ここから本文です
いい釣夢気分!
自称 原人バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師のブログです

書庫全体表示

イメージ 1


人間の手によって多くの自然が失われた丹沢山塊

関東大震災で起きた山津波で在来種全滅、森林伐採によってハゲ山と化した

などという過去は、あくまで残っている記述によるもの

丹沢にはイワナは居なかったという話もある

林道に面してない源流を渡り歩く私にとって

記述は記述という認識でしかない

さて丹沢源流イワナの話はさておいて、今回はヤマメの話

丹沢在来種ヤマメのDNAが残る沢は数少ない

丹沢在来種系のヤマメのパーマークには特徴がある

そんなヤマメは残るDNAの沢でさえ、滅多に見れない

突然変異による固体ではなく、常に生息しているのは貴重である

今回は、仕事疲れ&寝坊により目的の沢に入れず

仕方なく危険で魚影が少ない沢に入ることになった

ちなみに諦めた沢の駐車スペースにはツケさんの車があったので

悪戯をしてあげました・・・・笑


イメージ 2


崩落している箇所が多く、釣り人を拒む

長年通い続ける者にとっては、十分気をつければ平気ではあるが

なんせ魚影が少ない、かつては大きなイワナもいた

そして源流尺ヤマメの実績ですらあった

ただ釣れるヤマメは丹沢在来種と言われる固体に近い

一時期より水量は回復していたので、期待はしていたが

現れたくれたのは在来種に近いヤマメの姿であった


イメージ 3


パーマークに特徴があるのは、わかるだろうか・・・・

小さなポイントから、ハンドメイドルアーレコンキスタにヒットした

短い距離を有効的にアクションからヒットまで

レコンキスタだからこそと思えた


イメージ 4


若干の婚姻色も現れて、秋の到来を感じずにいられない

なんとも不思議な固体のヤマメを眺めながら

釣れない沢とはいえ、在来種系という浪漫溢れる沢に魅力を感じる

残念ながら、この一匹のヤマメでイワナのエリアに入っていた


イメージ 5



渇水する時期には、必ず現れる伏流エリア

ゴーロを歩きながら、流れが現れるのを待った

8月の長雨の影響からか、伏流エリアは以前より短かった

想像よりも早く、流れが徐々に姿を見せてくれて安心した


イメージ 6


釣り人の足跡は、少ないのだが警戒心は高い

数回もチェイスしてくれないのだ

数少ないチャンスをものにするのは至難の業だ

普段の源流域では、今回ほどシビアに立ち位置を気にしないのだが

今回は大岩の影からバックハンドキャストしたり

膝を突いてキャストしたりと試行錯誤した


イメージ 7


最近、復活させたtakiミノーにてヒットした

細身のボディから放たれる派手なアクション

引き抵抗の強さから短い距離でもアピールが可能となる

小型のイワナのチェイスは多かったが

ようやく、現れたイワナであった・・・・


イメージ 8


ちょっとした滝でも、高巻きを強いられる

しかし高巻きと言っても崩落した崖を木々や岩を頼りによじ登る

トラバースする際は、ソールをエッジを立てて滑りを軽減させる

苔が多く、負荷をかけると滑りやすいので

三点ポジションを保つことが重要となった


イメージ 9


上流に行くに連れて魚影は影を潜める

これほどに綺麗な釜でさえ生命反応がなかったが

小さなポイントから良型のイワナがヒットした

しかし、インスタネットが壊れてしまい開かずバラしてしまう・・・・

濡れない様に、へつりを堪能しながら小滝を越えていく

イメージ 10


そして、この沢の最大の見せ場20mの滝が現れた

もう少し水量があれば迫力ある滝なのだが

前回、訪れた時よりはマシな感じでよかった

大滝の周辺の釜には魚影がなく終了となった・・・・


イメージ 11



たとえ釣果に恵まれなくも、楽しみは他にもあるぜ

チューハイ&カップラーメン

沢の水で若干冷えたチューハイを一気に飲み干す

湯を沸かし、カップラーメンに注ぐ

そして一気に完食するのが、俺のスタイル

実は、敵に背中を見せる時間を長く作りたくないと言う理由なのだがwww

っと言いながら、気持ちよくなり岩の上で寝そべっていた

ツケさん釣れたかな〜っと思い出した

真夏と違い、滝の風圧で体が冷え切ってしまった

道具とランチセットを片付けて沢を降りることにした


イメージ 12


こんなザレ場をトラバースするのだが、テンポよく渡るのがコツだ

早くわたらないと滑り出す為である

そして無事に駐車スペースまで降りることが出来た


イメージ 13



いつの日か、丹沢在来種系の特徴的なヤマメが

丹沢水系全体で見られるようになって欲しいと願う

かつてのように下流部では、銀化した遡上系が現れて欲しい

私のような凡人では、どうすることも出来ないが

微力ながら力添えが出来ればと思います















広告






この記事に

  • 顔アイコン

    丹沢在来種系のヤマメが細々ながら生き残っていると聞き、少し安堵しました。厳しい環境下よくぞ生き残っていてくれました。
    「何時の日か丹沢水系全体で見られるようになってほしい」という、源流域をフィールドにする相模さんなればこその見識、生態系を維持するのは、人間の努力、覚悟も必要です。

    sagami_wan

    2017/9/8(金) 午前 8:48

    返信する
  • イワナ、ヤマメに問わずこういう在来種系をみると、困難な状況でも生き残ってきた姿に感動します。

    ゲルニカ

    2017/9/8(金) 午前 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    このパーマーク 在来種なんですね。。
    どっかで釣ったことあるような?気がします
    在来種残ってほしいものです

