ここから本文です
いい釣夢気分!
自称 原人バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師のブログです

書庫全体表示

記事検索
検索

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


皆さん野性のメダカって見たことがありますか?

私はありませんでした・・・・

私が住む相模原市では幼少の頃に急激に開発が進み

近くにあった小川はなくなったり、緑地公園に化けてしまったり

メダカは憧れの存在でした

ペットショップで売られているヒメダカが唯一触れ合えるメダカでしたね

そして今回は淡水と言っても渓流ではなく

田園地域の中にある池に生息するメダカ調査という話に

飛びつき参加させて頂きました。


イメージ 2


神奈川県の調査チームと向かったのは神奈川某所

今も残る田園風景の中に、ひっそりとある池でした

そこで市民団体の方々とも合流し調査を開始しました

ネオプレーンウェーダーを履き、池へ入ります

冷たい・・・それより私たちを苦しめたのは

泥です・・・泥

沼地なので、股下まで泥に埋まります

とても歩くのが困難です

水深は30cm程度なのに・・・・


イメージ 3


中央の生簀に捕獲した淡水魚を入れます

捕獲の仕方は追い込み漁みたいなのと、刺し網?見たいな方法です

メダカの他、オイカワ、タモロコなども混ざります

もちろん、スジエビ、アメリカザリガニの子供も混ざりました

初めて目にする野生のメダカに感動でした


私のウェーダーだけ・・・浸水してきて冷たくて泣きそうです

借り物なので我慢するしかありませんwww


イメージ 4



何千匹の淡水魚を捕獲チームから計測チームへ引き継ぎます

我々捕獲チームは黙々と捕獲を続けました

経った数時間で疲労困憊・・・渓流調査よりキツイです

あの泥が完全に疲れさせますね

田植えって大変だろうな〜って感じましたよ


イメージ 5



ランチは湯を沸かしてカップ麺&おにぎりです

最近は、このシンプルな組み合わせが好きですね

冷え切った身体に染み渡るカップ麺最高です

残った湯で、昆布茶を作って飲みました


イメージ 6


年季の入ったネオプレーンウェーダー

浸水しなければ、普段我々が履いているのより明らかに暖かいと思います

そして午後も再開し、終わる頃にはグロッキーです


イメージ 7


今回も、Kさんも一緒でした

時間ギリギリまで用水路で淡水魚の捕獲をされてました

私は寒さで着替えてしまいましたがwwww

あの後姿は印象的でしたね、本当に生き物が好きなんだなって

しかしながら今回の調査は疲れたけど貴重なメダカに出会えて

本当に充実した一日となりました





















広告


イメージ 9








この記事に

イメージ 1



とある週末、今年からカワハギ船デビューをすることになり

予定していたのだが雨天予報で中止となった

雨天で中止に出来るのは乗り合いのよいところだね

堤防の投げカワハギは散々やってたので楽しみにしてたから残念だけどね

そして急遽わかさぎに行こうってなり、電話をかけまくった

昨今のワカサギブームにより数週間前から予約しないと

乗れないことが多いのだ、なのでネットで探したり電話したりで

ようやく乗れるドーム船を見つけたのだった

今回は久し振りに山中湖である

ただ、あまり釣れるイメージはないので期待はしてなかった


イメージ 2


朝の六時より受付開始と聞いていたので受付場所へ

ちなみに私と同行したツケさんも前夜入りである

薄暗い中で受付けを済ませドーム船に乗り込む

山中湖は送迎じゃないので、この辺は楽でよい


イメージ 3


初めて乗るドーム船なので、いろいろチェックする

休憩用デッキ、トイレ、お湯ポット、電子レンジなど

フル装備なのは山中湖ならではである

しかも、インスタント味噌汁、コーヒーは無料サービスである

たまには山中湖も悪くね〜な〜www


イメージ 4



早速、指定された席を陣取り準備を開始

そしてドーム船出航したのだがポイントが決まらず彷徨う

珍しいな〜これほどポイント探しするドーム船は珍しい

8時ごろポイントを決めて投入開始の合図待ちとなった

そして投入OKのGOサイン

ダイワクリスティアのツケさんが入れ食いっすよと言う

私も、すかさず仕掛けを投入した

朝の入れ食いタイムに突入だ

これは四桁コースかと笑いながらバンバン釣り上げた

さすが小一時間ポイント探しをしただけはあるな

しかし一時間ほどで・・・・拾い釣りとなった

だが今の私は拾い釣りのほうが楽しい

自分の磨き上げた技術と道具の性能を知るチャンスだから


イメージ 5


何度か休憩して、その度に富士山を眺める

あのジグザグのルートは登山道だろうか

途中、大粒の雪がちらついたりもしたが積もることはなかった


集中力のない私は休憩を繰り返すのだが

それとは対照的に休憩すらしないツケさんは黙々と釣り続けていた


イメージ 6



トラブル発生・・・・自作アトミックチューン搭載リールが壊れた

あのハイパワーモーターの影響なのか?小型タクトスイッチが壊れた

仕方なく、電消し電動リール初号機にバトンタッチした

若干、電池切れっぽかったが気にせず使い続けた


ドーム船内は、良く暖房が聞いていて暑い位だった

珍しく用意したカップ麺は食べず、コンビニおにぎりでランチをした


イメージ 7



午後からは、群れが戻ってきて爆釣モードだ!

