ポケットにミステリを

創元推理文庫の活字が見づらくなってきて生きる意欲をなくしかけている

最新記事

すべて表示

幽女の如き怨むもの ☆☆

 皆さまお久しぶりです。  図書室がいよいよ酷いことになってきて、なるべく本を買わないように、いまさらながらクリスティの再々再・・・読などしていました。昔はピンとこなかった『スタイルズ〜』とか『パディントン〜』とか、ポワロやマープル ...すべて表示すべて表示

『三本の緑の小壜』

2012/1/4(水) 午前 11:15

 年末ベスト連続1位作家D.M.ディヴァイン後期の逸品なのだとか。本邦初訳である。  友人との海水浴からひとりで帰宅途中だった13歳の少女・ジャニスが無残な死体となって発見された。有力容疑者と目された青年医師・テリーが崖から転落死し ...すべて表示すべて表示

 新年1冊目は昨年買って放置してたもの。第31回横溝正史ミステリ大賞受賞作で、同時期に店頭に並んでいた乱歩賞よりこっちが面白そうかなと思って買ってみた。放置している間に『このミス』でも高評価が伝えられ、軽く焦ってしまった。  椎名が ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

すべてが猫になる

ハイ・ライズ/HIGH-RISE  (ねこ3.8匹)

J・G・バラード著。村上博基訳。創元SF文庫。 ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000...

本の少ない図書館

『ロシア幽霊軍艦事件』 島田荘司 新潮文庫nex

 御手洗と石岡の元に届いた松崎レオナからの手紙、そこには彼女のファンからの不思議な便りが同封されていた。それは祖父がアメリカに住むある女性に謝罪したい...


.


みんなの更新記事