムとのコラボレーションは映像で見たことありますが、
イサムノグチによる舞台美術は演者の引きたて役でもなく、かといって演者の邪魔をして自己主張するのでもなく、演者とのまさに共演でお互いを高め合う見事なものだと思いますが、生で見たらきっと感動ものでしょうね。

展覧会サイトの斉白石の蝦図いいですね。篆書四言聯も魅力的ですね。
東洋館ではさりげなく中国の貴重な水墨画の企画展をやってくれますよね。 削除

2018/11/12(月) 午後 9:23 [ artkazuko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事