船頭も驚くほど群れが大きい

今シーズン一番の群れだと豪語していた

なんせ棚が3m〜底まで群れがいるのだ

仕掛けを落とす最中にワカサギが釣れてしまうという珍事まで

とにかく釣れましたよ午後からラストまで


イメージ 8



船頭の粋な配慮で、ギリギリ15時まで釣らせてくれた

私は途中で電動リールの電池を交換したりと大変だった

山中湖の今の時期にしては珍しく釣れた日となった

なかなかサービスも良いドーム船だった

また利用しようかな

私もツケさんも大満足して帰宅したのであった



タックル
電消しアトミックチューン2搭載電動リール
電消し自作電動リール
ライン PE0.2
仕掛け 時短相模屋かおりんオリジナル
餌 サシ、赤虫、ぶどう虫





イメージ 9



わかさぎ天甘酢あんかけ

相変わらずの美味しさですよ〜



イメージ 10


わかさぎの佃煮

今回は水飴使わずザラメで甘さを調整したので

食べやすく美味しかったです


イメージ 11



わかさぎの唐揚げ

天ぷらには劣るが、たまにはスパイシーに食べたいときにオススメ


イメージ 12



わかさぎ天たまごとじ丼

これは超オススメですよ〜絶対試して欲しい

子供から大人まで美味しいと思える一品です



















広告



イメージ 14





イメージ 15




この記事に

イメージ 1


毎年正月に富士山が綺麗に見える山に登っていたのですが

師走に痛めた腰を配慮してトレッキングは封印してました

そして腰痛も良くなってきたので半年振り以上ぶりに

地元の山を登ることにしました

選んだのは、丹沢高取山

高取山は、サクッと仏果山にも縦走できるので

毎年、散歩がてらだったりスタミナ調整で登っています

なのでかれこれ10回以上は登っている山です

登山自体は好きではないのですが山は好きです

登る理由は、源流シーズンに向けての体力作りが主な目的です

要は登山とはいえ釣りの為なのですwww


イメージ 2


冬枯れした登山道は新鮮で気持ちよく清々しい気持ちにさせてくれます

なにしろ半年振りなので、地面を噛み締めるように

ゆっくりと登るよう意識して歩きました

しょうしょうスタミナが心配ではありますがね・・・・


イメージ 3


途中で複数のハイカーを追い抜いて気が付けば

いつものハイペースになってしまいましたwww

夢中で歩くとダメですね〜

雪の丹沢も好きですが、この冬枯れした

雰囲気を歩くのが一番好きかな

特に休憩することなく、山頂まで一気に進みました


イメージ 4


何十回も登っていると、そろそろ山頂付近が見えるとかわかります

見上げるとピークらしき光景が飛び込んできました

もう着くのかと一安心

意外と俺のスタミナ大丈夫じゃん

毎年、色々な山を登っているせいかアドバンテージがあるのかな


イメージ 5


高取山山頂に到着!

山頂には年配のハイカーが沢山いて休めるベンチが空いてなかったので

仁王立ちして休憩しました(笑)


