ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

全体表示

[ リスト ]

 歌野晶午氏の期待のシリーズ第2弾。

 街頭で募金活動をしているあの女は詐欺ではないか・・・!?  友人の疑問に付き合わされて尾行を始めたえみりだが、どうやらまかれてしまったらしい。女の変装を見破り尾行に協力してくれたのは、小学校時代の同級生・ひとみだった。数日後女が死体で発見される事態になり、ひとみの観察眼は刑事である叔父・歳三をまたも唸らせる。

 あれから3年が過ぎて少女は中学生になっている。もうちょっとすると珍しくもないギャル探偵になりさがりかねないから、今回がぎりぎり賞味期限なのではないか・・・という懸念を抱きつつ読んだのだが、さすがは“新本格きっての社会派”と認定している歌野氏だけのことはある。前作では、小学生であれば家族とのかかわりが「社会」の大部分を占めるだろうという前提のもと、叔父・としちゃんを視点に据えることで書き手と作品世界を馴染ませる効果も狙いつつ、ひとみの家族に関わるエピソードを中心に取り挙げた。本書ではひとみと同年代の少女を中心人物として登場させ、かつ彼女らとひとみとの間に学校格差〜その基礎にある生活環境の差を設定して、それをも事件の深いところに寝かせつつ、少女たちの成長のきっかけとして見せた。「ひとの秘密を探る」ことと背中合わせに探偵にのしかかる重み。事件を通してひとの姿を正しくみることで傷つく心。前作よりも積極的に事件の真相解明に向かおうとするひとみ自身の心象風景を描かないことで客観的にひとみの変容を読み手に気づかせるスタイルが上手く行っているから、きっと3年後の彼女もまた「記号としての女子高生」とは一味違ったリアルな姿をしていることだろうと期待する。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

あ、買って来たっす。次の次に読むス。楽しみス。

2010/11/11(木) 午後 8:59 ゆきあや

アバター

>ゆきあやさん。期待していいと思うス。できれば17歳まで延ばさず、途中の成長過程も見たいス。

2010/11/12(金) 午後 1:29 冴

顔アイコン

あ、星だー!これはまだちょっとまわってきそうにないス。年内に読めるかなー。楽しみス。

2010/11/16(火) 午後 6:23 しら菊

アバター

>しら菊さん。自分は思ってた以上に歌野さん好きみたいです(笑)。軽いけど深いって感じで良かったです。

2010/11/17(水) 午後 5:16 冴

顔アイコン

ご無沙汰です^^やっぱり歌野さん、私は好きだな〜!ダメンズっぽい感じで(笑)。これからも、18歳、酒ときどきミステリでがんばるス(笑)。

2010/12/14(火) 午後 9:44 Cutty

アバター

>カティさん。昼間「おっ!久しぶりに姉御が!」と思って見てました^^ お元気でしたか。
えっと、18歳は酒ダメですよ。。。まして「ときどき泥酔」とかダメですよ。。。

2010/12/15(水) 午前 0:40 冴

期待に違わず面白かったです!!軽く読めるのにしっかりしてる。巧いなあ〜、とうなりました。キャラものとしてひとみと歳三中心で攻めることも出来るのにあえて友人を語り手に据えたところに深い意図を感じました。

2011/1/16(日) 午後 11:20 しら菊

アバター

>しら菊さん。第2弾は少女群像か・・・と思わせて、実は家族関係の物語を描いているあたりが深いです。次は誰の視点からのひとみを見せてくれるのか、早くも楽しみです。

2011/1/19(水) 午後 0:43 冴

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事