ここから本文です
いい釣夢気分!
丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

書庫全体表示

丹沢水系河川調査〜秋

イメージ 1


禁漁期間に入り、すっかり丹沢水系も秋となりました

夏明けから、丹沢水系生物調査にも相変わらず参加しておりました

毎回、学ぶことが多い調査ではありますが

本当に自然が好きかどうか試される御手伝いともいえます

楽しいだけじゃなく大変な部分も多いからです

でも私の場合、あっという間に終わってしまう感じですけどね

全ての作業に夢中になれるので時間なんてあっという間なんです


調査期間 9月〜11月


9月某日、相模川水系の生物調査へ

今回は、山ビルが多いエリアとなり山ビルとの戦いとなりました


イメージ 2


こんなカッコいいヤマメが捕獲できたりと、盛り上がる瞬間もあり

Kさんなどと大声を上げたりして感動いたしました

こういうのって、釣れないだけで居るんだなと

感心してしまいました


イメージ 3



普通の流れの中から、ハコネサンショウウオ

可愛いサンショウウオに癒されたりして調査を遂行します

ほとんどの採取した生物は、食性や体長などを調べるという

地味ではあるが、とても重要な調査を繰り返し行います


イメージ 4


これもまた、釣ってみたいヤマメが登場

魚類調査班一同で歓声をあげたりします

特に盛り上がるのは、私とKさんですけどねwww

それにしても秋支度をしたヤマメは精悍です


イメージ 5


私も真剣な表情で、採取したヤマメ他を調べます

採取したヤマメは30匹を越える日もありました

何気に個体数は居るもんだと感心する日もありました

食性などを調べ、当然色々なものが胃内容物として出てきます

ハリガネムシの影響でバッタ類(カマドウマ)が多かったり

虫が多かったりと、固体差なんかもあって感心するばかりでした


イメージ 6


採取した丹沢のヤマメを丁寧に撮影

体長、尾差長など計測したりDNA検査用の液体を用いたりと

詳しくは書かないけど、本格的な調査が行われ専門機関へ持ち込みます


イメージ 7



お楽しみでもあるランチタイム

ここ最近は、カレーメシシリーズに再度はまってましたね

マグカップには、ミニチキンラーメン♪

この日は、山ビルが沢山居てランチする場所がなく

川の中に立ってランチしました

川の中が一番安全なんですよwww


そして某日、研究専門機関のSさんから連絡が入り

急遽、丹沢水系某所へ

私は午前中仕事があったので、午後からの参加となりました

午前中は前回、固有種ヤマメが生息する水系に産卵床造成した場所に

産卵床と産卵状況の様子を見に行き、台風明けでも

意外と大丈夫だったと聞き一安心

そして私の念願だった某食堂で合流しランチをして

いざ他の水系に向かいました


イメージ 8



この流れにも過去には多くの固有種ヤマメが生息していたそうです

11月と言うこともあり、手際よく参加者で採取します

大きくても手のひらサイズのヤマメが主体で

異常なほど稚魚が多かったのと、カジカも多かったです

下流域には、アブラッパヤも沢山採取できました


イメージ 9


上流部まで来ると特徴ある固体が多くなりました

アマゴ、ヤマメの生息境界にあるからなのかもしれないが

この水系の在来種系のヤマメだとのこと

朱点バンドが特徴的でした

日没ギリギリまで調査は続き、リリースはちゃんと採取したエリアまで

戻るので、日没が迫り大慌てでリリースしました


イメージ 10


すっかりと陽が暮れた丹沢水系とお別れしました

昨年からKさんと共に参加している調査で数多くのことを学びました

そして丹沢水系にサクラマスを。。。。に繋がった要因とも思えます

色々な方や機関の方と繋がったことで知識も増えたし

協力もお願いできるようになったと思います

ここで学んだことを必ずや活かして行きたいし

素人でも熱い気持ちがあれば、必ず出来ると思っています

数年前から行っている詰まった魚道開通でも、冷ややかな意見から始まり

失敗を繰り返しても屈せず、成功した事も自信になったと思います

その時の熱い気持ちを忘れずに、丹沢サクラマスに繋いで行きたいです

資金集めの道筋が出来たし、今度は本格的に動き出す準備もして

来季は、専門分野の方々の意見をもらいサクラマスに関する

現地調査をやろうと思っています


















広告















この記事に

  • 顔アイコン

    いやあ、こんなにかっこいい山女魚いるんですね。
    「釣れないけど・・・」って、調査の時はどうやって捕獲するのですか?

