過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

信濃デッサン館

イメージ 17月31日、久しぶりに信濃デッサン館に行ってきました。
信濃デッサン館の近くの 「夢の庭画廊」 で湯沢悦木さんの個展が開かれていたのです。
 
 朝日新聞に窪島さんが信濃デッサン館という、夭折画家の作品を展示する美術館を建設
するにあたり、会員を募集してますという記事をよみ、すぐ入会しました。
あれから何十年たちましたでしょうか。
無言館の時もカンパを募っていたので参加いたしました。
今では、無言館の方が、信濃デッサン館より知名度がたかくなりましたが、私は信濃デッサン館
がすきです。
 
  最初に村山槐多の 「尿する禅僧」 をみてびっくりしました。
槐多がどんな状況でこの絵を描いたのか。槐多の他の作品も展示されていますが、あの絵に
比べたら平凡だとおもいます。
 
 窪島さんが山口昌男さん雑誌で対談していました。
林達夫が槐多のことを 「かれは英語など読めないけど、図書館に行くとポーとかマラルメなどの
原書ばかり読んでいるのを見て、あいつは外国語はわからなくても、きっと読んでいるにちがいな
いと。」
 
 文字を読めない幼児が自分で物語を作りながら、読んでいるのと同じだった??。
でも無理に理解しょうと思わなくてもいいのですね。
 
 
前の公園では朝から晩、へたすると夜中じゅう蝉がないてます。
暑さ厳しいおり、お体に気をつけてお過ごしつださいませ。
 
10月7日から13日  町田の可喜庵で作品展。
8日は宗次郎さんのオカリナコンサート  9日は桂右團治さんの落語の会があります。
よろしくお願いいたします。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事