ポケットにミステリを

実は前からアメブロがあります。しかし記事移転は難しそう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ピカデリーの殺人

 「もうひとつ」と言って予告したのはこのアントニイ・バークリー氏で、『毒入りチョコレート事件』で活躍(?)したチタウィック氏が主人公の作品である。

 ピカデリーホテルのラウンジで“人間観察”にいそしんでいたチタウィック氏は、たまたま注目した年配の女性の連れの男に憎悪の眼差しを向けられて興味を引きつけられてしまった。しばらく席を外したチタウィック氏が戻って来た時には男の姿は無く、女性がひとり眠っているばかり。起こしてあげようと近づいて、彼は女性が死んでいることに気づく。

 これも外さなかった〜!

 「こうなんじゃないかな?」と推理させては「と思ったでしょ。それはひっかけだもんね〜」とすり抜けられる展開の繰り返しでだんだん自分のボルテージが上がるのがわかる。全然カッコ良くない、むしろ鈍重な人間のように描写されているチタウィック氏が時折キラリと鋭いところをのぞかせることにギャップ萌え。「もっさりしているけど賢い」キャラの探偵役って大好きさ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事