    それにしても9月でもまだ山ビルがいるんですね。
    川の中で食事とは勉強になりました!

    山中湖のドーム船でのワカサギ釣り結構爆釣ですか、
    自作の電動リールと竹穂先の成果ですね〜

    [ bob*ccs ]

    2017/10/31(火) 午前 11:51

    返信する
  • 顔アイコン

    生物調査などは大学の研究室がおこないそうですが・・・
    相模の釣師さんも釣り師の枠を越えて研究者の領域へ入った様ですね。
    丹沢のサクラマスを増やす活動に繋げてください(^^)/

    ガッチャン

    2017/10/31(火) 午後 2:15

    返信する
  • 蛭地獄の中お疲れ様てした
    魚だけではなく、水辺に住む生物の調査。ひいてはどのようにしていったら彼等が生き残り、増えていくか…このような調査はとても大切だと思います。ありがとうございました。

    このような調査には僕ごときは参加できませんが、来年もしやられるのでしたら、魚道清掃お手伝いさせてください。

    [ 花屋のいちろー ]

    2017/10/31(火) 午後 8:18

    返信する
  • 産卵床が大丈夫そうという事で良かったです!
    鳥対策になればと、卵から孵った頃オフにも少し渓流を歩いて見ます。

    [ 右脳派釣師 ]

    2017/10/31(火) 午後 10:42

    返信する
  • アバター

    > bob*ccsさん
    調査では主に網を使って採取することが多いですよ
    細かい詳細は言えませんが・・・・

    山ビルは10月一杯くらいは普通に出ますよ
    冷え込むと消えますけどね

    今回いったのは山中湖じゃなく河口湖ですが
    自作での釣果は製作モチベーションになります。

    相模の釣師

    2017/11/1(水) 午後 7:02

    返信する
  • アバター

    > ガッチャンさん
    私は、あくまでお手伝いなので研究したりはないです
    しかし膨大な知識を持つ方々が多いので色々な知識を
    教えていただくことが楽しみでもあります。
    必ずや、この経験と人との繋がりをいかして行こうと思います。

    相模の釣師

    2017/11/1(水) 午後 7:06

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    物凄い地道な作業を時間をかけて調査をし
    データを取ることが一番重要です。
    そのデータで色々な事案も動かすきっかけにもなります

    魚道の事は了解しました。おそらくGW前後に
    やるつもりでいます。

    相模の釣師

    2017/11/1(水) 午後 7:08

    返信する
  • アバター

    > 右脳派釣師さん
    先日の台風前の事なんで、今はどうなっているか
    心配であります。
    きっと東丹沢の魚道も詰まっている気がします。

    相模の釣師

    2017/11/1(水) 午後 7:10

    返信する
  • > 相模の釣師さん
    僕も大学の頃植物の分布調査のお手伝いとかやったことあるので、少しはわかるつもりです(汗)
    でも、植物は動きまわらないので、その分動物の調査は大変ですよね。

    ありがとうございます。了解しました。GW辺りですね。

    [ 花屋のいちろー ]

    2017/11/2(木) 午後 5:02

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    なるほど恐れ入りました
    植物の調査も面白そうですね、昆虫との
    関連も多い分野だし。
    丹沢の植物は鹿が食べない紫蘇や山椒ばかり目立ちますね。

    相模の釣師

    2017/11/2(木) 午後 7:06

    返信する
  • 体に赤い帯が入っているヤマメが在来種なんですね。

    秋ヤマメはかっこいいです。5枚目の画像のヤマメは大きいですね。あんなの一度釣ってみたいです。

    [ ハマサキデンスケ ]

    2017/11/3(金) 午後 7:36

    返信する
  • アバター

    > ハマサキデンスケさん
    あくまで在来種系ということになります

    どこの川にも居るそうなんですがね〜これがまた
    口を使ってくれないんですよね〜

    相模の釣師

    2017/11/4(土) 午前 7:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事