ここから本文です
HPはこちら : http://sadaicycle.web.fc2.com/

書庫全体表示

記事検索
検索

2016年 耐久ラン!

お久しぶりです。ふくどんです!

この前の土曜日に耐久ランをしました!

イメージ 1

佐賀大学〜古湯〜唐津〜平戸〜佐世保〜有田〜武雄〜佐賀大学
という毎年恒例の約220kmのコースでした。

早朝は雨がぱらついていて不安でしたが、だんだんと天候は良くなりました!

イメージ 2


平戸に着いた頃には晴れてました!!



全参加者19人中一位でゴールしたのは9時間8分の鈴木くんでした。早すぎです笑

ただ、去年は14時間台の人がいましたが、今年は一番遅かった19位でも12時間台だったのでみんな去年よりタイムは早くなっています!

そして今年の一年生のレベルが高い!!


イメージ 3

全員が帰ってきた後は部室で鍋を食べました!


イメージ 4

来週の水曜に役改があり、この役改をもって三年生は引退となります。

また役改の後にブログ更新します

開くトラックバック(0)

富士山合宿(富士山編)

ClimberSEです
夏合宿富士山編です

標高1000mの西湖にて富士五湖班と乗鞍班は合流し、温泉に浸かりながらそれぞれの旅程を披露し合いました。

夜は雨。
テントを張れる状況ではなく、各々雨が降り込まないスペースを見つけ、銀マットと寝袋だけで就寝しました。

ちなみに寝相が悪い僕は屋根下から転がり出てしっかり濡れてました(笑)

翌朝も勿論雨。
午後に向けて天気は快方に向かうとのことだったので出発を遅らせ、昼前発に。
道の駅でおじさんに巨峰をいただきました

お昼はコシのある(とても硬いことで有名な)吉田うどんを。



イメージ 1





雨降る中、全長24kmの富士スバルラインを標高2300mの5合目まで登ります。

それまで雲隠れして全く見えなかった富士山、ここでようやくその姿を拝むことができました


イメージ 3




イメージ 2





夜は山小屋の裏の空き地に野営、星がとても綺麗でした。



イメージ 5





翌朝は午前2時起床。
朝食をとり、台風通過後の暴風吹き荒れる中、富士登山が始まります。



イメージ 4





富士吉田や御殿場の夜景、星空、細い月を背後に、吹き荒れる風と飛んでくる石に耐えながら歩き続けました。

山頂は今年の山開き以来初の氷点下だったらしく酷く寒かった上、風速25m/s以上の暴風のため登山を断念する人が殆どだったとのことでした。

登頂したのち、お鉢巡りできなかったのが悔やまれます。(吹き飛ばされて死ぬかと思った)

それでもよく登りきったなあ、と。



イメージ 6





過酷な登山でしたが景色はとても綺麗でした

乗鞍組、富士五湖組ともによく坂を登った合宿でした

開くトラックバック(0)

どうもこんにちは。ヒカキンです。

部長からブログを書けと言われたことを忘れており、間が空いてしまったことをお許しください。



さて、夏合宿で富士山乗鞍班の次に出発した私たちは富士山を静岡県の海沿いから時計回りで富士五湖を巡りました。


出発の前日、班のメンバーの1人から骨折した連絡があり2人での出発。
乗鞍班の出発の3日後から2日に分けて輪行で静岡へ向かいました。
2人で旅するのも寂しかったので群馬?から自転車で佐賀を目指していた1人の部員を無理やり静岡に留まらせて結局は3人での旅となりました。



海抜0メートル地点から富士山頂を目指します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



0をモチーフにしたオブジェまでありました。ここから富士山を登らないと本当に登ったとは言えませんね←
駿河湾が綺麗です。

登る前に腹ごしらえ。ということでお昼ご飯は静岡県で有名なさわやかへ…
乗鞍班の部長と富士山下山してから食べような!と約束したことなどガン無視で美味しくいただきました。

