ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

放課後探偵団

 青春ミステリが続く。「若い読者に本格ミステリを」の掛け声で東京創元社が自社デビューの若手作家に依頼した書き下ろし短編集。

 卒業以来15年ぶりの同窓会が行われた。タイムカプセルに託された無署名の“未来への手紙”のなかに、卒業式でのある悪戯の犯行声明が含まれていた。鳩村たち元放送部員は当日の様子を思い返し“犯人”を推理する。(梓崎優氏『スプリング・ハズ・カム』)

 なかでいちばん「上手い」印象を受けたのがこれ。若干くどいと言うか、もうちょっとさらっと短くすることもできるかなとは思ったが、「謎」の設定とその「解明」が本書の狙いである「若い世代のミステリ」ならではのものだし、読後の余韻も心地良い。

 好みだったのは市井豊氏『横槍ワイン』、タックシリーズからドロドロした家族のシガラミを抜いてライトにした感じと言ったら失礼か。それと相沢沙呼氏の『恋のおまじないのチンク・ア・チンク』は『午前零時のサンドリヨン』続編の“先行シングルカット”だそう。不覚にも『午前〜』は未読なのだが、この痛いキャラといい甘々な展開といい、なかなか買いである(←褒めている)。

 逆に個人的に苦手感が出たのが似鳥鶏氏『お届け先には不思議を添えて』。ミステリ小説はそもそも意図的に謎を設定するものに違いないが、とりわけ苦し紛れに見えて「それ謎か?」とテンションが下がってしまった。デビュー作を読んだときの印象とも通ずるものがあるから、自分としては当分はスルーでも良いのかも。
 『謎解きはディナーのあとで』のヒットで俄然注目された東川篤哉氏の最新連作短編集。これは“鯉ヶ窪高校探偵部シリーズ”なので、この体裁(なんつーの、B6ソフトカバー?)で出たのにはブーイングを送りたい。版元は実業之日本社なので、ジョイノベルスになってから買うという選択もアリかも。

 鯉ヶ窪学園2年、探偵部副部長の霧ヶ峰涼は焦っていた。長年指導教官不在でやってきた探偵部だが、このままでは発展は望めず、従って部室すら望めないというわけで、顧問就任を依頼すべく生物教師・石崎を訪ねる予定だったのにすっかりグラウンドで道草をくってしまったのだ。生物教室のある棟に入った涼は、近くの視聴覚室の怪しい灯に気づく。(『霧ヶ峰涼の屈辱』)

 アレ?  石崎先生ってとっくに顧問じゃなかったっけ?
 してみると、本書と先行作品は時系列的に直近の関係ではないのかも。だからと言って体裁違いへの苛立ちが消えるわけではないのだけれども。

 苦しいオヤジギャグを封じ、より普通のユーモラスな文体で綴られる若い子向けのライトミステリになっている。売れ始めると編集者もその辺り釘を刺すのだろうか。それはともかく、ミステリ的には「日常の謎」系のエピソード群を念の入ったロジックで処理し、いくつかでは意外な多層構造まで用意して唸らせてくれる。なんだか一皮も二皮もむけてしまったみたい。これ、年末のランキングにも入ってくるはずと断言するよ。
 初読みのエドマンド・クリスピン氏。「名探偵フェン教授登場」と帯にあるが、デビュー作ではなくどうも5作目にあたるらしく、「創元推理文庫に初登場」が正しいようである。書かれたのは1948年、「黄金期の風格漂う英国探偵譚」だというから好みの路線なのではないかと思い買ってみた。

 カスタヴェンフォード校校長・スタンフォードは同女子校長の訪問を受けて弱っていた。合同演劇公演の練習に参加した女子生徒の様子がおかしいのは何か男女問題のためではないかというのである。かと思えば化学教師・フィルポッッは化学室からの薬品の盗難を届け出てきた。両者の関連に思い当る頃、教師二人が続けて射殺され・・・・

 筋立てはごく深刻なのだが、雰囲気は“ファルス”と呼ばれるドタバタ調。いくつかの事件が立て続けに起きて関係者を悩ませ、一気に解決に向かう構造だから、展開に関係者が戸惑っている間は読み手もひたすら右往左往させられて息があがってしまう。「オックスフォードの頭脳」と持ち上げられるフェン教授にしてからが五里霧中な頼りない有様に見えて、ユーモラスというよりは大丈夫か?と不安にさせられたりする。感情移入できると乗るのだろうし、よく知らないキャラクタをつかみかねていると笑えない。H・M卿の一挙手一投足が笑いを誘うのとはそこに差が出たのだろう。

