ここから本文です
いい釣夢気分!
自称 原人バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師のブログです

書庫全体表示

イメージ 1



すご〜く、お久し振りに毎度お馴染みの仕立て船に乗ってきた

今回は贅沢にも仲間の凪さん&相模っちの2名だけだ

お馴染みの仕立て専門あまさけや丸さん

凪さんは、コマセ真鯛からのアマダイ

私はナンと一つテンヤ&ライトアマダイを目論んだ

そういえば前回も城ヶ島沖で一つテンヤで結果を出そうと

奮闘したもののイナダばかりで撃沈した

今度こそはと意気込んだのだが結果は如何に・・・・


イメージ 2


今回の船長は、昔からお世話になっている船長でした

三浦半島で半農半漁をしているK船長だ

幻の三浦大根やキャベツなどの農業も兼用している方である

相模さんよ〜一つテンヤじゃ釣れね〜ぞと言われてしまう・・・

いやそこを何とか釣るんだぜと応戦www

けど三浦じゃ、やるんでもタイラバなんだぜ・・・ええっ???

早く教えてよ〜〜〜〜〜っと出航した


イメージ 3


ポイント到着まで、えびを特殊液体に浸して準備

ある程度海老が締まったらOK

まずは10号のタングステンてんや


ポイント到着して水深30mから開始

投入するが底がわかりにくい若干潮の流れが早いかも

底に着く瞬間にでる糸ふけを逃すまいと見つめる

2時間ほど頑張ったが、あたりすらなかったが

コマセの凪さんはイナダ&真鯛をゲットしていたが

なんとK船長も釣りをして真鯛をゲットしたのだ

なに〜〜〜〜〜ちきしょ〜〜〜〜


イメージ 4


ポイント移動して水深100m前後になった

事前に100m前後に移動するけど大丈夫か聞かれていたので

驚くことも無かった、なぜなら禁断の25号という

ヘビーウェイトを持っているからだ

通常なら3号〜10号が定番だが、万が一を考えて

15号〜25号まで揃えていたのだwww

しかし・・・釣ることは適わなかったはずだった

なんとポイント移動最後の流しでヒット!!!!

水深100mから手巻きのファイトが始まった

鳴響くドラグ音・・・・・負けじと巻き続ける俺

二の腕に乳酸が溜まり限界を感じ始めたとき・・・海面に姿を現したのは

1m級のサメだった(ホシザメ)・・・

船中溜息・・・・

相模さん、アマダイにしようかっとなった


イメージ 5


アマダイポイントに移動し、凪さんは80号

私はライトタックルで50号のライトアマダイだ

ライトタックルでガンガン攻めるぜ!

しかしガンガン釣れるのは・・・外道のオンパレード

心が折れそうになってきた


イメージ 6


赤い魚が・・・・っと思ったらアマダイでなく良型レンコダイwww

塩焼きにするのが好きなのでキープ

その後も、トラキスやら外道が続く


イメージ 7


おっと高級外道のオニカサゴだ

良型なのでキープしていくのだが背びれには毒があるので注意

なかなか本命が現れないのだが、なぜかK船長は本命アマダイげっと

なぜにK船長ばかり本命が釣れるの???

優しい船長は、私に真鯛&アマダイをプレゼントしてくれた

そして最後の流しの時だった・・・

背後にいる凪さんの竿がしなっている

しかもかなり大物だ・・・羨ましい

そして姿を見せたのは・・・・・・・・


イメージ 8


キロオーバーの巨大アマダイだ!

