いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


渓流がシーズンオフとなり、暇になることは無いのだけども

わかさぎ釣り(ドーム船)をハンドメイドで作り上げた

道具で釣り楽しむという快感は作っている者しかわからない

自分の理想に少しでも近づく為に、釣りに行っても

半分の時間は道具の調子と改善点を必死になって探る

このままじゃ、いつまでたっても完成にならないが

作るたびに完成度は高まっていると思う

わかさぎ釣りと一口に言っても奥は深い

感度重視、合わせ重視、その両方を取り入れる

このまま、穂先を作り続けても納得がいく穂先は出来るのだろうか


イメージ 2


様々な色のスレッドを使っているのだが

視認性の良い色は、あたりがわかりやすい

だが、色的にしっくりこないので毎回悩みの種である

スレッドとは=ガイド(穂先についている輪)を巻いて接着するもの


イメージ 3


ガイドも一つ一つ丁寧にステンレス線で製作している

ガイドの足の長さなど、拘る点も多いが

竹穂先の場合、足が長い方が穂先にラインが干渉しにくい

末端を斜めにカットするのが理想だが横着して

普通にカットしてしまう


イメージ 4



極秘なのだが、特殊な材質のものを竹材と組み合わせることで

ハイブリッド竹穂先という名をつけた

竹以外の二種類の材質を組み合わせることで

感度と合わせの両立を図っている


イメージ 5



ガイドを瞬間接着剤で仮固定したら、スレッドを巻いていく

その後、二液を用いて接着をする

スレッドの太さで巻きやすさなども違うのだが

細いと綺麗に巻けるが、かなり面倒で

逆に太いと、巻きやすいが隙間が出やすく雑に見えてしまう


大会に備えて、3種類の穂先を製作した


イメージ 6


最後に、自作電動リールをメンテナンス

ハイパワー化を実現させたのは良いのだが

巻き上げ速度が早すぎて、わかさぎが外れるという事態にwww

それでも、それが楽しいと思えるのは良いことなのだろう

いつの日か、トラウト用電動リール作ってしまおうかなwww







































イメージ 8

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事