イメージ 6


展望台に登れば360°の景色が見えますが

高取山のベンチはベッドタウンの景色を見ながらランチが出来ます

丹沢の低山の中では一番オススメな山ですよ

しばし山頂を満喫して、スタミナに余裕があるので

隣の仏果山まで歩くことにしました


イメージ 7


霜が解けて、地面がぐちゃぐちゃになってるかなと心配でしたが

寒さで解けず、カチカチの地面でした

靴が汚れず歩けるのでちょうど良かったです

イメージ 8



20分ほど歩くと仏果山山頂の展望台が見えてきました

誰か展望台で声をあげているようです

仏果山は展望台に登らないと景色が見えないので

展望台に登る人が多いんですよ〜


イメージ 9



ピークが見え始めると不思議とモチベーションも上がる

あっという間に仏果山山頂

山頂標識周辺の神様に手を合わせて挨拶

仏果山は木々に囲まれ景色は見えないものの

風は凌げるのでランチには適しているのかな

夏場は木陰になるので若干涼しいし


イメージ 10



湯を沸かしカップ麺&缶ビールをプシュ〜〜〜〜♪

かなり空腹だったので、おにぎりに喰らいついた

ビールも常温とはいえ冷えている季節

嗚呼〜なんて健康的な休日だろうか

食べ終えて、しばし横になり上空を眺めていた

思わず寝てしまったが寒さで目が覚める


イメージ 11


展望台に登って360°の眺めを堪能する

東京方面のビル群から湘南方面、丹沢山塊を一望できる

この展望台、夏場はスズメバチが襲ってくるので要注意ですwww

そして仏果山山頂と別れて下山開始


イメージ 12



ハイペースで下山開始したのだがカチカチの地面に足を滑らせる

ヒヤッとしたので、ペースを落として降りる

すすきエリアに癒されながら下りていきました


イメージ 13



途中から林道へコースを変えてみる

毎回、途中から林道を使ってしまうのだが

単に登山道に飽きてしまって使ってしまう

けど林道にも色々と楽しみかたがってお気に入りである



イメージ 14



今年の大漁祈願と安全と飛躍を願ってジャンプ!

山頂では人が多くて自撮りできなくてwww

そして無事に高取山〜仏果山コース下山


今回は半年振り以上のトレッキングとなり若干疲れました

源流シーズンに向けて徐々に身体を慣れさせたいと思います






丹沢 高取山〜仏果山コース
所要時間 3時間7分
Sスタート地点11:1612:04小高取12:15高取山(半原高取山)12:26
宮ヶ瀬越12:52仏果山12:5514:23ゴール地点G




















広告


イメージ 17




イメージ 16




イメージ 18



この記事に

イメージ 1


2018年の仕事初めを終わらせて短時間だけ

フィッシングシールド中津川へ行くことにした

実は正月中にも二度ほど訪れたが、時間帯が悪く

大混雑の様子を目の当たりにして断念していた

自宅からも15分ほどの場所なので、ちょっと管釣りしたい

なんていう時は、便利なフィールドだけあって

また後日来ようと思って、仕事初め後

向かったのだが若干混んでいた

3時間コースだから、いっかと軽い気持ちで受付けを済ませた


イメージ 2


噴水周辺は人気があるのか、下流側が空いていたので

そちらで陣取ることにしました

詳しくは知らないのですが、大きな魚が泳いでいるという

正月サービスなのでしょうかね

大物のイメージは全くないFF中津川

久し振りの淡水ルアーはフレッシュな感覚でした

イメージ 3


管理釣り場は得意分野ではないのですが

かれこれ8年位前にレコンキスタさんに連れて行かれて以来

毎年シーズンオフには来る様になりました

自然と管釣り用ルアーも増えていきました


イメージ 4



早速、マイクロスプーンで狙います

ボトム付近から、徐々にレンジをあげて探りますが

どうも反応が鈍い、しかも今回は感度最強といわれる

5.6ftのアジングロッドを持ち込みました

エリアロッドのフニャフニャ感が好きになれず

エリア用を買おうと思ったのですが思わず安価なアジングロッドを

手にしてしまいました(中古¥3800)


イメージ 5


反応が悪いので、自作トルネードルアーにチェンジ

一気に反応が変わり、コツ・・・コツっとあたりが出ます

しかしながら、こんなルアーに反応が良いって不思議です


イメージ 6


早速、元気なニジマス君が連続ヒット

ん〜やはり釣れると楽しいですね

今回のラインも感度最強アジング用PE0.2号です

エステルラインを使おうか悩みましたが流石に強度がないので止めました


イメージ 7


自作トルネードルアーも反応が鈍くなり

にょろ系ルアーにチェンジ、小ぶりなニジマスには反応悪かったのですが

なんとデカニジがヒット!!!

5分ほどのファイトを堪能しキャッチ成功

しかしエリア用のネットが小さいのと深さがないので

メジャーで図るのが一苦労・・・・

陸揚げ禁止なので大変でした

計測すると60cmオーバー

そして撮影に入ろうと、ポケットのスマホに手を伸ばした瞬間

逃げてしまいました・・・・とほほ


イメージ 8


気を取り直して来る途中で相模屋で購入した

相模屋ゴリ押しDSバイブ(相模屋オリカラ)

ボトム付近を引きずるように狙えるという頼もしいルアーです


イメージ 9


ニジマス君の反応も抜群です

ボトムだけじゃなく中層までレンジを変えてもヒットしました

これもまた楽しいルアーを手に入れたと思えました


イメージ 10


この知る人ぞ知る大阪漁具OGKの安価なアジングロッド

感度重視のアジングロッドならではの楽しみ方がありました

即あわせの楽しみ方はアジングロッド最強でしょうwww

そして・・・遂に今シーズンを占うかのような事件発生

再度、自作トルネードを複数ローテーションしていた時だった

3時間のショートで終了時間も迫る16時半

終了まで15分を切った時だった

アングラーもまばらとなり、広範囲にキャストして探っていた

するとコツっと言う感触とともに鬼合わせ

すると一気にけたたましいドラグ音と共にラインが引き出されていきます

寄せては走るの繰り返し、ポンドだけあって余裕のやり取り

華奢なロッドでの大物とのやりとりは手馴れたものです

過去には磯メバルで92cmの磯マルをハンドランディング

そんなことを思えば楽勝なのです

大物の周りには何故か大物がまとわり付いています

仲間なのでしょうかね?ペア?

