いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


源流で愛用しているインスタネットなのだが、ここ数年

不甲斐ないランディングが多くなっている原因がネットだ

ラバーネットに改造したものの、大きい魚ほど飛び出して逃げてしまう有様

特に私のはオシャレなインスタネットではなくダイワのである

まあネットはキャッチするものという概念があって

あまり高価よりも機能性を重視している


イメージ 2


この鹿角を使って、自作でかっこいいネットを作ってやると

数年前から計画していたのだが、遂に実行することにした

この鹿角は10年くらい前に丹沢で拾ったものである


イメージ 3


ここで登場したのはグラインダー(サンダー)

職業柄グラインダーを使った加工技術には自信があるのだ

だてに今の職業を20年続けている訳ではない

さあ鹿角をどうするつもりなのか・・・・


イメージ 4


鹿角の余分な部分を切り落とし、慎重に削っていく

この時点で鹿角の使用目的が判る人にはわかるはずだ

ちなみに鹿角は削ると、とても臭い・・・・吐き気するほど

インスタネットのステンレスバネフレームを固定するために加工するのだ


イメージ 5



ドリルで穴を開ける、ここにナットを埋め込むのだ

かなりギリギリのサイズで掘らないと埋め込められない

丹沢の鹿の角が小さいからかもだけど


イメージ 6


画像の通り、目一杯のサイズで開けている

鹿角の内部は柔らかいので簡単にドリルで開けられる


イメージ 7



ボルトを埋め込んで二液で固定する

何度も、削った箇所にネットのフレームをあわせて微調整

フレームを取り付けてみたら良い感じだ


イメージ 8


ちゃんとグリップエンドには回転式ヒートンを埋め込んだ

この回転式ヒートンは、ダイソーキーホルダーを分解して

埋め込むことに成功した、瞬間接着剤&二液で固定

なかなか回転式ヒートンが手に入らず苦肉の策でキーホルダーの

部品を分解して取り付けました。

そしてネットは農業用のもで網目は25mm(つり用は10mm)

これでは魚が網目から抜けてしまうのは確実だが

しばらくは、我慢して使うつもりだ。


イメージ 9


なかなかかっこいいインスタネットに早代わりでしょうwww

ステンレスのフレームには、熱圧縮チューブ処理をして

魚に傷が付き難くする配慮もしています


早速使用してみましたが、ネットの開き具合も以前より快適になり

収納も楽になりました。




イメージ 10




















イメージ 11

開く コメント(18)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事