ここから本文です
いい釣夢気分!
丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

書庫全体表示

丹沢小渓流の妖精

イメージ 1




丹沢水系と一言で言っても、とにかく広い

相模川水系、酒匂川水系など合わせれば相当な広さである

人気河川のヤマメも素晴しいが、どこにでもある集落を流れる川

簡単に言えば、田舎の集落を流れてる三面護岸って

上流へ遡ると、ちゃんとした小渓流だったりする

そんな誰も見向きもしないであろう小渓流には稀に妖精が生息する

漁協の放流も無く、数年に一度だけ雄志が放流するという

何十年と丹沢水系で釣りしていると、そんな稀な小渓流と出会うことがある

過去には修行と称して通った時期もある

源流の練習には最高なシチュレーション

狭い流れ、キャストに不自由な空間、警戒心の強いヤマメたち

それを如何にして攻略するか、長居年月をかけて攻略してきた

そんな小渓流へ、久し振りに行ってみることにした


イメージ 2


木々が追い被さる小渓流では、源流域と同じく

バックハンドかサイドハンドキャストを多用する

水深は浅く、ルアーのコントロールさえままならない

ルアーの移動距離を抑えつつ有効なのはシェイキング

斜め上に向かってテンションがかかるのでレンジをキープしながら

移動距離も同時に押さえたアクションが有効なことが多い

そして画像のポイントの場合、手前が浅く奥の深場は小さい

そうなると確実にルアーに反応したヤマメは浅瀬まで追ってくる

水辺ギリギリに立ってキャストしたくなるのが普通なのだが

そうするとヤマメは釣り人を察知して二度と出てこないだろう

離隔を確保するか身を隠すなどしてキャストする

そこでチョイスしたのが、飛距離を稼ぐのに十分なルアーあなミノー

イメージ 3


手前の浅瀬まで追ってきたヤマメは、

あわび張りの新作あなミノーにヒットした

イメージ 4


一風変わったパーマークが愛嬌たっぷり

近親交配を繰り返した証拠だろうか・・・・

どちらにせよ個性豊かなネイティブ固体に満足できた

狭いエリアではランディングのイメージ、チェイスのイメージなど

いろいろな考察をすることで、キャストからの一連の流れを

想定してポイントに近づくことで失敗を最小限にしている


イメージ 5


小渓流とは言え仮想源流をイメージしながら釣り上がる

画像のポイントでも同じく、距離を置いてのキャスト

今度はzanmai ソリストMD2

ヘビーウェイトでありながら大きなリップの特性を生かし

縦のアクションを入れつつ引いてくるとガツンとヒットした


イメージ 6


小渓流では大物と言っても良い位の26cmのヤマメ

朱点がちらほらあるのは、在来種のDNAが混ざっているかのようだ

そしてZANMAIブログでも紹介されたが

丹沢ヤマメで黒点が通常よりも多いマダラ模様なのは珍しい


イメージ 7



山梨県のヤマメなどはマダラのように黒点が多い固体を見かける

丹沢では珍しいだけに貴重な小渓流なのかもしれない

ヤマメだけに、サイズだけに一喜一憂することなく

個性溢れる固体に感動できるような思考で楽しんで行きたいと思う



今回のタックル
ロッド スミス マジカルトラウト5ft(テレスコ)
リール ダイワ カルディア1500
ライン PE0.3 リーダー3ポンド
ヒットルアー あなミノーあわびヤマメ、ZANMAIソリスト50MDⅡ



イメージ 8



次回、遂に明かされる丹沢源流ルアー初陣にて驚愕の事実・・・・

ご期待ください






イメージ 9























広告



イメージ 10








この記事に

  • 小渓流いい魚いますね〜🤗
    なおさらテクニカルな釣りになるでしょうから
    キャスは普段から正確にしておく様に身につけたいもんです🤣

    [ 丹沢極釣会 ]

    2018/4/12(木) 午後 6:07

    返信する
  • 丹沢水系、いろんな顔をもった面白い渓ですね。
    ヤマメも個性的です。

    ゲルニカ

    2018/4/12(木) 午後 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    写真のような浅瀬は、瀬尻に立ち込み、淵だけを狙ってしまいますが、すぐに釣り人は感づかれますね。気を付けたいです。
    その上、キャスティング能力が問われます。
    浅瀬に出始める季節にテンカラ釣りに行こうと計画中です。勉強になります。

    sagami_wan

    2018/4/12(木) 午後 7:00

    返信する
  • 顔アイコン

    里川の小渓流にもイワナとヤマメがいますね。
    川を移動すると魚体の模様の違いに気付くことがあります。
    私は精度の高いキャスティングは出来ないので小渓流には入りませんが(^^ゞ

    ガッチャン

    2018/4/13(金) 午前 6:55

    返信する
  • アバター

    > 丹沢極釣会さん
    キャストの重要性は大物を捕らえるのに最も必用だと
    思うことが頻繁にあります。
    大物は警戒心も強いのでミスが千載一遇のチャンスを
    無駄にしてしまいます。

    相模の釣師

    2018/4/13(金) 午前 7:21

    返信する
  • アバター

    > ゲルニカさん
    規模は違いますが山を隔てているので南ア、中アみたいに魚の固体差が現れているような気がします。

    相模の釣師

    2018/4/13(金) 午前 7:23

    返信する
  • アバター

    > sagami_wanさん
    虫も多くなり、朝夕のライズなどにはフライマンも
    出没している姿を見かけます。
    夏と違い山を吹き抜ける風は冷たく気持ちの良い
    時期でもあるので、山梨や長野県のグルメや温泉を
    楽しみつつ釣りも堪能できる良い時期だと思います。

    相模の釣師

    2018/4/13(金) 午前 7:25

    返信する
  • アバター

    > ガッチャンさん
    特殊な放流個体が多い丹沢では余計に固体差が
    目に付きます、またその固体差を楽しんでいます。
    小さな渓流や源流などはキャストが釣果を左右すると
    行っても過言じゃないと思います。

    相模の釣師

    2018/4/13(金) 午前 7:27

    返信する
  • 顔アイコン

    きれいな山女魚だ〜!
    最後の山女魚は確かに黒点がめっちゃ多いなあ。
    もしや最近の山女魚は食物アレルギ−があるのかもね?

    [ aid***** ]

    2018/4/13(金) 午後 11:48

    返信する
  • こんにちは✨😃❗
    ワイルドな感じの綺麗なヤマメですね
    文をよんでいて、ふとこんな言葉がうかんできました。

    「忘れ去られた川」

    そんな川にもしっかりと生き残っている魚達がいるのですね

    [ 花屋のいちろー ]

    2018/4/14(土) 午後 5:40

    返信する
  • アバター

    > aid*****さん
    近親交配という話がありますよ
    でもネイティブのヤマメって黒点が多いですね
    綺麗なヤマメに限りますね〜

    相模の釣師

    2018/4/14(土) 午後 6:35

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    地元の有志たちが、数年に一度放流しているとかって
    話ですよ。
    それなりに繁殖しているようなので安心しています。

    相模の釣師

    2018/4/14(土) 午後 6:37

    返信する
  • 黒ぶちのヤマメは確かに珍しいですね〜。初めて見ました。

    [ ハマサキデンスケ ]

    2018/4/16(月) 午後 8:27

    返信する
  • アバター

    > ハマサキデンスケさん
    個体差が現れるのは渓魚特有のもの
    それを楽しんでいきたいですね。

    相模の釣師

    2018/4/17(火) 午前 4:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事