全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全430ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

猫相談連日

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

                     全匹貰われた三毛子猫4匹たち

猫相談連日い了埆仞莎ヾ悗任△詼晋園にダンボールに4匹捨てられていた件は、猫好きな職員さんの手配で全匹、貰われました。
_________________

午前8時30分頃、「。。。公園出先機関ですが、子猫4匹どうしたら?」と言う相談に
即駆けつけました。
新しいダンボールに入れられた4匹(全匹メス・2ヶ月弱)が重なり合っておりました。

暫くこの状況で、「貰い手を捜したい。」と言ってくださったため、写真だけは撮りその場を
引き上げました。

お昼前、某公園課から「全匹貰われましたので、ありがとうございました。」との電話に少し驚きました。う〜ん、本当に大丈夫なのだろうか?逆に心配でなりません。

不妊手術の確約は出来ているとのこと。皆さん先住猫を飼っておられる方々が貰ってくださったそうで
す。
夕方、職員さんが空の猫ケージをお返しに来てくださり、
「行政は何もしていないのに、ボランティアさんに今回のような事を頼んでしまって申し訳なかったです。」とお詫びを言われました。又、
「バザーや寄附の協力はさせていただきます。」というお言葉をいただきました。

猫相談連日

22日過ぎて、急に電話相談やメール相談が連日です。

 嶇掲2匹が弱っている。」と、市民〜保健所へ相談。保健所から〜当会に。
  連絡先が判らないため、連絡仕様が無い。保留

◆嵬醂蒜に餌を与えては増え、保健所へ連れて行っている。」との連絡が入る。
  現地へ確認を取りに。
  気難しい方だと聞いているので、注意しながら話し合う。
 「人が捨てに来る。可哀想だから餌を与えている。増えれば保健所へ持っていっている。」
 「保健所では、貰ってもらえているから大丈夫。」と、

「毎年子猫が生まれて困っている。今年も生まれたが、1匹が目が飛び出している。どうしたら?
  保護してくれる人もいない。」と。

ぁ)晋園に子猫4匹がダンボールに入れられ捨てられている。
 「この子たちを貰ってください。」と書置きされていたそうです。

ァ〔醂蒜がベランダで子猫5匹を子育てしています。集合住宅でペット不可の為、
  飼うことが出来ません。猫嫌いの隣人が怒鳴り込んで来ました。自治会からも警告書が
  来ています。どうしたら良いか、分からないのでお問い合わせさせて頂きました。

というメール。

 人材不足の中で、どうしようもない状況です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

生んだばかりの野良猫母さんと一緒に保護した子猫の里親様から
1年分の近況報告をいただきました。(平成24年6月〜25年5月13日までの写真です。)

お母さん猫は保護してあげることは出来ませんでした。
綺麗ごとを言うようですが、飼主の心一つで子猫がこんなにも輝いた姿を見れるのは、
この活動をさせていただいているからでしょうか。
_______________________
抜粋
昨年の5月20日、我が家に海太が来て、1年が過ぎました。
今年4月の1年の検診では、ちょっぴりメタボで、なんと5.8kgも有ります。
ボール遊びパンチ、キック、食器棚に飛び乗ったりと、年寄り猫に慣れた我が家一同びっくりです。

海太の趣味は、窓辺ウオッチング、ベランダ側では小鳥や花、外廊下側ではもっぱら、人間観察
をしてマンション内ではちょっとしたアイドルです。

次の検診では正常体重に戻して今度こそ満点飼主になれるよう努力します。

最後になりましたが、こんな可愛くいとおしい命とのご縁をとりもっていただき感謝しております。
_________________________________________

T様、大変な事もあろうかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

話し合い

今年度の野良猫対策事業を進めてゆく上で連携を深めるため
平成25年5月16日 15時〜17時まで
秦野市保健福祉事務所にて秦野保健福祉職員2名と第1回目の会合を持った。

先ず驚いたことは、今の保健所が無くなり、どこかと統合されるのではないか?との事。
保健所職員も「寝耳に水」だったそうだ。 
財政難?

動物問題も宙ぶらりん状態になるだろうか。
前途多難、絶望的と感じた。

気持ち的には保健所の担当者も協力はしてゆきたいという事で、
本日、普及・啓発(写真展、ティッシュ)用の見本を後日持参する事になった。

イメージ 1

「犬と猫と人間と」ニュース Vol.23(最終号) 2013.5.14
     http://www.inunekoningen.com/
******************************
 
 1年9ヶ月ぶりの発行となります!
 新作「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」をご紹介します。
 今後は「犬と猫と人間と2」ニュースと名称をあらためて配信
 していきます。

1.映画「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」
僕らがまだ知らない、動物と人間のいま、未来につなぐため、いのちと向き合う
-----------------------------------------------------------
    6/1(土)より渋谷・ユーロスペースにて公開!
-----------------------------------------------------------
 ●作品紹介  
 東日本大震災では、犬や猫などの多くの動物たちも被災しました。
 津波はいくつもの別れと出会いを生み出しました。喪失を受け止め
 歩んでいく長い道のりがあります。
 原発事故に翻弄される福島では、取り残された犬や猫の苦難が今も
 続いています。そして、被ばくした牛たちを生かすべきか否か・・・。
 畜産農家とボランティアが立場を越えて困難に立ち向かう姿から、
 いのちの意味を問うていきます。
 監督は宮城県出身の映像作家・宍戸大裕。懸命に生きる動物たちと
 奮闘する人々に出会い、600日にわたりいのちを見つめました。
 構成・編集・プロデュースは『犬と猫と人間と』監督の飯田基晴。
 本作はスクリーンを見つめる私たち自身が、ともに生きるいのちに
 ついて考え、未来へと繋いでいくための物語なのです。

 劇場予告編もご覧いただけます。
http://www.inunekoningen2.com/
http://www.eurospace.co.jp/ 
http://tongpoo-films.shop-pro.jp/?pid=57220786

●5/27(月)公開記念イベント「わたしたちにできること」開催!
 http://inunekoningen2.com/news/?p=269
 
 チラシ配布やポスター掲示、全国共通特別鑑賞券の販売など、
 映画の応援団になってくださる方々を募集しております。
 応援団の方々には、通常よりお得な価格で鑑賞券をご案内
 しています。併せて鑑賞券の委託販売も行っております。

 ご協力いただける方、ご興味持ってくださった方は下記まで
 お気軽にご連絡ください。

 配給・宣伝:東風
 電話:03-5919-1542(平日11:00−18:00)
 FAX:03-5919-1543
 Email:info@inunekoningen.com

全430ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事