ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

わが目の悪魔  ☆

 皆さま、ご無沙汰いたしました(←どっかで聞いたフレーズ・・・)。24日にライカエジソン原宿&東京店にてセクアンさんの新譜イベント(原宿:撮影&サイン会、東京:トーク&サイン&握手会)があったので、その数日前から美容院だ!お手紙だ!マスコット作りだ!と超多忙、さらに終了してからはリーダーの手の感触を忘れられず正気を失っていた(現在進行形)ものですから本どころでなく、結果的に長編1冊読むのに1週間を費やすという私らしからぬ状態に陥っていたのです。やっと終わったから霧舎に行ける(嬉)。でも明日(もう今日)から北海道2daysだからお友達のレポを漁りまくってまた本どころじゃない週末になるよな。たぶんなる。

 閑話休題。

 ルース・レンデル氏を集中的に読んでいるが、ウェクスフォード警部ものはちょっと作風に慣れ過ぎてマンネリ気味なものでノンシリーズを挟むことにした。しろねこさんやもねさんからタイトルが上がっていた“英国推理作家協会最優秀長編賞”受賞の代表作にチャレンジ。

 厳格な伯母・グレーシーに育てられ融通の利かない真面目人間に仕上がったアーサー・ジョンソンは、女性への愛憎を正常に消化できず、通りすがりに女性を絞殺した過去を持つ。自らの異常性を認識する彼は地下室でみつけたマネキンを痛めつけることで衝動を抑えていたが、ある日同じフラットに間借りするアントニー・ジョンソンがそれとしらず彼の安息空間をめちゃめちゃにしてしまう。誤解と妄想の果てにアーサーは再び“絞殺魔”と化した。

 犯罪者を生みだした生い立ちの設定がさりげなくだが丁寧になされていくこと、またアントニーの無意識の言動がアーサーの被害妄想を煽る様を繰り返し叙述することにより、アーサーが悲劇に追い込まれる展開に強い説得力が与えられている。アーサーの事情、アントニーの事情を交互に語ってすれ違いの悲劇をいっそ笑えるほどに盛り上げて行くのに加え、アントニーを異常犯罪者に関する論文で哲学修士を得ようとしている青年に設定し、本来は具体例に結びつかないはずの彼の著述の中身でアーサーの異常性を解説するテクニックも巧い。こういう結末はサスペンス小説には一種「お約束」なのだけれど、終盤の緊迫感がなかなかなので☆。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事