ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

五匹の赤い鰊

 重複記事ではないのだ。挫折の危機を回避しめでたく読了。素面で読むことは大切だと再確認。

 スコットランドのギャロウェイに住む者は、釣りをするか絵を描くかのどちらか、あるいはその両方をする者だ。ある夏の日、嫌われ者の画家の死体が川べりで発見された。絵を描くのに夢中になって転落したように見えたが、ピーターはこれが殺人だと看破する。

 外人名前の並びというに留まらず 6人の容疑者が揃って画家 という厳しい条件を地道な登場人物表チェックでクリアし、時刻表トリック(しかも地図がいまいち見ずらいから路線の位置を把握するのに一苦労)を斜め読みで振り切ってしまえば、赤い鰊の大安売りもどうにか完売したのだった。ピーター卿シリーズも既に第6弾だから、ここで止めるわけには行かないのだ!

 捜査開始当初、動機を持つ容疑者たちは殆どが行方知れず、所在が確認できた者は明らかに嘘のアリバイを申し立てる。ひとりまたひとりと出てきたかと思えば誰もはっきりしたアリバイを証明できない。捜査側が苦労するところをからかうように書いているけれど、友人として細心の注意のもと彼らに尋問して回るピーターへと、並行して丁寧な証拠固めで意地を見せる田舎の警察へとの著者の眼差しが、どちらも好意的なのが解る。スコットランドヤードのパーカー警部もファンサービス的に登場するけれど、決して主導権を握るような品のない真似はしない。あくまでもこの土地の、身内の犯罪というスタンスで物語は進む。

 最終的に警察の見かたを否定したピーターが披露した結論は、早い段階から注意を喚起されていた手がかりに基づいて組み立てられていて、ここまでのこのシリーズの作品群とはちょっと趣が違う。ミステリ的に弱いように見えるのになぜ本格の女王と評価されているのかと疑問視していたけれど、こうなってくると納得も行く。

 これで安心して次の作品にも進めそう。次の第7弾『死体をどうぞ』も本格の醍醐味を味わえる作品だと聞いているから、また素面で臨まないと。
 クレイグ・ライス氏のノンシリーズ長編。ハヤカワ文庫で新訳版で登場したのだが、できれば小泉版で読みたかったなぁと思ったりする。文字も大きすぎるし、トールサイズだから本棚で浮くしさ。

 3人の子を抱える未亡人ミステリ作家・マリアンの隣に住むサンフォード夫人が射殺されているのを、隣家を訪ねた女優・ポリーが発見した。ポリーと関係がある夫が行方不明で事件は単純な痴情のもつれに見えたが、3人の子どもたちは「母が事件を解決すれば有名になり本が売れる」と警察を出し抜くための計略をめぐらす。
 
 “弁護士マローン”シリーズ以外のライス氏の作品は初めて。「好きなライス作品は何ですか?」と訊かれたら、私だったらこれは挙げないだろうと思う。

 母子の醸し出す家庭の雰囲気は明るく前向きで、子どもたちはそれぞれ機転が利き母親想い、母は文才と料理の才を併せ持った強かな美人。警官たちは程よく「ぼんくら」で、警部補はそれなりに見栄えが良く、部長刑事は親切。近所の人々は悩みや哀しみを隠しながら日々を懸命に穏やかに過ごしている。

 平穏な日々が殺人事件で一変するという本来酷くハードな物語をほのぼのとユーモラスに綴る持ち味は良いと思うのだけれど、出来過ぎな子どもたちと母親をみるとライス氏の強烈な願望が透けてみえるようで退きかける。時代のせいとお国柄のせい、どちらがメインか判断しかねるがこの子どもたちに年齢相応のリアリティが感じられないのが抵抗を覚えるひとつの理由だ。警部補がチョロすぎるのも子どもたちの計略に「達成感」がなくてはしゃげない。

 ジュブナイルに徹してしまえば良かったのかもしれないがなぁ。そういうターゲットの話ではないものね。

開く トラックバック(1)

 光文社文庫ミステリー文学資料館編の新刊。ホームズにはそれほどの思い入れはないのだけれど、昼どき用の短編集が欲しかったのでこんなのも良いかと買ってみた。パスティーシュ(ドイルっぽく模倣)もパロディ(ドイル自身なら書きそうにない)も混交でバラエティに富み飽きさせない。

 山田風太郎氏の『黄色い下宿人』は、和製ホームズ譚にちょくちょく取り上げられる夏目漱石との競演のハシリと言うべき作品で、ここには入っていないが島田荘司氏の『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』なんかと雰囲気を読み比べるのも良いかもしれない。これらにしても夢枕獏氏の『踊るお人形』にしても、所謂シャーロッキアンの書くものと違ってホームズを変に持ち上げないところが一般読者にはとっつきやすいと言えるのではなかろうか。

