ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 野村美月氏の人気シリーズ、セカンドシーズン最終巻(3巻目)。

 「冬柴さんとつきあうことにした」という心葉の言葉に驚愕する菜乃。幼馴染の自分ですら惚れ惚れする美少女に男のひとが恋してしまうのは不思議ではないけれど、何故?  どうやら瞳(=冬柴)の辛い過去にかかわりがあるらしい。

 あれ、このエピソードもう終わりなんだ?と少々拍子抜け。向う見ずな後輩を中心に据えた物語では、心葉を必要以上に落ち着いた人間として配さねばならず、悩んでナンボ(ごめん)の少年の魅力が引き出せなかったのかも。

 それにしても、ななせちゃんといい、今回の瞳ちゃんといい、彼の女の子への関わり方って結構酷い。救うほどにかかわるには恋人モドキにならんといかんのか。それでいて、遠子への純愛と日常にある生身の誘惑の折り合いを彼がどうつけるかといったギリギリの物語を子ども相手の商品でできるわけもなく、取り上げた「文学」と本編との乖離が巻を追うごとに広がるのは如何なものか。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事