ポケットにミステリを

トラックバックの追加の仕方を忘れたな。

全体表示

[ リスト ]

琅邪(ろうや)の虎

 丸山天寿氏の“秦の国”シリーズ(←適当)第2弾。『琅邪(ろうや)の鬼』がなかなか楽しめたので読んでみた。

 お話が進んでも「虎」の意味するところがいまひとつ見えて来なくてもどかしい思いだった。しかし前作同様、終盤に「探偵役」が登場するあたりでそこまでに提示されたあまたの謎が整理されるところが圧巻。いかに謎だらけの展開だったのかが改めて解る。これにことごとく用意された回答が、説明口調ではなくするするとほぐれるように明らかになる書きようがまたカッコいい。

 ただ比べれば第1作のほうが念が入っていたのにという残念さは拭えない。この路線で続くのであれば目新しさが必要かも。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事