ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

全体表示

[ リスト ]

死神の精度 ☆

 伊坂幸太郎氏の最新連作短編集。早くも大評判。

 死のリストに上がった対象者を1週間調査し、死の可否を決める調査官“死神”。大半の結果は「可」であり、8日目に死が実行され、調査役の死神はそれを見届ける。彼は担当の人間がどんな形で死ぬか知らされておらず、直接手を下して殺すこともない。本作品には調査対象になった6人との物語が収録されている。

 ミステリと限定しないで読むべきであるが、第1話『死神の精度』が日本推理作家協会賞を受賞している。個人的には第3話『吹雪に死神』がミステリのパロディとしても良く出来ていてお薦め。
 

閉じる コメント(10)

顔アイコン

おおまだ未読の新刊!しかも初短編集ですかね。わくわくしますね〜。「ミステリと限定しないで読」んで最後に「びくっ」というのが多い作家です…。文章に惹き込まれていて、ミステリだということすら忘れてしまうんですね〜。

2005/7/5(火) 午前 2:07 ゆきあや 返信する

顔アイコン

あれ?なんか「カギ」マークが勝手についてしまったけど…どうしてでしょう?ごめんなさい。。。

2005/7/5(火) 午前 2:15 ゆきあや 返信する

顔アイコン

わくわくして下さい。初短編集になるのかな?『チルドレン』をどうとるかですけど。 削除

2005/7/5(火) 午後 4:48 [ sae1255 ] 返信する

顔アイコン

『チルドレン』はやっぱり連作なので。個人的に日本推理作家協会賞は信用できると思ってます。

2005/7/6(水) 午後 7:23 こたろう 返信する

顔アイコン

ん、1話と3話か〜。。。 あれ、僕の書いた評価は1も3も低いぞ〜。。。 やっぱ僕ってダメですわ…TT センスないですわ…TT(笑。泣き笑い。)

2006/8/8(火) 午後 2:53 気まぐれ 返信する

アバター

>気まぐれさん。そちらの記事拝見しました。センスの良し悪しじゃなくって単に好みの相違ってだけですよぅ。3話『吹雪〜』がイチ押しですけれど、私も『藤田』は捨てがたいと思います。『精度』はそれほど好きな作品ではないですし。

2006/8/8(火) 午後 2:58 冴 返信する

顔アイコン

ちょっと安心しました^^ 藤田は面白かったし、何かハードボイルドちっくなんですかねぇ^^

2006/8/8(火) 午後 3:57 気まぐれ 返信する

アバター

>気まぐれさん。「安心」だなんて(笑)。感じ方はそれぞれなんですから、強気でいきましょうよ。

2006/8/9(水) 午後 1:13 冴 返信する

あまりの完成度の高さに、ビックリしてしまいました!「グラスホッパー」を読んだ後には、伊坂氏にはまることは無いと思っていましたが、これゃ、きっとはまりますね!トラバさせてください。

2008/1/29(火) 午前 9:30 たけたけ 返信する

アバター

>たけたけさん。私は『グラスホッパー』はあまり好みではなかったのですが、かといって本書が最高傑作ということもないだろうと思っています。これからも是非いろいろチャレンジしてみて下さいませ。

2008/1/29(火) 午後 3:11 冴 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事