 そしてこの犯人の工作・・・・・それは無理がありすぎないか・・・・・

ディーン牧師の事件簿

 しばらく前に読んでいたものだが記事をさぼっていた。新鋭(なんだと思う)ハル・ホワイト氏のデビュー連作短編集。

 80歳の退任牧師が主人公。「事件のほうで彼を放っておかない」タイプ、巻き込まれ型素人探偵である。日常系と思いきや、かなり血なまぐさい事件が多いのが意外だった。「信仰の名のもとに論理を無視することはできない、神の助けがあれば論理が事件を解明してくれる」という彼の持論は私なぞにはアッタリマエのように思えるけれど、キリスト教的信仰心のある読者だともしかして意外性のあるキャラ立てということになるのだろうか。

 「不可能犯罪」を強調するのだけれども、クラシックな舞台ならいざ知らず、現代科学に照らすと一見不可能に見せるからくりが早々に明らかになりそうで、現代ものの限界というか味気なさを感じたりもする。

開く トラックバック(1)

寒椿ゆれる

 近藤史恵氏の“猿若町捕物帳シリーズ”第4弾の連作中編集。

 月野さん絶賛の本書、シリーズに先に手をつけていたのは私なんだがと膨れながら文庫化を待っていた。新聞広告で光文社文庫「今月の新刊」に挙げられているのを見て「よしっ」と思ったその日があの地震だったはずである。学校から先に家に戻った狩甘さんから「奇跡的に食器無事。図書室大惨事(笑)」という若干不謹慎なメールを見ても「体に別条ないのならばそれぐらいなんだい」と思ったものの、実際本棚(作りつけなので安心)のいちばん手前(主に三列目)の本がことごとく床に散らばっているのを見て溜息が出た。その晩は余震が多くて手を付けかね、翌日になって並べながら「もう本減らすぞ!」と堅く誓った。

 ・・・・・筈である。

 しかし被災から6日目、書店が開いた。来年度の教科書を買うことになっていた時期なので、狩甘さんを激励する意味もあって出かけたところ、やはり新刊書の棚に目が向いてしまう。本書と『半端者』と東川氏の新刊(学園モノ)を手に取り、これまでは入荷確認のやりとりしかしたことのない店のひとと「たいへんでしたねぇ」「並べるのにまる二日ですよ」「家ですらたいへんでしたもの」なんて会話を初めて交わし、事態の異常さを改めて感じた。

 閑話休題。

 お駒に子ができた。悪阻で何も食べられず弱っている様を見かねた千蔭は、巴之丞の薦めで評判の猪料理屋へ誘う。予想以上の美味に喜ぶ一同だったが、店先で騒ぎがおきた。刃物を持った男が飛び込んできたのだ。取り押さえた千蔭に男は意外な事情を語り始める。(『猪鍋』)

 良いじゃないですか。なるほど褒められるのもわかる。シリーズ初期には、中心となる人物が“無闇と堅い同心”と“ぬめぬめした女形”と“何を考えているやらわからない花魁”でどうも感情移入のしようが無いし、地の文も会話文も残念な感じだし、とそれほど惹かれなかったのだけれど、第3弾あたりから作品世界の住人の動きがこなれて来て、本書ではさらにその印象が増した。千蔭の見合い相手である“変わりもの”のおろく。容貌へのコンプレックスがあるがそこは卓越した観察眼と数的センスで補い理知的に生きる彼女は、今であればどこの職場にもたいてい思い当る人材がいそうなキャラ。現代ものの小説には普通に生かせるだろうが、。敢えて時代物にこんなひとを持ってきて、それが千蔭の世間ずれしたキャラクタと上手く調和したところに近藤氏の成長を見た。その分だけ花魁・梅が枝の影は薄くなってしまって、せっかく彼女のほうも心の裏側が覗けそうなものをと思わなくもないが、その辺りは今後への伏線ととれば良いのだろう。俄然楽しみなシリーズになってきた。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事