ポケットにミステリを

トラックバックの追加の仕方を忘れたな。

雑記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 ミ手芸部の活動も夏休み。と言うか、夏休みは子どもペースで生活せざるを得ず忙しいのだ。

 さて、狩甘さんの夏休みの宿題を監督するなかで、本人から「いちばんイヤだ」と泣きつかれたのが意外にも 読書感想文 である。頼まれもせず好き勝手書くのは気楽だが、ひとに読ませる目的でとなると確かにこっぱずかしいものであろう。また彼女は「感想なんてすぐ終わっちゃう、100字も書けないよ」と言うのだ。

 それなら例えばNACK−5の“鬼玉”が出している『マル決本』をテーマに、「この本の位置づけ(番組の名物コーナーを本にした)」「自分とこの番組との出会い」「自分にとってこの番組の持つ意義」「もっとも笑えた部分(自分の「笑い」の嗜好)」「今後の意気込み」を順に書いたらノリで400字くらいにはなるだろうし、ひとと違った個性を出せるんじゃねぇの?と提案したのだが、「そういうシャレの解る先生じゃないよ」と取り合わない。

 しばらく考えていたようだが、ようやく「コレにしようかな」と出してきたのが本書であった。なにやら悪戦苦闘している彼女を横目で見つつ、酔っ払いの悪ふざけで狩甘さんの立場に立った「作品例」を書いてみようかと思う。

「うさぎおいしーフランス人」を読んで     

 まだ小学生のころ、お母さんと本屋さんに行ったら、お母さんが「うわーなんだこれ」とこの本を手に取りました。うさぎがにっこり笑ってフランス国旗を手にしている表紙で、水色・黄色・緑色の明るいコントラストがほのぼのしていて可愛いく、とても大人の本のコーナーにある本には見えませんでした。中にはかるたの絵札と言葉部分が「あ」から順番に載っていて、それぞれの絵が可愛いだけでなく言葉もふざけていて面白いので、さっそく買って貰いました。お母さんは微妙な顔をしていましたが、帰ってお父さんに見せたら喜んでいたのを覚えています。
 その後文章の部分が読めるようになると、それぞれについている小話がかなりブラックユーモアに満ちていることがわかってきて、別の面白さを感じられるようになりました。例えば『うさぎおいしーフランス人』の項目では、フランス人が「子豚の釣り師」と「あしか」と「村の貸屋」と会話をするのですが、それぞれのセリフは有名な童謡の歌詞のパロディで、シュールなオチがかなり無理矢理な感じです。また、『かわいい魚屋、山賊がねらう』の項目ではいきなり水戸黄門と助さん・格さんが登場し、私たちの言葉で言うなら「BL」的な場面を繰り広げるも、結論は“ワイルド”の一言で片づける潔さに大笑いです。
 本の最初にある「前書き」には、作者の村上さんが“僕の脳の中には「勝手に吹き出してくる、あまり知的とは言いがたい種類のへんてこな何か」が眠っていて、ときに応じて放出しておかないと脳内のバランスが崩れる”と言い、“「くだらないけどおもしろい」と思ってくれたら嬉しい”と書いています。今年は高校受験の年で夏休みにも勉強に追われているので、こういう本で笑えることが私にとっては良い息抜きになりますし、言葉に対して自分なりの絵札を作ってみたりするのも楽しく、確かに脳のバランスを取るのに役に立つなあと感じます。
 作者の村上春樹さんは本当は評価の高い小説をたくさん書いているそうで、お父さんは若いころにとても好きだったのだそうです。家にもたくさんあるので、今度はそちらにも挑戦してみようかと思っています。


 これを書いている途中に狩甘さんがやってきた。冗談抜きで困っているそうで、この際お友達に呼びかけてよぅとごねている。「この本を読んだことがある方、代わりに感想文を書いて下さったら ブログバナー進呈 !!」だそうなのですが、どなたか書いて下さいますか、ねえ。

この記事に

開く コメント(6)