途中からスマホを固定して動画撮影を開始www

15分ほどのファイトを堪能し苦戦しながらもキャッチ成功


イメージ 11


重すぎて申し訳ないけど陸揚げして計測撮影させてもらいました

なかなか厳つい顔立ちのニジマスです

15分に及ぶファイトは良い練習になりました

この緊張感が大物の醍醐味ですね


イメージ 12


きゃしゃなロッドと極細ラインで大物と対峙する事に意味があるので

そういう面では、ドラグの使い方など慣れるのに良いと思いますよ

結構、渓流ルアーマンってドラグの使い道を軽んじてる人が多いので

ラインブレイクとかって、私はほとんど経験ないですからね

見事なニジマス62cm

もう大満足です・・・・ギャラリーも数名来てまして

リリースすると・・・スタッフ呼ばないのですか?っと言われました

私は何のことを言っているのかわからずリリースしました
(あとで意味がわかりました)


イメージ 13


アジング用PE0.2号が摩擦でボロボロですwwww

安価なアジングロッドのガイドの影響でしょうかね

SICガイドならならなかったかな?

このPEラインも昨今では4編み〜8編みなどありますが

編みこみ本数が多いほど強度は高いですが

逆に摩擦やこすれには弱いのです

私は狙う魚種で4編みと8編みを使い分けています


イメージ 14


自作トルネードは・・・ストレートにwww

3時間ショートを堪能し、受付けへチケットを戻しに行った時

スタッフさんに、釣れましたかと聞かれたので

爆釣でしたよ〜60cmオーバーも二本でましたと言いました

すると・・え〜〜〜〜なぜスタッフ呼ばないの?

意味がわかりませんと答えると、教えてくれました

大物が釣れたらスタッフに電話して計測してもらって

FF中津川のイベント上位に入ると何か貰えたそうです

当日までの現状で1位、2位独占のサイズでしたwwww

勿体無い・・・との返事

楽しめたから十分ですよと答えると、明日も来て釣って下さいだってさ(笑)


記禄より記憶に残る釣りがしたいという気持ちは今シーズンも同じです

ちょっとだけ渓流解禁が待遠しくなりましたwww




FF中津川の動画を編集してみました
15分のファイトの中、動画撮影したのは10分ほど
さらに編集してヒットシーンは3分ほどです



タックル
ロッド OGKアジングロッド5.6ft
リール ダイワ セルテート2004
ライン アジング用PE0.2号 リーダー4ポンド
ヒットルアー 自作トルネード各種、にょろルアー、DSバイブなど










イメージ 15















広告


イメージ 16





イメージ 17






この記事に

開くトラックバック(0)

慶春

イメージ 1



今更ながら初詣に行ってきた

混雑が大嫌いなので、気持ちよく歩きながら

神社を堪能したいのが理由です

我が地元に昔からる八幡宮である

文化活動という思いから、恒例行事として行く事にしている

御守りを返しに行くのが最大の目的である

ここの神社には数多くの神様がいる

はっきりいって、この神社にくれば全て足りてしまう

数多くの神様の御賽銭箱が設置してあるので

懐が寂しくなるという難点を克服する為に

自分に都合の良いというか必用な神様だけ手を合わせ

お賽銭を入れている

イメージ 2


ここ数年は、この神社は色々な神様や鳥居の設置など

作ったりして来てくれた方を満足させている

昨年ニュースで話題となった富○八幡宮とかの話を聞いて

愕然としたのだが、集まったお金は是非とも

神社の修復などに使って欲しいものだと改めて感じた


イメージ 3


遅れて初詣すると混んでて気にならない場所まで

見渡せて神々しい光景に感激できるね

そして御守りを返しに向かう

御守りなどをお返しする場所には御賽銭箱が無くなっていた

夜間は盗難の恐れがあるからだろう

そもそも御賽銭泥棒して罰が当らないのかね?


今年の御守りを頂いて、久し振り(数年ぶり)に

アレを引いてみた・・・・


イメージ 4



見事大吉を引き当てた

普段は書いてあることなんか読まないが

試しに読んでみたら結構、感心できることが書いてあった

今年一年、自分も家族も仲間も無事で健康で過ごせる

一年であって欲しいと願うばかりである


楽しみにしていた、露天は営業していなかった・・・・残念






イメージ 5














広告




イメージ 6











この記事に

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事