いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


昨年のことだったか、兄がボートを買ったというのだ

手漕ぎボートだと思い、覗きにいくと船外機が置いてある

何気に本格的に考えているようで、毎週末ボートを改造していた

船外機と言っても免許の要らない2馬力

早速、息子や娘を連れて進水式をしに海に出掛けて

すっかり慣れた様子で、遂に誘ってきたのだ

実を言うと、私は女房以外に釣りの知識を話すこはしない

だから兄弟も身内も、私の釣りレベルは知らないのである

私にとって常識的なレベルの話を得意げに話す兄弟達

俺は腹の中で、いつも笑っているのだよwwww


イメージ 2


2馬力といっても、これだって立派な男の浪漫だろう

庶民にとっては浪漫だと思うよ・・・本当にそう思う

子育ても一段落した兄家族にとっては夢の船外機ボートだろう

安全にボートが乗れる場所を調べたようで葉山港を利用するらしい

葉山港に向かいボートを下ろし準備をした

ボート専用の受付などをし、いざって時は安心できる体制のようだ

大人二名で、ギュウギュウな小さな男の浪漫である


イメージ 3



しかしながら小船の為、波を被るわボートに海水は入るし大変だ

私はオフショア慣れしているので酔ったりはしない

しかし操縦する兄は、寒い・・・気持ち悪いという始末

水深30mの場所を魚探で調べ、ボートを流すことにした

イメージ 4


兄はコマセで五目釣り、私は一つテンヤで五目狙いだ

流れに任せて、底を探るもののあたりすらない

困ったもんだ、ビシコマセにはフグの猛攻で意気消沈だ

仕掛けを取られまくって、ヤル気を無くしたようだ


イメージ 5


ならばとアオリイカ狙いでティップランエギングに切り替えた

風も吹き始め、流れも早くなり あっというまに陸地近くまで流される

頼りない2馬力エンジンが唸りながら起きに戻るの繰り返し

結局、開始して2時間ほどで、洒落にならない風で引き返すことにした

帰りに、カツ丼をご馳走した私・・・・もう少し海慣れしてくれよと願う

良い季節になったら、また乗ってもいいと思った

港に帰り、船や船外機を洗浄していると他のボートの方と話すことが出来た

今日は何も釣れなかったとのこと、潮回りも良くなかったしね

通ってればボート仲間として仲良くなれそうだね




イメージ 6



















イメージ 7

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事