(ぴんぽーん)

 あ、月野さん、どーも。邊瑠子さんまた来てたんだ。お邪魔してすいません。
 うん、あねきから電話あったでしょ。はは、ひと遣いが荒いなんて、また怒らせますよ。出掛けるついでだったからべつに面倒だなんて。そう。これからね。へへ。
 じゃあこれ、どうぞ。いや、さっきは怒ってはなかったですよ。そんなー、心配なら酔っ払い扱いして茶化したりしなきゃいいのに。ヘンな歌って、あれ“大分貨物”っていうれっきとしたV系バンドの歌らしいですよ。とてもそうとは思えないですけどねぇ。うん、さっきも狩甘ちゃんとソレのDVD観てましたから機嫌良かったですよ? にこにこしてましたもん。「悪いね〜、これに一式入ってるから〜」なんつって。
 あねきは口は悪いけど、そんな意地悪じゃないですよぅ。いくら強いからって、身ぐるみ剥いだりして大人げなかったって思ってんじゃないですか。月野さんもまた挑発的なのが悪いんですよぅ。あねきは『火の鳥』の尾美さんが好きだったんですって。いつの話だ?って感じですけどねオイラからしたら。月野さんなら知ってるんじゃないんですか?  でね、あねきが小学生のころに何とか言う“道徳の時間に観るTV”にも出てたんですってNHKの。すげー可愛かったんだって、「大人になってああなるとは」ってよく嘆いてるから、鬼平ネタが逆鱗に触れてしまったんですねぇたぶん。「同窓会で昔好きだった人に出会ったら変貌しててガッカリ、でもそれを他人がバカにするとムカつく」って心理なんじゃないですか。

 あれ?  邊瑠子さん、中身それでした? 

イメージ 1 袋間違えて渡されたのかな??  あねきもあれで意外とドジっ子らしいから。

(ごそごそ)あ、なんか紙が。手紙ですねこれ。

「大好きな月野さんへ。
 優しいふゆっちに戻ったのでお洋服をお返しします。サービスとしてWinterRose風にリフォームしておきました。月野さんお気に入りのピンクです♪  喜んでね。
 追伸。 蘇部クラブをお辞めになってお寂しいでしょうから、くろけん応援団に入れてあげても良くってよ。チアリーダーはミニスカと決まっているからそのつもりでね。   布由子」

 うーん。そう言えばにこにこって言うよりにんまりとか表現したくなる笑顔;)でしたあれは。やっぱ怒ってたんですね^^;
 どうします?  ほんとにチアリーダー参加します? んー、まぁそれで怒りも和らぐんじゃないですか。わたしリーダーなんで、やる気あるならフリ教えてあげますけど。



・・・・ミニスカを手に苦悩の月野探偵。かつてないピンチに邊瑠子は救いの手を差し伸べてくれるのか、それとも一緒になっていたぶる側にまわってしまうのか。どうする、どうなる月野探偵!?
 次回『バック・トゥ・ザ・フユッチ 3』、いよいよ完結編!!

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(2)

 アニスさんに素敵なカードを作っていただいた興奮冷めやらぬ“本楽カード2008”。コレクションをご提案することで恩返しになれば・・・と思いつつ、なにしろ絵がネックになっている私でした。

 ならばお仲間の交流を活性化する意味でも、共同制作に持ち込むのが良いのではなかろうか(←迷惑)と考えた私が白羽の矢をたてた 犠牲者 桔梗書房=しら菊画伯 でございます。いきなり文案を送りつけた(←ほんと迷惑^^;)にもかかわらず、快く「承知!」のお返事をいただきまして、このたび完成披露の運びと相成りました。

イメージ 1いやいや、素晴らしい!
例の作品を連想させる殿下を登場させるとは。隠しているようで隠れていない目隠しでさらにポイント高し(笑)。

 応援団各位が召喚されて来るのが楽しみです。
 ささ、ポンポンはご用意しますので、皆様 ミニスカで集合 ですぞ!

