流星通信Blog

趣味人・我乱堂の放談三昧

全体表示

[ リスト ]

 昔、花丸ノベルズというのがあった。
 

 ◆ ◆ ◆


「ライトノベルってのはホモ小説ばかりですよね」

 といわれた時は、なんと応えていいのか解らなかったものであるが。
 確か一昨年の話であったと思うのだが、何年かぶりに再会した知人と話していてそういう風な話題になったのである。
 どういうような流れでそうなったというのはさすがに覚えてないのだけれど、彼は「ライトノベルといえばホモ小説」という思い込みをしていた。
 聞いてみると「安売りしてたのでまとめて買ったのがみんなそうだったから」とのことであり、彼はそうして遭遇したのがライトノベルの全てだと認識し、それは確固たるものとして定着しているらしかった。
 安売りしていたというのは恐らく新古書店ではなくて普通の古本屋だったのだろう。新古書店ならばともかくとして、そういう小さな店には比較的女性が入ることは少ないという。当然のように女性向けの本であるホモ小説――つまり、BLだのジュネ系だのの本は売れ残ることになる。それゆえにまとめての安売りということをしたと思われる。
 どうして彼が安売りしていたとはいえ、それらを「ライトノベル」と思って購入したのかはよく解らない。恐らく、イラストがアニメ絵とか漫画の小説ならばライトノベルであるという基準で選んだのではないかと考えられるが、そのあたりを聞くことを忘れていた。その時はただただ「ライトノベル=ホモ小説」という彼の認識を改めようとすることに専念してしまったのである。そしてにも関わらず、彼のその思い込みは変わらなかった。今もどうかは解らない。一昨年に会ってからそれっきりだからだ。
 しかし全てのライトノベルがBLであるという彼の認識は乱暴であるのだけど、果たしてライトノベルの中にBLが含まれることがないのかというとそうでもない。ライトノベル完全読本ではBLが特集されていたということもあるし、マリア様が見てるやキルゾーンなどが出ているコバルトにもBL系作品は存在する。少女小説をライトノベルに含んでおいて、同レーベルでのBLは除外するというのはダブルスタンダードもいいところだ。勿論、少女小説の中の特定の男子が見ても楽しめる作品がライトノベルであり、他はそうでもないのだとしたら、それはライトノベルというものが男性の視座においてのみ存在し得るということの傍証となる。
 ――のだが、そこらを突き詰めるとまた別の話になるので、ここではそれは触れるだけにする。
 ただ、少女小説とライトノベルの関係の難しさとを考える時に、決まって思い出すことが私にはあった。
 白泉社の花丸ノベルズである。
 この花丸ノベルズは、小説花丸という雑誌から始まっているのだけれど、1991年か1992年頃だったかに(調べたら1991年の11月発売だった。写真はここhttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Ink/2621/RKC/gallery/1991-11.htm )その創刊号を初めて書店で見かけてぱらぱらとめくった時は、思わずのげぞったものだ。
 そこには。

「イラストに負けない小説」

 と書いてあったのである。
 イラストの重要性については今では言うまでもない。当時でも誰だって知っていた。すでに富士見ファンタジアやコバルト、スニーカーが多くの作品を出版していた時期である。漫画絵のイラストがノベルスや文庫に導入され出したのは、久美沙織の「創世記」によると「丘の上のミッキー」が最初で1983年のことであるというが、アニメ・漫画系イラストが大きな特徴であるというのならば角川ノベルズの「宇宙皇子」とかソノラマの「吸血鬼ハンターD」とかの方がより顕著かも知れない。いずれこの時期にアニメ・漫画系イラストのジュニア小説(?)というのが出だしたのは、アニメブームの時代であったことからも必然的な事象であったと思われる。
 花丸が、そうした最初にアニメ絵・漫画絵が導入されだした頃からだいたい十年後に創刊されたということも(この頃は増刊だったと思うのだけれど)、それが一過性のブームではなくて、小説にはなくてはならないものとして定着しきったことを表わしていたのかもしれない(実際に二号目の読者投稿コーナーでは、表紙の星野架名のイラストにつられて買ったというような投書が幾つもあったと思う)。
 にしても、挑発的な言葉である。
 創刊号は手元にはないのだが、記憶では氷室冴子と夢枕獏の二人の対談のテーマであったように思う。この二人が出ているという時点で、花丸は今とは全然違うものを目指しているのは確かだった。
 ラインナップはさすがに思い出せないものも多いが、当時は宇宙一の無責任男シリーズで快調だった(失速していた時期かも)吉岡平が「婦警さんはスーパーギャル」なんてのものを書いてたし(白泉社ノベルズで出ているので厳密には花丸とは違う扱いになってるらしい)、他にも冒険だったりファンタジーだったり男女のちょっと変わった恋愛ものだったり。さまざまな作品が寄り集まっていた。
 イラストに負けない小説――というのは、どうにもこの雑誌の編集をしていたH田氏という人が提唱していた風である。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事