いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


海のスプリンターと呼ばれる魚をご存知だろうか・・・・

そう海のスプリンターといえばヒラマサ(平政)である

見た目はブリ系に見えるが、色濃いイエローバンドが特徴の魚だ

そして愛して止まないアングラーが多いのもヒラマサ

ヒラマサの引きはワラサなどを遥かに凌ぐ猛烈なファイトを味わえる

一昨年、初挑戦でヒラマサをキャッチし虜になってしまった

外房無敗、連戦連勝記禄継続中の男が今年も挑む

一つテンヤ、ジギング共に外房無敗である


イメージ 2


今回の外房ヒラマサは、TOP&ジギングで挑む

ジグも115g〜220gまで準備

なんとTOPのルアーは一個で挑むのだ(高くて買えない)

こうしているだけでもテンションが上がってくるもんだ


イメージ 3



そしてダイワ ソルティガ5000H、キャタリナ5000H

念入りにメンテナンスをし、入念にFGノットを組むのだが

ラインが太いためにノットは苦戦するので何度も組みなおした

納得がいくまでFGノットを結びなおした為、ラインがかなり減ってしまったwww


イメージ 4


外房は大原港に前夜入りし早朝4時過ぎに受付けを済ます

今回も同行してくれるのは、ヒラマサエキスパートのガッチャンさんだ

私をヒラマサの世界へ導いてくれた恩人である

渓流仲間としてブログで知り合って、ヒラマサに同行するなんてのは

私とガッチャンさんだからこそであろう・・・・・

準備を済ませ、船に乗り込む・・・ボルテージがあがる

そして外房ヒラマサハンターが集うだけあって各種メーカーの

高級タックルがズラリとロッドホルダーに並ぶ姿は気持ちを高ぶらせる

ソルティガ、キャタリナ、ステラ、ツインパワー・・・・・


イメージ 5



一時間ほどでポイントに到着し一斉にキャストが始まる

乗船したアングラー全員がTOPでヒラマサを狙う

水深も15m〜20mくらいと比較的浅い

当然ながらTOPで狙うべきだろう・・・・

序盤、他のアングラー(艫)のルアーに水しぶきが上がる

ヒラマサがルアーを追ってきた証である

テンションが上がるもヒットせず、次ぎは俺とばかりに

無我夢中でキャストを続けるが、徐々に腕に乳酸が溜まり始める


イメージ 6


シマノ オシア ペンシル160F

水しぶきをあげたりアクションをつけながら試行錯誤するも

ミヨシを陣取る、私とガッチャンさんに反応はない

そんな時、艫のアングラーのルアーにヒラマサがヒットした

豪快に水しぶきを上げたものの、船底に入られラインブレイク・・・・

船内で溜息が漏れる・・・・・・


イメージ 7



後半となり、艫のアングラーがヒットさせヒラマサをキャッチした

虚しく我々には無反応を見せるヒラマサ

無情にも最後の流しの合図が船長から出てしまった

これで外房連勝記禄も途絶えるのか・・・・

しかし最後まで諦めきれない、疲れきった腕でキャストを続ける

それでも反応を見せないヒラマサ、もう終了の合図が出ると判断した私は

最後の勝負にジグ115gマサムネを装着したタックルを手にした

急いで投入し、ボトムから大きくジャークでアピール

緩急をつけ、ワンピッチでアクションをつけると・・・・・・

遂にヒット!!!!!!!!!!!!!


イメージ 8


猛烈なパワーで突っ込むヒラマサと一身一体の攻防戦が始まった

けたたましく泣き叫ぶソルティガ5000Hのドラグ音

否応無しにアドレナリンが大噴出

寄せては突っ込まれるの繰り返し、なかなか海面に姿を見せない

すでに疲れきった最後にヒットすれば当然辛い

すでに両腕には乳酸が溜まり、ハンドルが回せない

このパワーファイトこそヒラマサの醍醐味だ


イメージ 9


もう限界・・・・と思い始めた瞬間、海面にヒラマサの姿があった

外房のスプリンターを制した瞬間だ

最後の力を振り絞り、キャッチに成功した

あまりの疲れに、崩れ落ちるように座り込んだ

しばらく放心状態のち、記念撮影となった


イメージ 10



ヒラマサ  5.4キロ

このイエローバンドが恋しかったぜ

ガッチャンさんから、おめでとうと声をかけてもらえて嬉しかった

10キロのヒラマサを目標としているが、まだまだ先のようだ

なんとか40歳台のうちに仕留めてみたいものだ


イメージ 11


外房の神様に愛されたのか、運も実力のうちだ

とにかく外房連戦連勝記禄が途絶えることはなかった

ヒラマサは実力よりも大きく運(タイミング)に左右される

いつきても釣れる訳ではないし、バラしも多い

だからこそ愛して止まないアングラーが集うのだろう

外房に感謝、そして導いてくれたガッチャンさんに感謝だ



イメージ 12


ガッチャンさんと必ず立ち寄るラーメン店の、あさりそば

とても濃厚で、あさりの旨みが凝縮されたスープが

五臓六腑に染み渡る、疲れた体に最高な味だ



タックル
ジギングロッド ダイワ ブラスト
リール ソルティガ5000H
ライン PE5号 リーダー40ポンド
ルアー マサムネ115g

キャスティング ロッド 天龍 
リール ダイワ キャタリナ5000H
ライン PE5号 リーダー40ポンド
ルアー シマノ オシア160F




イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16


帰宅してシンクに乗らないヒラマサを解体する

久々に大変な解体作業となった

上から、カマの塩焼き、刺身、照り焼き、竜田揚げ

どれも美味しくいただく事が出来ました

シーズン中に、あと一回行きたいな〜





























イメージ 18


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事