ここから本文です
いい釣夢気分!
丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

書庫全体表示

狩野川遡上鱒

イメージ 1


前夜になり、当初の予定だったニジマス川を断念して

エギングしてた海釣り場からも近い狩野川へ予定変更

実に二年ぶりとなる狩野川サツキマス狙いになった

釣券を購入し、釣り場ではなく安全な道駅で車中泊した

3年前の友人のガイドで訪れた時は、開始早々に良型の銀化をキャッチし

翌年も簡単にキャッチできると思っていたが

3回通ってサツキマスの姿を見ることは適わなかった

今シーズンも機会があれば行こうと思っていたが

地元サクラマスに情熱を燃やしすぎて忘れていた


イメージ 2


話を巻き戻すが、出発の数日前にオールドリールたちをメンテナンス

荒川本流で破損したカーディナル44のラインローラーは

HATAKE WORKS製のものに交換して修理が出来た

ギヤなども洗浄してグリスアップしハンドルの感触も向上

ついでに、カーディナル33&ミッチェルもメンテナンスをしたのであった



いよいよ狩野川サツキマス狙いの当日は

急遽変更とは言え良い機会だと思い、早朝4時に目覚ましが鳴り起床した

何度も二度ねしそうになったが、冷たい水で顔を洗い

無理やりに目を覚まさせたのだった・・・・



車を買い替えて以前のポイントのナビデータを移行しておらず

記憶を辿り、やってきたのは鉄板ポイントである

念のため、狩野川を知り尽くした男

湘南鱒○師に連絡をもらい、午前中は徘徊できるくらいの

ポイントデータを送っていただけたのは心強い

淵を中心に狙い始めたが、反応はなく

一昨年の時のような外道ラッシュも起らなかった

3年前は開始早々に仕留めたが今回は苦戦が予想された


イメージ 3



荒川本流で壊れたカーディナル44も復活させて挑むも

そう簡単には狙った獲物は姿を現さない

仲間からはポイントデータ意外にも攻めどころをアドバイスされていて

そんなことを思い浮かべながらインジェクションルアーをセットした

60mmのヒラウチ系のアクションを得意とするルアーで

早くて押しの強い流れに対して広範囲に攻める為に

アップからダウンクロスに入る瞬間・・・ロッドが曲がった!

おおお〜っと緊張が走った瞬間・・・根がかりだった(汗)

あの手この手で回収を試みたがあえなくロスト・・・

遠征時に多用する数少ないインジェクションを失い消極的になってしまう

HAM60〜70、あなミノー70、飯田氏プロトなど用いたが

ルアーロストの文字が頭をかすめて果敢に攻めきれない

そこでチョイスしたのは、ZANMAI ファット70タイプⅠ

潜らないシャロー設計となっているが、レイク専用ということもあり

押しの強い流れの瀬では、負荷をかけすぎてしまうと水面から飛び出してしまう

水面から飛び出さないようロッドワークで果敢に攻める

流心に差し掛かる寸前までラインスラッグを残した状態での

スラッグトゥイッチで攻め、流心に差し掛かかる時は

ファットが水面から飛び出さぬようトゥイッチをとめた

フローティングなだけにトゥイッチを止めても激しく動いている

感触が手元に伝わると同時に快心の一撃!

頼りないカーディナル44のドラグ音が鳴響き

縦横無尽に早い流れの中を走り回る魚体

相手との距離を縮める為に、徐々に下流側へと移動する

カーディナルのドラグを一段〆て勝負

流心から魚体を何とか動かして目に飛び込む魚体はアイツだと確信

心地よい緊張感を味わいながら、一進一退の攻防を味わった

カーディナルとは言えドラグ性能を最大限に生かすのは

フッキングした場所を緩くさせないためでもある

徐々に近づく銀色の魚体に言葉では言い表せない快感を感じた

幾度かのダッシュを交わして、キャッチに成功した


イメージ 4


キャッチしてすぐルアーを外すのは傷を最小限にする為

ようやくキャッチした遡上系を意味する銀色の魚体をみて

大きく深呼吸をしたのは、キャッチした安心感からだろう

3年前にキャッチした銀化に比べてもサイズは大きく

そして厳つい表情、さらに太っている


イメージ 5


サイズ 39cm 銀化アマゴ(サツキマス)

