ポケットにミステリを

トラックバックの追加の仕方を忘れたな。

全体表示

[ リスト ]

静かな炎天

若竹七海氏の葉村晶シリーズ。文春文庫の作品では第4弾なのかなあ(『プレゼント』は中公だったり、光文社の短編集にバラで入ってたりする)。

暴走トラックによる多重事故現場に居合わせた晶は、後日目撃証言を求められた。巻き込まれて死亡した小型車のドライバーの持ち物が行方不明だという。現場でそれらしきバッグを持ち去った人物を見たのを思い出した晶に、遺族は捜索を依頼する。(「青い影」)

誰がどう見てもイヤな人間が出て来る“イヤミス”は“イヤ〜な感じ”はするけれど通り越していっそ可笑しくなってしまう。だけれど若竹氏の作品にある怖さは、ごくごく普通の、特別悪気のない人物の振る舞いが晶に災難となって降りかかってくるところにある。事件を直接構成する人物が我が身可愛さに隠し事をしたり、他人を出し抜いたりというところではもちろん、それ以外の人物がちょっとしたワガママを押し付けることによって次々とさんざんな目に遭う晶の運の悪さは、年をとるにしたがってよりワラエナイ域へとエスカレートしていく。

全体に面白かったところあえてイチオシ訊かれたら『副島さんは言っている』か表題作。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事