ポケットにミステリを

トラックバックの追加の仕方を忘れたな。

コミック

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

 先日からコメント欄でやりとりされていた問題のコミック。読んだことはあっても買ったことはなかった大御所・諸星大二郎氏が10年ほど前に連載されていた作品で、今回読んでみたのはソノラマコミック文庫版。

 手に取ったきっかけは月野さんの記事。試しに1巻だけ買ってみた。

 これがもう 超絶面白い 。ぐふぐふ笑いながら読んでいるところを旦那にみつかり、何を読んでいるのか訊かれた勢いで「薦めてくれる作品がいつもすっごくヘンで面白いひとがいる」と月野さんの存在を明かしてしまったぐらい興奮の面白さだった。

 ふだんならばホラーとかグロ系のコミックにはそう惹かれないのだ。笑わされながらも落ち着いて考えるとこの作品のネタは十分恐ろしいし(クトゥルー神話をこんなに洒落のめして罰が当たっても知らんよ)、古めかしい絵柄は可愛らしく描かれながらも実写化を想像したら腐臭が漂わんばかり。何がそこまでツボったのか?

 それはふたりのヒロイン像に依るところが大きい。古本屋・宇論堂の娘・紙魚子は書物にある知識をフル活用して現実世界の問題解決にあたろうとする理性を象徴しており、新刊書店の娘・栞(と言っても彼女のこの設定は必ずしもネタに生きてはいない)の「線が2,3本外れた」天真爛漫さが理論を超えたパワーを象徴しているかのようで、ふたりの向うところ敵なしである。月野さんがそれぞれAさんとBっちさんになぞらえておられたものだから、もうアバターがだぶって仕方ない。ご本人はおっしゃらないけれど、きっと猫のボリスに我が身を投影されているに違いないとひとり合点する。

 結局あちこち探し回ってやっと全3巻が揃ったので、お気に入りネタを挙げてみる。ふたりの魅力に圧倒される1巻第1話『生首事件』がまず衝撃だが、笑いのタイプとしては2巻『魔書アッカバッカ』の冗談のきつさが好きだし、同じく『空地の家』のせこさも好きだ。主題に忠実な古本がらみのネタには秀作が多いから、3巻『本の魚』『古本地獄屋敷』『立ち読み幽霊』はまとめて見逃せない。

 そんなわけで、久々に☆ふたつ級のコミックに出会えたことに感謝感激。ムルムルは無理でもマグロの切り身ぐらいはお礼にお贈りしないといけないかしら。

 


 

 

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

 すいません☆つけずにいられませんでした。唐沢なをき氏最高。

 ガンダムキャラクターみんなが、 ぶよぶよ になって登場。それはもう、安彦良和氏が「なにもこんなにまで」と激怒(笑)するほどに、完膚なきまでにぶよぶよ。動くたびはぁはぁと息荒く汗まみれになるキャラ&モビルスーツたちによって、ファーストガンダム世代にはもはや定番昔話の如く記憶されているエピソードの数々が、震えるほど可笑しくパロられている。冒頭の『ガンダム大地に立つ』のエピソードからして、もう笑いを堪えきれず、こうして書いていても、いちいち笑いが出る(読点で表わしている気分を察して)。だって全部食べてるんだよ。「太い女の子」なんだよ。そしてあの、若さが云々のセリフに至っては・・・!!

 これは,世修Δ如ってことはまた続き読めるんだ。すげー嬉しい。

この記事に

開く コメント(8)

 コミカライズされたことは既に知っていたのですが、『花とゆめ』は個人的にかなり信頼しているコミック誌なので、姑息なチェックはせず単行本化まで待っておりました。

 作画は弓きいろ氏。帯に主要人物の顔が載っております。堂上はもっと短髪のイメージがあったんですよねえ。ちょうどこれでいう手塚くらい。髪型がかぶってしまうとキャラの区別がつかないから、下っ端の手塚のほうをより軍人っぽく短めにしたんですかねえ。その点、小牧は「予知能力か!?」という位にもろイメージ通りでした。ネームも原作を尊重しつつマンガらしいアレンジで、どうやら原作者も満足の出来だとか。

 小説『図書館戦争』を必ずしも全面肯定していない私ですが、むしろコミカライズ版に「うん、本来こういうモンかも!」と膝をうつ思いでおります。『図書館戦争』にスッキリしない思いをお持ちの貴方にこそ、お試しいただきたい作品です。

この記事に

開く コメント(8)

 まさにジャケ買い。やっぱりプロの仕事って凄いなぁ。「人目を引くタイトル」極まれりだよなぁ。

 まず縁のない雑誌、スクエア・エニックスの月刊Gファンタジー発の作品だそうだ。作者名 もち 氏にも全く心当たりはないし、書店でたまたま目に入らなければ知らないで終わったはず。表紙に描かれた主人公・因幡洋の 口元と首まわりに萌え だったからと言って、このタイトルに「はぁ!?」と思わなければシュリンク済みのそれをカゴに放り込む気にはならなかったろう。

緋色の狗探偵、鮮やかに事件を迷宮に誘う!?  赤毛の毛フェチ探偵・因幡洋が有能なる(?)少年助手たちの力を借りて、日本を襲うイタリアンマフィア(ただしヤギ)の野望に、割とグダグダに立ち向かう探偵ギャグ物語!!

 あぁ、月野さんにこれ読んで欲しい。

この記事に

開く コメント(8)

 米澤穂信氏の人気作品がコミカライズされておりますよ!!  皆様ご存じでした?  スクウェア・エニックス、Gファンタジーコミックスより、上巻が発売されたばかりのようです(下巻は秋予定)。

 作画は饅頭屋餡子さんとおっしゃるかた。スウィーツが続々登場する本シリーズを意識しての人選なのでしょうか(笑)。おかっぱにまんまる眼の小山内さんは、「見た目可憐で、実は腹にいちもつありそう」な雰囲気がよく出ております。小鳩くんは勝手なイメージとしてはもうちょっと前髪がうっとーしー感じだと思っていたのですが、白抜きの髪のせいかスッキリ軽めに爽やかなのがやや不満。これはむしろ古典部シリーズの里志くんのイメージじゃないか?

 個人的にいちばん萌えキャラだったのは、「美術部の大浜先輩」。原作のときから密かに気になっていたので、素敵に描いていただいてたいへん嬉しかったです。

この記事に

開く コメント(10)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事