ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 コミカライズされたことは既に知っていたのですが、『花とゆめ』は個人的にかなり信頼しているコミック誌なので、姑息なチェックはせず単行本化まで待っておりました。

 作画は弓きいろ氏。帯に主要人物の顔が載っております。堂上はもっと短髪のイメージがあったんですよねえ。ちょうどこれでいう手塚くらい。髪型がかぶってしまうとキャラの区別がつかないから、下っ端の手塚のほうをより軍人っぽく短めにしたんですかねえ。その点、小牧は「予知能力か!?」という位にもろイメージ通りでした。ネームも原作を尊重しつつマンガらしいアレンジで、どうやら原作者も満足の出来だとか。

 小説『図書館戦争』を必ずしも全面肯定していない私ですが、むしろコミカライズ版に「うん、本来こういうモンかも!」と膝をうつ思いでおります。『図書館戦争』にスッキリしない思いをお持ちの貴方にこそ、お試しいただきたい作品です。

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事