いとも簡単に釣れたと思われても仕方ないだろう

けどそれは、私に心強い味方の仲間の存在があるからで

アドバイスをくれた仲間には感謝しかない

40こそ越えることは適わなかったが、あれだけの攻防戦を

味わわせてくれた魚にサイズとかサツキとかどうでも良かった


イメージ 6


銀化 アマゴ(サツキマス)39cm

ロッド ZANMAI レヴェルトラウトMT6.8ft
リール ABUカーディナル44W(HATAKE改)
ヒットルアー ZANMAI ファット70タイプⅠ
ライン フロートPE0.6 リーダー1.75号

増水により近くに浅瀬が無く、陸地での撮影となってしまい

最小限の撮影となり、弱った体を回復させてからリリースした

流れに消えていく姿を見ながら、有難うと感謝した

緊張から開放されてポイント移動するものの

すでに満足していたせいか集中力が途切れてしまう


イメージ 7


自分の背丈よりも高い藪漕ぎでは、新緑のせいか気持ちよさを感じた

藪を掻き分けて、辿りつくポイントでは反応はない

川幅の広い流れでは、スプーンなど用いて広範囲に探ったが

二本目を狙う、貪欲さが自分には欠けていると思える

陽は昇り、徐々に二本目の可能性は薄くなっていると察したからかもしれない


イメージ 8


記憶を辿りながら、やってきたポイントにも立ち寄ってみた

カヌーなども現れ始めて、緊張の糸は切れてしまった

楽しそうに漕ぐ彼らの笑顔を見ながらキャストするのも

悪い気がしなかったのは満足から来る余裕だろう

正午となり、狩野川を後にした


イメージ 9


伊豆に来ると必ず立ち寄って食べるモクズガニ雑炊

この日は家族連れで混雑していてテーブルに空が無かったので

使われてないカウンターで立って食べたが、美味しかった

渋滞の列に並びながら、余韻に浸る

急遽変更し、やってきた狩野川だったが

どこまでも強運な自分と助けてくれる仲間に感謝

そして姿こそ見えないが、共に釣りしていると思える

天国へ旅立った仲間に、ありがとう・・・・
























広告
イメージ 11
















この記事に

  • いいサイズで綺麗な奴ですよ😜
    天国の友人もこの時ばかりは手を貸していたかもしれないですね!

    [ 丹沢極釣会 ]

    2018/5/14(月) 午後 9:20

    返信する
  • サツキマスおめでとうございます!
    3人で釣った魚ですね👍
    銀ピカのトラウト自分も釣りたいですよ(^_^)

    [ 右脳派釣師 ]

    2018/5/14(月) 午後 9:48

    返信する
  • お疲れ様でした!ガンガン瀬で掛けた一本だったんですね(^^)ファイトたまんなかったでしょうね!
    僕はあれだけ狩野川に通いながらもモクズガニを食べることをすっかり忘れてました(°_°)

    [ 第七 ]

    2018/5/15(火) 午前 6:40

    返信する
  • アバター

    > 丹沢極釣会さん
    渓流に行く時は天国の仲間の残像があります
    釣りに関してだけですが無念を晴らす思いで望んでいます。

    相模の釣師

    2018/5/15(火) 午前 7:22

    返信する
  • アバター

    > 右脳派釣師さん
    このギンピカの魚体が何とも遠くまで来たて報われた
    思いと同時に天国の仲間も一緒に喜んでくれていると
    信じています。

    相模の釣師

    2018/5/15(火) 午前 7:23

    返信する
  • アバター

    > 第七さん
    流心を交わすのだけはヒヤヒヤしてましたよ
    そこを抜け出してからは獲れると確信できました
    長良川でのサツキが凄くかっこよくて羨ましいですよ
    また昭島のイベントで会う際は、釣った時のことを
    教えてください♪

