ヘタレ母の日和見厨房出張所広報部

本館閉鎖中につき当分の間私サイトの更新情報が中心のblogになります。近況は「ヘタレ母の日和見厨房」にてご報告中。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

雷句誠先生が損害賠償請求



                  ――「ひと言」その1――

このほど「週刊少年サンデー」で連載していた『金色のガッシュ!!』の雷句誠先生が
(株)小学館に対して、紛失したカラー原稿5枚の損害賠償を請求する訴訟を起こされました。
(詳しいいきさつは先生のブログ「雷句誠の今日このごろ」をご覧下さい)

このニュースを聞いた時の私の最初の感想は
「やっと声を上げてくれた人が現れた〜!!」
・・・・ですhttp://jmac.dma-j.net/obi/SEC/blog/heart01.gif


そうなんです。
原稿紛失事件は以前からけっこう何回も発生していたんです。
私がお手伝いに行っていた先生の所でも、単行本になる前の原稿を紛失されてしまい、
雑誌からコピーした汚いページを、
アシスタントのみんなで必死に修復した事がありました。

それはとても面倒で、大変な作業でした。

――アミトーンはつぶれているので全部ホワイトで修正して貼り直す。
――太くなった線は細く削り、先端の抜き(シュっと細くなってる線)を描き起こし。

1から描いた方が早いけど、そんな時間は先生にはありません。
こんな苦労を知らない人に
「描き直せばいいじゃないか」みたいな事を
気軽に言って欲しくありません。

でも、前に私も「ブタ丸母ちゃんの後出し日記・4」で書きましたが、
漫画家さんは基本ものすご〜〜いめんどくさがり屋。
なので非常に憤っていても、訴訟を起こしたりする方はいませんでした。

・・・それに作家の立場って弱いですし(^^;
「他にいくらでも漫画家はいる」と思われてる
・・・っていうのが、作家の心理。
強気になれない〜〜〜(p‐q)°。

ちなみに紛失原稿の弁償金の「3倍の原稿料」は「相場」で、
他の先生もその値段を支払って頂いたそうです。
出版社は「従来通りの対応」をしたわけですが・・・
安いよ〜〜!!http://jmac.dma-j.net/obi/SEC/blog/kao-a15.gif

まだまだ「お金になる」原稿なんですよ。カラー原稿ですし。

「愛蔵版」「画集」「デジタル化」
原稿さえ残っていれば色々な展開ができるのに。

長年漫画家の先生達が我慢してきた(ほったらかしていた…とも言う)ことを、
やっと問題提起して下さった雷句誠先生。
ぜひ応援したいです (*^^*)

「オイオイ…」と、父ちゃんが後ろで青ざめてます。クスクス ( ̄m ̄*)
なのでそんなに過激な事は書きませんが・・・
この際なので私見を少々記事にしたいと思います。


    ――その2へ続く――

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

次も平和主義な記事だから父ちゃん安心してねー (≧ω≦)b!! ☆rio☆

2008/6/8(日) 午後 1:45 riosan 返信する

アバター

このニュースには驚かされました。
そんなに原稿紛失って頻繁に起こっているんですか!
相場の3倍ってやっぱり安いと思います。だって、全く同じものは再現出来ないですから・・・しかもカラー原稿紛失ってヒドイです。
そんな預かり物の管理も出来ない出版社に天誅!!

2008/6/8(日) 午後 3:33 ジョー999 返信する

顔アイコン

残念ですが、ボクは応援致しません。
原稿紛失の件はあっては成らないし、小学館に猛省を促したいが、ブログに書いてある事は片方の言い分でしか無いので、にわかに信ずる訳にはいきません。

そもそもぼくは喧嘩腰の編集さんなんて、27年の漫画家生活で、出会った事がありませんから。

そりゃ、馬の合わない方はボクも人間ですから多少は居ましたけどね(^ ^;

それに、ストレスが溜まってアシスタントに暴力なんて考えられない。
氏の態度や行動に問題は無かったのか?