これだけのアマダイが出るのは三浦半島界隈の海だからか

おめでとう凪さん、最後に釣るとはねwww

結局私は外道のみでした(泣)

なんとか一つテンヤを神奈川の海で開拓したかったな

コマセに着くので仕方ないのだけど可能性を信じたかったな

外房と違い真鯛の食性もちがうのかな

のっこみシーズンはコマセに絞って、来秋はタイラバにしようかな

帰港すると・・・見たことのある男が待っている

まーぼーが手を振っていたのだった

4年ぶりの再会だろうか、我々が来ているのを知り駆けつけてくれたのだった

久し振りの再開を果たし、アオリイカの話題で盛り上がったのであった


帰りに、さらにK船長から幻の大根まで頂きました

ありがとうK船長




イメージ 9


オニカサゴの薄造り

なんとも高級魚らしい繊細な味わいでした


イメージ 10


真鯛といえば、炙りでしょう〜

脂の乗りは時期的にイマイチでしたが美味しかったですよ〜


イメージ 11


アマダイは、からあげ甘酢あんかけにしました

酒蒸しも好きですが、今回は甘酢あんかけにしてみました

ちなみにレンコ鯛も、甘酢あんかけにしましたよ〜


イメージ 12



真鯛の粗汁

真鯛の出汁がたっぷりきいて美味しかったですよ〜


イメージ 13



真鯛の出汁茶漬け♪

結果的に、これが一番すきなんですwww



イメージ 14


真鯛と幻の三浦大根を使った鍋

これも最高に美味しいです

真鯛の出汁が幻の大根に染みこんで最高ですよ〜


イメージ 15


幻の大根最強の食べ方 鶏大根

相変わらずの旨さでした〜


とろっした大根がマジで旨いですよ〜




イメージ 16












広告





イメージ 17





イメージ 18



この記事に

  • お疲れ様でした。次回はタイラバやりますか?

    大根旨いですね!大根おろししらす和え、鍋で、煮物で美味しく頂きました。

    久しぶりのマーボ君とのヤエン談議楽しかった!
    合宿思い出します。

    [ ]

    2018/2/5(月) 午後 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    本命は残念でしたが美味しい肴が沢山で良かったじゃないですか。
    同じ船でコマセられるとテンヤは厳しいですね・・・
    確か大原はコマセ禁止なのでテンヤ勝負ですよ(^^)/

    ガッチャン

    2018/2/6(火) 午後 5:03

    返信する
  • アバター

    > 凪さん
    お疲れ様〜でした
    タイラバで釣れればよいですけどね〜不安です

    加熱すると美味しい大根なんですよ船長の大根

    やりましたね〜合宿www

    とにかく眠かった記憶が一番ですwww

    相模の釣師

    2018/2/6(火) 午後 6:25

    返信する
  • アバター

    > ガッチャンさん
    結果が散々だったので相性の良い外房で
    思いっきり一つテンヤやりたい気分です。
    大原の一つテンヤも悪くないですね〜やってみたいですよ〜♪

    相模の釣師

    2018/2/6(火) 午後 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    テンヤは面白い釣り方ですね。鯛ラバよりシャクリの妙味があります。
    しかしコマセとの勝負はきつすぎます。潮汁は旨い魚ほど脂がのっておいしいですね。この潮汁茶漬けはぜいたく品です。

    sagami_wan

    2018/2/6(火) 午後 6:37

    返信する
  • アバター

    > sagami_wanさん
    真鯛も選ぶならコマセに行ってしまうかも知れないですね
    また機会を作って挑戦してみますね。
    しかしながら船長の計らいで、真鯛もアマダイも大根も
    頂いちゃって嬉しかったです。

    相模の釣師

    2018/2/6(火) 午後 7:05

    返信する
  • 真鯛は残念でしたね
    コマセと一緒だとキツイものなのですね。素人目線だと、コマセに寄ってきた魚をテンヤでみたいな感じで、コマセを上手く利用出来そうな気もするのですが、そぅ上手くいかないもんなのですね

    [ 花屋のいちろー ]

    2018/2/7(水) 午前 10:11

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    きついと知ってはいましたが、何とかなるでしょ?って
    思って頑張りましたが甘かったようです。
    東京近郊の真鯛船はコマセになるんで真鯛もコマセに
    着いてしまうんですよね。次回は外房で頑張ります。

    相模の釣師

    2018/2/7(水) 午後 4:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事