    [ today_drifter ]

    2017/9/8(金) 午後 0:44

    返信する
  • いわゆる「地」ヤマメというやつですね。背中の斑点とパーマークの大きさが全然違うんですね。

    神奈川の渓魚も自然の変化に負けないように生き残っていてほしいものです。

    [ ハマサキデンスケ ]

    2017/9/8(金) 午後 1:55

    返信する
  • 世附は林道工事が開始され凄い色になってますし魚も少ないです。しかたないんでしょうが回復まで時間必要になります!在来種は釣った記憶ないです🤣

    [ 丹沢極釣会 ]

    2017/9/8(金) 午後 2:53

    返信する
  • お先に失礼しました〜
    本流から支流へと入りましたが
    チェイスすらまともに無い状態でした。
    先行者は支流ではいなかったんで腕かな(泣)

    帰りに車を見付けたけどペンが無かったんでイタズラ返しが出来ませんでした(笑)

    [ ツケ ]

    2017/9/8(金) 午後 6:44

    返信する
  • アバター

    > sagami_wanさん
    かすかに残るDNAによって突然変異で生まれる
    在来種系固体ではなく、常に生息する個体である以上
    貴重な存在です。
    仲間とも放流だけが残された道でなく、変わり果てた
    丹沢水系で如何に繁殖しやすい環境を作るかも大事だと
    思っています。

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:31

    返信する
  • アバター

    > ゲルニカさん
    信州方面へ幾度と無く遠征した身分としては
    丹沢の状況の厳しさを痛感します。
    増やすと言う状況でなく残すと言う切ない状況まで
    追い込まれている気がします。

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:32

    返信する
  • アバター

    > today_drifterさん
    かすかなDNAでも、在来種系の固体が現れるようです
    ただ常時生息するエリアは限られています。
    産卵場所だけでも整備できると良いと思っています。

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:34

    返信する
  • アバター

    > ハマサキデンスケさん
    丹沢の場合アマゴ境界線でもあるので色々な説が
    ありますが、こういう固体は他では珍しいようです。
    人間の手によって変えられてしまう以上、難しい
    課題に直面してきますよね。

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:36

    返信する
  • アバター

    > 丹沢極釣会さん
    10年くらい前の世附も玄倉も素晴しかったですよ
    堰堤が多い西丹沢は砂地だらけになってしまう
    悲しい現状が根源でしょうね〜

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:37

    返信する
  • アバター

    > ツケさん
    だって土曜日に湘南鱒釣師が釣りしたらしいもんwww
    そりゃ釣れるわけないでしょwww
    でもねそこで釣るのが腕の見せどころよ〜

    今週来週乗り切れば楽になるぜ〜

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 7:39

    返信する
  • 根こそぎやられましたね(笑)
    道理で蜘蛛の巣が無いと…。
    土曜の明け方は誰も居なかったって聞いたから
    ルンルンで向かったのに〜(泣)

    [ ツケ ]

    2017/9/8(金) 午後 9:01

    返信する
  • アバター

    > ツケさん
    それでも釣れるのがエキスパートだよ
    車中泊で挑みなさい(笑)

    相模の釣師

    2017/9/8(金) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    婚姻色のでた良いヤマメですね。
    私が知らないで釣ったらハイブリッドかと思いますよ。
    丹沢在来種ヤマメ素晴らしいです。

    ガッチャン

    2017/9/8(金) 午後 11:33

    返信する
  • このヤマメの遺伝子は是非とも残したいですね!
    魚道もそうですが、魚を守れるのも人間。
    自然を壊すのも人間・・・

    [ 右脳派釣師 ]

    2017/9/8(金) 午後 11:54

    返信する
  • アバター

    > ガッチャンさん
    これからの季節、婚姻色が濃くなっていくと思います
    魅力でもありますが、渓流釣りの終わりを告げる
    感じもして寂しい気持ちになりますね。

    相模の釣師

    2017/9/9(土) 午前 7:15

    返信する
  • アバター

    > 右脳派釣師さん
    何か学ぶ機会があれば積極的に参加したいし
    丹沢でなにができるか模索したいと考えています

    相模の釣師

    2017/9/9(土) 午前 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    初めまして毎回記事を楽しみにしています
    素晴しいヤマメですね。 削除

    [ レイン ]

    2017/9/10(日) 午前 7:50

    返信する
  • アバター

    > レインさん
    初めましてコメントありがとうございます
    これからも綺麗なヤマメ探してみたいと思います。

    相模の釣師

    2017/9/10(日) 午前 8:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事