言いたい事はいっぱいあるが、外野なのでこの辺にしておきます。
とにかく、賽は投げられたので、どんな方向に向かうのか見守りたいと思います。

2008/6/8(日) 午後 3:57 [ obi**inn ] 返信する

顔アイコン

ジョーさん、けっこうあるんですよ、紛失騒ぎ。
たくさんの原稿が編集部→印刷所→編集部とあちこち移動するのですから無理もないのかも知れませんが。
毎週の原稿に持ち込み原稿。管理も大変なのはわかります。
デスクの上が鬼散らかってる人多いし〜(笑)
でも、無くされた方のショックは計り知れません。
特に、デジタル入稿が一般化する以前は、取り返しがつかない事が多く悲惨でした。
管理には万全の手を尽くして欲しいところです。

とりあえず作家も持ち込みする人も、データーコピーは必ずしましょーね (*^^*)☆rio☆

2008/6/8(日) 午後 4:43 riosan 返信する

顔アイコン

オビちん先生コメントありがとうございます (≧ω≦)b!!
作家の皆さんは、オビちん先生のようなスタンスの方が多いと思います。

雑誌作りは共同作業。お互い協力して大人のつきあいで仕事を進めていれば、そうそうケンカにはならないはずなのですが、ブログの記事を読むと……(^^;

でもやっぱり私は「作家」や「作品」に対する出版界のあり方には疑問があります。そんなところを次回ちょっと書きますのでヨロシク〜♪(^_^)v☆rio☆

2008/6/8(日) 午後 4:51 riosan 返信する

結局パワーバランスになるんですかね。
作品のもつ正当な価値を評価してもらいたいですよね。

2008/6/8(日) 午後 6:36 [ ヨミノアシロの夢 ] 返信する

顔アイコン

このニュースは知りませんでした。

ほんとに紛失なんでしょうかと疑ってしまいます。
案外個人でコレクションしてたり。。それはそれでビックリ??
まぁそれはないでしょうが、作家の命ともいえる大事な原稿なくすなー!!って言いたい。もっと丁寧に扱えないものでしょうかね?

2008/6/8(日) 午後 11:48 黒夢 返信する

なんか、雷句先生のブログ立ち上げから読んでいたので(オークションあたりから自己作品価値を模索していたんですね)なんか変だなって思っていましたが…やはりそうですか!悲しい現実ですね。プロがプロとしての決断をしたのですから見守るのがイイのかなぁ?ウチの業界(広告)も同じぐらい冷遇・薄値です。

2008/6/9(月) 午前 1:53 [ 七味とうがらし☆ ] 返信する

顔アイコン

ニュースでは聞いていましたが、雷句先生のブログを見て驚きました、そんな事があるんだって。オークションの値段=賠償金とはならないにしても、こんな編集者と長い間付き合わされていたなんて慰謝料取れないものかしら。ガッシュ読んでましたが最後の方はつまらなかったので読まなくなりました。編集者との関係が作品に影響したのかなと今になって思っています

2008/6/11(水) 午後 9:05 gonchi 返信する

顔アイコン

気になったので色々調べてみましたらこんなブログもありました
http://d.hatena.ne.jp/m_tamasaka/20080607/1212810628
この問題は長引きそうですね

2008/6/11(水) 午後 11:06 gonchi 返信する

顔アイコン

夢さん、どうしたって「力関係」が編集さんの方が上ですから〜( TωT )
でも基本「人」と「人」ですから、気の強い作家さんに悩まされる編集さんも沢山いるみたいですね。某大御所の女性作家とか…書けないけど(^^;☆rio☆

2008/6/14(土) 午前 10:23 riosan 返信する

顔アイコン

くろむさん、紛失事件はホントのようです。
作家は魂削って原稿描いてますからね……。
紛失したりしてしまう可能性を作ってしまうようなぞんさいな扱いをされていると思うと悲しいです。大切にして欲しい……☆rio☆

2008/6/14(土) 午前 10:30 riosan 返信する

顔アイコン

七味さん、コメントありがとうございます。
裁判の行方は見守るしかありませんね。
編集さんは自分の事としてまじめに考えて欲しいですが(笑)☆rio☆

2008/6/14(土) 午前 10:34 riosan 返信する

顔アイコン

ゴンさん、編集さんと合わないとモロに話作りに響きます。
作家のモチベーションを下げてしまう編集さんは困ります〜〜( TωT )☆rio☆

2008/6/14(土) 午前 10:37 riosan 返信する

顔アイコン

ゴンさん情報ありがとうございます(^_^)v
「その2」で紹介しますね♪☆rio☆

2008/6/14(土) 午前 10:38 riosan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事