イメージ 4


ここで新1年生の班員が乗っていた部車のスコットがパンク…
リムテープを見てみるとよくわからんボロボロのテーピングテープみたいなのが張ってあって驚きました…部車のメンテはこまめにしましょう。サイクルショップに寄りリムテープを張り替えて出発です。

イメージ 5



そこからは標高1000メートルにある富士五湖まてひたすら登り…貧脚には辛かったですが富士山がどんどん近くなっていくのを眺めて踏ん張りました。



そして1つ目の湖、本栖湖へ到着。雲に隠れて富士山は拝めず…

イメージ 6



日が落ちそうなのでペースを速めて次の湖へ、次は精進湖。またしても富士山は雲に隠れたまま。

イメージ 7



そしてつぎは少し離れた西湖へ。のんびりそれぞれの湖の周りを走ってて気付いたら日が暮れてました(笑)

イメージ 8


ここのほとりの温泉で乗鞍班と合流し温泉で汗を流した後、河口湖のほとりの道の駅へと移動しました。


ここまで雨に打たれることなく来れたのが幸いでした。

1日のルートはこちら。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6eb2238ee762039adb19a981da980a4c

ここまでが僕たちのお話です。


次回、富士山編。お楽しみに。

開くトラックバック(0)

富士山合宿(乗鞍編)

お久しぶりの投稿です。
ClimberSEです!

9月に入って連日の猛暑も和らぎ、幾分か過ごしやすくなったように感じます。

今年の夏合宿、1番目の出発となった富士山組は乗鞍経由と富士五湖経由の2チームに分かれ、日本のてっぺん富士山を目指しました。

乗鞍・富士山班は岐阜まで輪行し、下呂温泉や平湯温泉に浸かりながら北アルプス飛騨山脈へと、徐々に高度を稼いでいきます。


イメージ 1




下呂では野湯初体験!
川の隣に温泉が湧いている!??

完全に外なのでこの上なく開放的な気分でした(笑)

順調にペダルを回した1日目とは打って変わって、下呂から平湯へ向かう2日目は生憎の雨。

登り坂・向かい風・雨と三拍子揃って早くも疲労困憊


イメージ 2




どんなに疲れても美味いもの食べれば元気がでる。

飛騨牛コロッケおいしかったです



そして3日目乗鞍岳へ。

雨予報に唸っていたところ、早朝まさかの快晴!

急坂続きで足は重くとも心が軽い


イメージ 3




絶景をカメラに収めつつ、もっと上へ。

遂に自転車で森林限界を超えました!


イメージ 4




標高2700mの畳平駐車場で昼缶し、3026mの剣ヶ峰へ徒歩で登山です。


イメージ 5




木が1本も生えていない岩山を登るとその先には...


イメージ 6





残念!何も見えませんでした(笑)

ここで雨予報が効いてきた。

一面の霧に視界が覆われたかと思うと、雨。

高地の気温と雨が体を冷やす中、乗鞍を下り長野県松本市へ。

飯を炊きテントを立てていると、地元の方が林檎や葡萄をくださいました
ありがとうございました!


イメージ 7




4日目早朝、美しい朝焼けに背中を押され出発です。

最も走行距離が長く1000mの峠3つを越える過酷な1日となりました。

山梨県甲府市を過ぎ、富士山に向かって再び坂を登ります。

3日間の疲れもあり、合宿初参加の1年生には辛い1日となったようです。

天気が優れず走れども走れども富士山は見えず。

日が沈み、標高1000m西湖の温泉で富士五湖班と合流しました。

富士山編へと続きます...

開くトラックバック(0)

お久しぶりの投稿です。ふくどんです。



新しいサイクルジャージが届きました!


正面

イメージ 1



後ろ

イメージ 2




後ろの画が私は個人的に好きです(*^_^*)


トレ後は夏合宿についても話し合いました。


今年は富士山、大阪・京都、しまなみ海道の三つの班に分かれて行きます!!!


開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事