いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



体つくりは相模川サクラマスを追い求めてた影響なのか

自己管理が甘かったのか解禁前より後退してしまったのだ
(つまり太ったということ)

スタミナの方を、これ以上落とす訳にもいかず源流解禁して二週間

今年の源流詰め沢登り縦走の初陣を決行を決めた

バカサバイバーって、どういう意味ですか?っと問われることがある

バカな生存者・遭難者という意味で使っている

まあ、とにかくスタミナの方は不十分ではあるが経験で

どこまで楽しめるかが自分でも楽しみである

今回、選んだのは日本百名山&日本百名滝を回るルートで

言わずと知れた東丹沢の名川と呼ばれる水系である


イメージ 2


気合十分で挑もうと午前3時に目覚ましをセットしたら痛恨の二度寝

準備を整え、いざ出発しようと登山アプリをセットしようとしたら

アプリが消えてなくなっている・・・理由は故障して新品と交換した為

登山アプリが消えているという始末、大急ぎで電波圏内まで戻り

急いでダウンロードして、元の場所まで戻るというグダグダぶり

スタートから、これじゃ先が思いやられそうだ・・・・

とりあえず林道を歩き始め、登山道を歩き上流へと向かった

下流をパスして上流へ向かう途中にテンカラの方に遭遇

やはり先行者がいたのだ、挨拶をし先にある分岐をどちらに進むのか

聞いてみると、この川を詳しくないようでしたので

魚影の濃い、支流を教えてあげた、ちなみに私が向かう支流は

魚影が濃いとはいえずなのだが、目的が目的だけに

魚影は度外視しているので、ちょうど良く分岐までパスして上がるという

約束をし、先に進ませていただくことが出来た


イメージ 3


今回は、自作鹿角インスタネットのデビュー戦だ気合十分

さあ農業用ネット網目25mmは吉と出るか凶とでるか

何度かインスタネットの開き具合を試したら大丈夫でした

早々に入魂と行きたいところだ


イメージ 4


分岐からタックルをセットし釣り始めるも案の定、魚影は薄い

沢を詰める予定なので、仕方がないが小さなイワナのチェイスはある

そんな中でも早々にヒットしたイワナ、だがネットの編み目をすり抜けた

小さなイワナはキャッチできない仕様となっていると言えば

なんとカッコいいアングラーだろうか・・・っと思いついたwww

そう尺イワナ専用ネットだとwwww

その後もAPPENDでヒットしたイワナも逃げる

ZANMAI、あなミノー、レコンキスタでヒットしたイワナも編み目からすり抜けた(汗)

さすがに25cmくらいのイワナさえ編み目から抜け落ちると焦る

やばい・・・釣ってるのにキャッチになってないなんて・・・・

そんな時、岩陰から覗いた浅瀬に良型のイワナがライズしているのだ

確かに虫が異常なほどに飛んでいるのだがライズしているなんて・・・・

こんな時の為に常に忍ばせているのがTOPルアーである

sora@ bug 蝉ルアー、数年前に秋葉でハンドクラフト展が

開催していた時代に購入したものだ

早速キャストし上流側に着水させて自然の流れに任せて流す

ラインにテンションがかかった瞬間にsora@ bugの羽が振動を水面に出す

それに気がついたイワナが猛然と喰い上げた・・・ヒット!!!


イメージ 5

イメージ 6


ヒットルアー sora@ bug 蝉 イワナ28cm

してやったりという感覚が、あらたな源流の可能性を見出した

以前からたまに使ってはいたが、これほどまでに完璧に

ヒットさせたのは初めてかもしれない

TOPというのは使うタイミングが少ないとは思うが

釣れた時の喜びは、数倍の喜びとなる

しばし、キャッチしたイワナを眺めていると男女のパーティが現れた


イメージ 7


挨拶を交わし、同じ某SNSをやっているということで盛り上がった

しかも私と、ほぼ同じルートを上がっていくという

なんとも男女で楽しそうで羨ましいグループではないか・・・・

私とイワナを撮影させて欲しいというので記念撮影タイムとなったwww

気をつけて登ってね〜っと別れた・・・・・


その後は、HAM50をチョイスし釣りあがるとヒットした

慎重にキャッチし、すり抜けないように軽く手で掴んで撮影場所へ移動した


イメージ 8


ヒットルアー HATAKE WORKS HAM 50  イワナ25cmくらい

このオレンジ色の網ってのは、イワナが映えるかもしれない

しかしながら、すり抜けてしまったイワナ達をヒットさせた

ルアーたちに申し訳ないので、ネットだけは何か考えなくては・・・・・


イメージ 9


山岳エリアの様相の源流域まで到達する

魚影は濃くはないが、大物を予感させるポイントが連続する

日頃の鍛錬が源流域でも妙な緊張を感じることなく

釣りに集中できるのだと思いながら、渇水の源流域を楽しむ

渇水なだけに、イワナの警戒心は強い

出来る限り、ポイントから距離を取って狙いを定めている

着水と同時に奥の大岩の下から黒い魚影が飛び出した

しかしUターン・・・ここでアワビ張りのHAMにチェンジ

再度同じ場所に着水させてトゥイッチと同時にヒット!

ジリ・・・ジリっとドラグ音を鳴らしながらキャッチに成功した


イメージ 10



イメージ 11


ヒットルアー HATAKE WORKS HAM 50アワビ張り  イワナ31cm

中々の風格を醸し出す31cmの尺イワナだ

サイズ云々ではなく、生きた歴史を感じさせる風格ってのを重要視している

将来、大きく成長し私が愛して止まない源流モンスターへ成長することを

期待して、リリースすると流れの中へ消えていった・・・・

今回も尺イワナにあえるなんて運が良い様だ


イメージ 12


100mほど先に、日本百名滝が見えてきた

この連爆にも魚影はあったが、小さなイワナだった

小さなイワナのチェイスはスルーして次のポイントへ向かう

しつこく狙うことはしないのだ



イメージ 13


これが日本百名滝に指定されている東丹沢名物の大滝だ

残念ながら渇水のため、迫力には欠けるが

この雰囲気のある大滝は見る価値があると思う

しばし大滝を眺めた後、タックルを仕舞い沢登りとなる



さあ〜後編へと続く・・・・・



タックル
ロッド スミス マジカルトラウト5.0 テレスコ
リール ダイワ カルディア1500
ライン PE0.3 リーダー3ポンド
ヒットルアー HAM50、HAM50アワビ張り、レコンキスタ
ZANMAIソリスト、あなミノー、APEEND、sora@ bug 蝉








イメージ 14


















イメージ 15




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事