ここから本文です

書庫くぐる鳥居は鬼ばかり

すべて表示

イメージ 1
ようこそ「くぐる鳥居は鬼ばかり」へ

おいしいものを求めてお出かけし、神社を見つけたらその地域の神様に感謝申し上げる…そんな日々。ブログタイトルは津軽地方の神社の鳥居に鬼がいることに由来し、良い意味で使用しています。

まず初めに下記について読んで下されば助かります。

坂や神社を中心に様々な建造物等も紹介していますが、すべて個人的趣味の範疇にあり、まったくの素人ですから、細かい説明・内容等につきましては絶対にあてにしないでください。一個人のしがない日記と捉えて頂ければ幸いです。

また、記事内においては不明(由緒等不明・不明の石等)としていたり、誤った情報も多々あるかと思います。その際は優しくご教示頂ければ嬉しく思います。

不明」としているものも、私の調査・勉強不足によるものが多いかと思います。県外はもちろん、特に青森県内においても南部方面(南部・盛岡藩領)の資料には乏しい為、詳しく書いていません。

文献引用及び個人的憶測で書いている部分も多々あるため、記事内における文章・画像引用の際には一言お願いします。
※記事の内容に関しては、遡って随時修正・追記する場合があります。
※記事の内容(訪問時期)と更新時期が著しく乖離している場合があります。
※旧暦と新暦の区別なく記載している箇所が多数あります(特に例祭日や創建日など)。

※書庫は複数選択不可の為、うまく分類されていない記事があります。
(例)記事の内容が「○○坂と○○神社」の場合「坂道」の書庫に分類するなど。ちなみに、鬼コがいる神社は「鳥居の鬼コ・津軽の鬼関連&考察」に分類、水虎様に関しましては普通に「寺・神社」に分類。

紹介している寺社仏閣を個人的に推奨・評価するものではございません。よって神社仏閣に対する個人的なトラブル及び不平不満等について私にぶつけないでください…解決できません。

※コメントを返せないことも多々ありますがきちんと読んでおります。
※質問は私がわかる範囲でよければお答えしています。基本的にある程度のアイデンティティー(友人申請者、プロフ及び記事公開者など)が確認される方のみにですが。

※極度の高所恐怖症のため、そういった場所では探求心が一気に消え失せます。
※ちなみに御朱印についてはブログ内では触れません。

以前のブログは2007年10月07日から始めて2012年06月11日で終了。こちらは2011年4月15日から並行して始めました。目標は2017年10月7日。地味な内容なので需要はほぼないと思いますが自身の勉強のために続けています。

※追記:気付いたら目標の日付を超えていました。一応新たな目標として…切りの悪いところで…3210記事までは頑張りたいと思います。

鳥居の鬼コに係る素人的考察は以下の記事及び書庫からどうぞ。
愛読書&参考文献:『菅江真澄遊覧記』、『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』、『津軽ふるさと散歩(小舘衷三)』、『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)、その他古地図等
神道文化検定試験取得済
イメージ 2

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 天台寺 (二戸市) 〜 其之肆

    2018/11/20(火) 午前 7:11

    『 天台寺(岩手県二戸市) 』 『 天台寺(二戸市浄法寺町)〜其之弐 』 『 天台寺(浄法寺町)〜其之参 』からの続き。 保存修理工事中なのは知っていたのでショックは受けません。「参拝できません」なら跪いた上に ...すべて表示すべて表示

  • 天台寺 (浄法寺町) 〜 其之参

    2018/11/19(月) 午前 7:05

    『 天台寺(岩手県二戸市) 』 『 天台寺(二戸市浄法寺町)〜其之弐 』からの続き。 参道入口の鳥居。 狛犬一対(平成17年10月吉日・盛岡市八幡町佐藤喜雄)。 桂清水前の地蔵様と石碑。 ...すべて表示すべて表示

  • 『 天台寺(岩手県二戸市) 』からの続き。 仁王像の場所から少し上がったところに駐車場があり、滴生舎やかつら庵があります。天台寺・御山の山麓に建つ滴生舎は、浄法寺漆を使った漆器や漆芸品を厳選し、展示販売している施設です。浄 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事