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

 本楽大学きっての男前 アニスさん から、勿体なくもありがたいプレゼントを頂きました。

 盛況を呈している“本楽カードコレクション・2008”ですが、これまでこっそりと壁の陰から覗かせていただくにとどまっておりました。と言いますのも、全く絵心がない私。“私の書かなかったミステリ”企画ではタッグを組んでくれた狩甘さんが「テスト前だから」と相手にしてくれないため、参加は覚束なかったのです。そもそもこの手のカードバトルに縁がなく、作り方の要領や決まり文句がいまひとつ解らないということもあるのですけれども。

そんななか、アニスさんが アイテムカード の強化のためにとこんなお題を発表。
 本楽大学ミステリ学部、Ψ(サイ)教授の愛用する眼鏡。この眼鏡をかけると、素人でも叙述トリックを見破ったり、高度な書評を展開できるようになるという。また、教授の眼鏡にかなった良作には☆が与えられるが、その栄光に浴する作品は、極めて稀であるとされている。
 知力 +50
 切れ味 抜群 
 特殊効果 裁縫技術50%UP

 これは何かの形で参加しないと教授職をクビになるのか!?と焦った私は、とりあえず写真を撮り、解説文に若干の希望的修正を加え、アニスさんのもとにおとどけしたのでした。それを加工して、こんな洒落たカードに仕立てて下さるとは!!

 気づけばアニスさんも“文化系メガネ男子”でしたねえ。いやぁ、萌えちゃいますねえ(笑)。
 冗談はさておき、 本当にありがとうございました 。感謝の念を込め、ここに公開させていただきます。

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

 皆さんご応募なさいましたでしょうか。「お気に入り辞書」のカティさんの企画です。締め切りを迎えたところで、応募に際しての裏話を書いておきます。
小説の【タイトル】をひとつ考えて下さい。タイトルのみで、小説を書けと言ってるんじゃありません。中身はなくてけっこう。こんなタイトルの小説があったら読んでみたいな、というのをひとつ。
その本の、帯の文句を考えて下さい。これは3行くらいがいいかな。うん、3行までということにしましょう。
締め切り後に、投稿作品をまず匿名で発表し、感想をワイワイ出し合ってから、改めて投稿者と各賞の発表、という順序にしたいと思います。
 企画を聞いて「こりゃ面白そうだ」と早速考え始めましたが、「何かひとつ単語を思い浮かべると即それを使った既存のミステリのタイトルが出てきてしまう」という状態に陥り、何を書いてもパクリにしかならないように思えて一向に進みません。私の思考スタイルでは、あらすじを考えたほうがタイトルを思い切って決められそうです。

 “ブログ=日記”の性格上、今の自分の記録の一端になるよう 現在ハマっているもの をモチーフにしよう。
ならば、この春を象徴するのは シド だろう。
彼らの曲の歌詞でパッと目についた一節を「お題」にしたらいけるんじゃないか。

 彼らの曲は私くらいの世代の体の芯に浸み込んでいる昭和の歌謡曲を彷彿とさせるもので、小説に例えるならば コテコテの和製ハードボイルド に通じるレトロさがあります。わかり易く言えばズバリ初期の樋口有介氏(アレ? わかり易くない?)。歌詞カードを眺めて取り上げる部分を選んでしまうと、「デビュー前に故郷に捨ててきた恋人が殺された(註:ごめんなさい!あくまでもフィクション、架空の設定です!!)と聞きスタッフの制止を振り切って駆けつけずにはいられなかった クールに振舞おうとするが内面は熱いオトコの素人探偵譚を、業界話と絡めて描く 」というベタなストーリーが一気に浮かび、するするとタイトルがついてきました。

  で、投稿したわけなんですが、ただ「これでした」と発表するのもなぁ。。。ということで、こちらのファン限定記事に続きます。なんか“企画”というより“妄想”ですかね、これだと。怒られそうな領域に踏み込んでる気がするなぁ。

この記事に

開く コメント(3)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事