 イチ押しは何か選ぶとしたら、とりあえず田中啓文氏『「スマトラの大ネズミ」事件』と言っておくべきだろう(←単にファン)。田中氏らしいコミカルなグロさが、控えめながらもはっきりと打ち出されている作品だ。

 第2集は夏に刊行予定だとか。

 
 モース主任警部(「警視」と書いている紹介文もあったりして戸惑う・・・とりあえず普通の「警部」より偉いっぽい)もの第2弾。

 上司のストレンジに呼ばれたモースは、先日事故死したエインリー主任警部が追っていた<女子学生失踪事件>を引き継ぐよう命令された。生きている人間を隠すのは死体を隠すより難しいと信じるモースは失踪して2年3ヶ月になるバレリーが既に死んでいると直感するが、問題は今頃になってバレリーから両親に無事を知らせる手紙が届いたことだ。手紙の真偽は?  彼女はいまどこに?

 beckさんから「モース警部の錯綜推理が耳から煙が出るほどヒートアップする」と聞いたときには『ウッドストック〜』だってかなり錯綜しているぞと思っていたけれど、そんなものではなかった。これ、どうみても“迷探偵”の言動だと思うけど。。。。れっきとした警察のエライひとなんだものなぁ。
「しばらく証拠は忘れることにして、いま私が気にしているのは、それが事実かどうかということだ。われわれはそれが事実であると仮定すべきだと私は考える。証拠はその気になれば手に入れることができる」
 「自分は不自然な原因で死亡した死体があるときに力が発揮できる」と公言し、「死体がないから退屈な事件」とまで言ってしまうモースの暴走をフォローする役を担わされるルイス部長刑事は、今回は扁桃腺炎で寝込みまでしてだいぶ気の毒。だがモースほどの天才的な閃きには及ばないものの、証言記録のちょっとした盲点を着実に拾う注意力がある彼がいなければこのシリーズはドタバタ感が強くなりすぎてしまうように思うから、彼の不在をモースが心細く感じるそのときのエピソードは大切なのだろう。「事実だけに頼ってさえいれば良かったのだ」と(その場限りだとしても)反省の色をみせ、モースが目をつぶろうとしていた基本的な疑問(「なぜこの手紙を書いたのでしょう?」)に正面から取り組むことを決心させる、頼りになる“相棒”を得てこその“名探偵”である。

 今回の謎解きはあまりに迷走が激しかったから「目から鱗!」の驚愕が弱まってしまっている感じもするが、それほど多数でないのに入り組んでいる人間関係を収めるところに収め、快い余韻を残す結末だ。確かに映像化向きの作品でもあるのだろうと思われる。

 続く作品も読みたいところだけれど、もうちょっと積読棚が空かないと注文できない。精力的に片付けないと。

 

開く トラックバック(2)

蝦蟇倉市事件1

 東京創元社ミステリ・フロンティア発の競作アンソロジー第1弾。このレーベル、途中までは殆ど全部「出ると買い」していたけれど、このところは興味のあるものだけ買うようになっている。ここまでで個人的に特にお気に入りなのは『犬はどこだ』(米澤穂信氏)『アヒルと鴨のコインロッカー』(伊坂幸太郎氏)『アルファベット・パズラーズ』(大山誠一郎氏)『シャドウ』(道尾秀介氏)で、第2弾に登場予定の米澤氏以外のお三方が本書で読めるとなればこれは買いだろう。
海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均15件もの不可能犯罪が起こるという。様々な不思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!
 結果的に1話目の道尾氏『弓投げの崖を見てはいけない』と2話目の伊坂氏『浜田青年ホントスカ』まで大興奮、そこから3話を追うに従って盛り下がる並びだった。前2者がなかなかピリ辛なリドルストーリーだった(『弓〜』は地図と照らし合わせれば結論が出る仕掛けになっているとのこと。自分の得た解答で良いのかどうか自信ないけど)からそれがコンセプトなのかと思ったら違った。話の雰囲気もさることながら、作り話に説得力を与える文章の冴えが、その2者と続く3者ではレベルが違っていた感じがする。『サム・ホーソーン』を意識したような語り口の大山氏『不可能犯罪係自身の事件』までは一応セーフだと思ったが、福田氏『大黒天』は最後の種明かし部分に途中で感づいた時点で“大黒天”をめぐる家族の対応に不審を感じ話の根本に納得いかなかったし、伯方氏『Gカップ・フェイント』のあほらしさは好きじゃないタイプの冗談だった。

 第2弾も今月中に刊行予定だとか。米澤氏のほか『階段途中のビッグノイズ』の越谷オサム氏なんかも登場するらしい。越谷氏がどんな「ミステリ」を打ち出してくるのか楽しみにしている。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事