    相模の釣師

    2018/5/15(火) 午前 7:26

    返信する
  • 流真でのやりとりヒヤヒヤしながら読ませていただきました。手に汗握る攻防。興奮しました
    おめでとうございます🎉✨🎊

    [ 花屋のいちろー ]

    2018/5/15(火) 午前 8:18

    返信する
  • 相模さんだと簡単に釣ってる気がしますよね〜
    奥多摩とかダメかな😂

    [ 丹沢極釣会 ]

    2018/5/15(火) 午後 4:41

    返信する
  • アバター

    > 花屋のいちろーさん
    ここが本流の醍醐味なんですよね〜押しの強い流れから
    如何にしてフックアウトされずに寄せるか・・・
    また飲む機会があったら話しましょう〜

    相模の釣師

    2018/5/15(火) 午後 6:16

    返信する
  • アバター

    > 丹沢極釣会さん
    私というよりも強力な情報網を共有できる仲間や
    色々な実績データなどを共有できるのは心強いです
    当然ながら共有するので自分自身も等価な情報が
    ある訳です。

    相模の釣師

    2018/5/15(火) 午後 6:19

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしいサイズのアマゴ(サツキ)ですね!!

    イヤー羨ましい限りです<(_ _)>

    一筋縄ではいかない狩野川なので👏拍手です(^O^)/

    [ 尺上釣り太郎 ]

    2018/5/15(火) 午後 8:33

    返信する
  • 顔アイコン

    大物とのファイトと、こみ上げる余韻…
    読み終えて僕も勝手に余韻に浸ってしまいました(^ ^)。いつか自分で釣らねば!
    まずは目指せヤマメ35cオーバー! 削除

    [ りょう ]

    2018/5/15(火) 午後 9:37

    返信する
  • 素晴らしい一本ですね!
    昔、狩野川で貧果に終わって以来行ってませんが、あの狩野川で羨ましい限りです。おめでとうございます。

    [ TORU ]

    2018/5/15(火) 午後 9:50

    返信する
  • アバター

    > 尺上釣り太郎さん
    もう一回くらい行きたい所ですが、簡単じゃないのは
    わかっているので悩んでいる最中です。
    あの感触が忘れられないんですよね〜

    相模の釣師

    2018/5/16(水) 午前 7:46

    返信する
  • アバター

    > りょうさん
    皆さんダム下で苦戦して釣れないとぼやいていますね
    そりゃタイミングが合わなければ苦戦して当然です
    ダム下には、今回の魚以上のモンスターと対峙した
    経験は何度もあるのでタイミングを待つばかりです。

    相模の釣師

    2018/5/16(水) 午前 7:47

    返信する
  • アバター

    > TORUさん
    今回は二年ぶりの狩野川でしたが良い日になりました
    厳しいことは自分でも経験しているので覚悟はしてましたが、早い時間で現れてくれたのは良かったです。

    相模の釣師

    2018/5/16(水) 午前 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    流心で食う瞬間の表現が素晴らしい、流心から魚体を引き離し銀色の魚体が見えた瞬間からの心臓の鼓動が伝わってきました。

    sagami_wan

    2018/5/16(水) 午後 7:12

    返信する
  • アバター

    > sagami_wanさん
    あの感触を味わいたくて、いつかまた狩野川へ
    行こうと思ってしまいます。
    源流浪漫とは別の浪漫がそこにはありました。

    相模の釣師

    2018/5/16(水) 午後 7:26

    返信する
  • サツキマスおめでとうございます㊗。ミノーの特性を考えてのルアーコントロールは、「こういうやり方もあるんだ〜👍」と勉強になりました。

    一匹ターゲットを獲ると満足して後の緊張感が続かないのは釣り人あるあるですね〜。

    [ ハマサキデンスケ ]

    2018/5/17(木) 午後 8:46

    返信する
  • アバター

    > ハマサキデンスケさん
    ハンドメイドルアーは特に独自の動きを
    するので特性を掴み一長一短の長所を
    最大限に生かすのも殺すもアングラーですから。

    相模の釣師

    2018/5/17(木) 午後 10:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事