ここから本文です
いい釣夢気分!
丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

書庫全体表示

イメージ 1


相模ちゃん、今度試験場内の生態調査やるから来てね〜

っと誘われて、一体どんな事をやるのか楽しみにしていた

普段の調査等のお手伝いは、山や池が多かったので

試験場内の生態調査にはピンと来なかった

当日、ウェーダーを履くように指示されて池に向かう

この池は流れがあって、ミニチュアサイズの上流から下流までを再現した

川の模型のようである

初めて訪れたときに、Kさんと面接を受けたときに

案内された池だったので記憶している


イメージ 2


今回は初々しい大学生なども参加して、和気藹々とスタート

池の中に沈められている、手作りの間伐材を使った漁礁を調べる

やり方は、NPO代表を努められている方や主任が先頭になって

教えてくれるので、作業はスムーズに進んだ


イメージ 3



間伐材漁礁の中には、多くの生き物が生息していた

ヌカエビ、ギバチ、アブラハヤ、ミヤコタナゴ、カワニナ

モツゴ、アメリカザリガニ、ヤゴ類

生息してないはずのアメザリは近くの田んぼから

道路を使って進入してしまうそうだ


イメージ 4



このボートで釣りがしてみたいな〜っと思ってしまったwww

しかしながら専門機関が製作した池だけあって

多くの生き物が生息する流れとなっていて感心した


イメージ 5


Sさんが大好きなギバチ〜♪

神奈川県の各地に生息していただろう生き物は

試験場内の川に生息し続けている

こうした努力が実を結び、良い方向へと向かって欲しいと願うばかりだ


イメージ 6


ペアを組んで、生物別に分別作業に入る

これが一苦労で、目に見える魚やカワニナなどは良いが

なんだか良くわからない生物も多数捕獲している

しかし私とペアを組んだ、NPO代表を務めるIさんは

私には訳がわからない数ミリの生き物まで分別するのだ

マジか???っと思うほどに感心した

生物というのは果てしなく奥が深いものだと感じました


イメージ 7


今回は試験場内なので給湯室のお湯を頂きランチwww

肉体的な疲労よりも、小さな生き物を取り出す作業などで

目が疲れた気がしました


イメージ 8


午後からは、魚から小さな生き物まで固体別に計測する

これは更に一苦労である

初々しい大学生とコンビを組んで始めたのだが

生き物を上手く触れない学生が初々しいwww

知識は私の百倍はあるはずなのだけどね(笑)

微笑ましい姿を見ながら地道な作業は夕方まで続いた

最後は調査した生物のデータ入力作業

PCに全部入力するのだが、私が知らない作業がそこにはあった

なんて地道な作業の連続なんだろうかと感心するばかりだった




















広告





イメージ 10


イメージ 11




この記事に

  • お疲れさまです、地道な作業ですね。
    どうしても行政と言うと堰堤や護岸工事などのイメージがついてしまう自分ですが
    このような自然や生き物を守ろうという機関や調査があるのは素晴らしいですね😊。

    [ 右脳派釣師 ]

    2018/3/4(日) 午前 9:25

    返信する
  • アバター

    > 右脳派釣師さん
    良い方向に向かうためにも地道な作業で規制事実を
    積み重ねていくことが一歩また一歩となります。
    即、利益を生まないものってこういった事から
    始めないといけないようですよ。

    相模の釣師

    2018/3/5(月) 午前 7:53

    返信する
  • 今回も調査お疲れ様です
    数ミリ単位の生き物の分別や計測、聞くだけで大変なのが想像できますね。実際は想像以上に大変だったとおもいます
    細かい物を見るのは段々辛い歳になってきますよね(笑)

    [ 花屋のいちろー ]

    2018/3/5(月) 午前 8:16

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    専門家の知識や目線には驚愕でしたよ
    試験場での計測は初めてだったので感動でした
    とにかく凄いとしか言いようがありません

    相模の釣師

    2018/3/5(月) 午前 9:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事