いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



また新たに始動した、自作わかさぎ用竹穂先

前回製作した穂先は残念ながら失敗に終わった

しかし今回は成功すると確信に満ちた自信がある

失敗することで消去法的に絞られるからである

そして今回は新たな材質を手に入れてアイディアは膨らむばかりだ

それでは行程に移りましょう

まずはステンレス(軟鉄)を使ってガイドを製作

3mmの穴寸でのガイド製作です


イメージ 2


厳選された竹串(100均のはオススメしない)

前回は竹細工用の竹を使用したせいで失敗に終わった

竹細工用だと自在に曲がってしまって反発がなさ過ぎた

今回は再度竹串を使用することにして焼入れ作業

オーブンで240度で5分くらい焼きを入れてみた

狐色に焼かれた竹は油分を出すのでキッチンペーパーなどでふき取る


イメージ 3



削りの作業・・・・これが一番大変

こまめに調子を確認しないと失敗することもある

カンナを使用しても良いが、削り具合が見えにくいのでナイフを愛用

何度も調子を確認して削り落としました


イメージ 4


組み合わせる特殊フィルムをカット

この特殊フィルムの長さで調子が大きく変わるので要注意


イメージ 5



マスキングテープなどで組み合わせて確認する

なんども具合を確認しないと失敗します

フィルムを重ねることで、曲がり具合も変わります

好みの調子を探りながら何度も合わせます


イメージ 6


今回、新たに加わった特殊金属

竹や特殊フィルムより反発が強い為、胴調子の穂先に

かなり有利に働く可能性を感じて使用することにしました

カットして竹穂先の幅に合わせるのですが

カットした側面が鋭くなってしまうので鑢をかけます

手を切ったりラインが切れる可能性がありそうです



イメージ 7


わかりにくいですが、ほぼ完成したハイブリッド穂先

今回は二種類の穂先を製作しました

画像は特殊金属&竹材を組み合わせたハイブリッド穂先(胴調子)


イメージ 10
*画像クリックすると他サイトへ飛びますので注意!


コチラは、特殊フィルム&特殊金属&竹材のハイブリッド穂先

すでに完成してますが、お見せできるのはここまでwwww

これは実釣を重ねて完成度を高めて活きたいと考えています

しかしながら今回は期待しています


とりあえず、今シーズンの穂先開発は終了です

あとは仲間の為に数本製作して終わります

これでやっと自作電動リール開発へと移行します


イメージ 8



ちょっと昔作ったハンドメイドエギのあまりのバルサ材を使って

一昨年釣ったモンスターヤマメをかたどって刳り貫いてみました


あとは実釣を重ねて完成度を高めていこうっと♪

















広告






イメージ 11







開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事