いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

ハンドメイド釣り具

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1


源流で愛用しているインスタネットなのだが、ここ数年

不甲斐ないランディングが多くなっている原因がネットだ

ラバーネットに改造したものの、大きい魚ほど飛び出して逃げてしまう有様

特に私のはオシャレなインスタネットではなくダイワのである

まあネットはキャッチするものという概念があって

あまり高価よりも機能性を重視している


イメージ 2


この鹿角を使って、自作でかっこいいネットを作ってやると

数年前から計画していたのだが、遂に実行することにした

この鹿角は10年くらい前に丹沢で拾ったものである


イメージ 3


ここで登場したのはグラインダー(サンダー)

職業柄グラインダーを使った加工技術には自信があるのだ

だてに今の職業を20年続けている訳ではない

さあ鹿角をどうするつもりなのか・・・・


イメージ 4


鹿角の余分な部分を切り落とし、慎重に削っていく

この時点で鹿角の使用目的が判る人にはわかるはずだ

ちなみに鹿角は削ると、とても臭い・・・・吐き気するほど

インスタネットのステンレスバネフレームを固定するために加工するのだ


イメージ 5



ドリルで穴を開ける、ここにナットを埋め込むのだ

かなりギリギリのサイズで掘らないと埋め込められない

丹沢の鹿の角が小さいからかもだけど


イメージ 6


画像の通り、目一杯のサイズで開けている

鹿角の内部は柔らかいので簡単にドリルで開けられる


イメージ 7



ボルトを埋め込んで二液で固定する

何度も、削った箇所にネットのフレームをあわせて微調整

フレームを取り付けてみたら良い感じだ


イメージ 8


ちゃんとグリップエンドには回転式ヒートンを埋め込んだ

この回転式ヒートンは、ダイソーキーホルダーを分解して

埋め込むことに成功した、瞬間接着剤&二液で固定

なかなか回転式ヒートンが手に入らず苦肉の策でキーホルダーの

部品を分解して取り付けました。

そしてネットは農業用のもで網目は25mm(つり用は10mm)

これでは魚が網目から抜けてしまうのは確実だが

しばらくは、我慢して使うつもりだ。


イメージ 9


なかなかかっこいいインスタネットに早代わりでしょうwww

ステンレスのフレームには、熱圧縮チューブ処理をして

魚に傷が付き難くする配慮もしています


早速使用してみましたが、ネットの開き具合も以前より快適になり

収納も楽になりました。




イメージ 10




















イメージ 11
イメージ 1


渓流がシーズンオフとなり、暇になることは無いのだけども

わかさぎ釣り(ドーム船)をハンドメイドで作り上げた

道具で釣り楽しむという快感は作っている者しかわからない

自分の理想に少しでも近づく為に、釣りに行っても

半分の時間は道具の調子と改善点を必死になって探る

このままじゃ、いつまでたっても完成にならないが

作るたびに完成度は高まっていると思う

わかさぎ釣りと一口に言っても奥は深い

感度重視、合わせ重視、その両方を取り入れる

このまま、穂先を作り続けても納得がいく穂先は出来るのだろうか


イメージ 2


様々な色のスレッドを使っているのだが

視認性の良い色は、あたりがわかりやすい

だが、色的にしっくりこないので毎回悩みの種である

スレッドとは=ガイド(穂先についている輪)を巻いて接着するもの


イメージ 3


ガイドも一つ一つ丁寧にステンレス線で製作している

ガイドの足の長さなど、拘る点も多いが

竹穂先の場合、足が長い方が穂先にラインが干渉しにくい

末端を斜めにカットするのが理想だが横着して

普通にカットしてしまう


イメージ 4



極秘なのだが、特殊な材質のものを竹材と組み合わせることで

ハイブリッド竹穂先という名をつけた

竹以外の二種類の材質を組み合わせることで

感度と合わせの両立を図っている


イメージ 5



ガイドを瞬間接着剤で仮固定したら、スレッドを巻いていく

その後、二液を用いて接着をする

スレッドの太さで巻きやすさなども違うのだが

細いと綺麗に巻けるが、かなり面倒で

逆に太いと、巻きやすいが隙間が出やすく雑に見えてしまう


大会に備えて、3種類の穂先を製作した


イメージ 6


最後に、自作電動リールをメンテナンス

ハイパワー化を実現させたのは良いのだが

巻き上げ速度が早すぎて、わかさぎが外れるという事態にwww

それでも、それが楽しいと思えるのは良いことなのだろう

いつの日か、トラウト用電動リール作ってしまおうかなwww







































イメージ 8

自作カワハギ集魚板

イメージ 1


人気の船釣りの定番カワハギ船

昨年末から、本格的に挑戦し始めて苦汁をなめながらも

どうにか、人並みの釣果が出せるようになり

竿頭なども経験できるまで成長できた

カワハギグッズという無数の釣具に心惹かれるも

本当に効果は如何なものかと疑ってしまう

ならば、自分で作ってしまえばいい・・・・

と言うことで、今年に入りシーズン終盤から自作カワハギグッズを製作開始


イメージ 2


昨シーズンの自作集魚板を使った時の様子

運が良かっただけかもしれないが、絶好調だった

市販の集魚板は、ステンレス製が多く丈夫だが

海水よりも比重が断然重く、感度が落ちるんではないかと思った

ラインのたるみを作って誘うのであれば集魚板で無くて良いと思える

そこで考え出したのが、アルミ製集魚板

エリアトラウトルアー製作で使ったビーズ&ステンレス線で

製作することにした


イメージ 3



アルミ製の集魚板には、ホログラムとアワビシートを使用

集魚効果をきたいしているのだが、如何に・・・


イメージ 4



極細ステンレス線を通し、スイベルで接続させれば完成

流れの方向に向きを自在に変えてくれるので

抵抗は極端に抑えながらも集魚効果を期待する

重要な感度だが、比重が軽い分確実に市販のものより感度は良い



そろそろ渓流も禁漁に入るので、わかさぎグッズ製作に入ろうと思う









イメージ 1



まさかカワハギ関連の釣具を製作するとはね・・・・

以前、カワハギ先生からレクチャーを受けた際に

カワハギ集魚具があったほうが良いと教えてもらった

飾りのついた中オモリなどは購入していたが

どうもジャラジャラ取り付けるのは思っていたが

レクチャーの際に借りてみたら、なんとなく反応がよくなった気がしたのだ

それで購入しようと釣具屋へ行くと・・・・高いね

しかも自分で作れそうじゃんwwww

ってことで、買わずに作ってみることにしました


イメージ 2



まずは花火系・・・市販のはゴム製のラバーみたいなのだったので

それよりもケイムラフラッシャーで作ったら

アピール度抜群でしょってことで完成

きっと海中では青っぽくキラキラしながらアピールしてくれると思います


イメージ 3



在庫で持ってたビーズを使い集魚グッズ

光に当るとキラキラするので良いかなと

拘りとしては、水の抵抗を最小限に減らし比重も最小限に抑えました

何を期待できるかというと、感度です

感度命で集魚が装着できるのって中々無いんですよね

市販のって比重の重いスナップスイベルが着いているし

極細のステンレス線なので強度もOKだし期待しています



イメージ 4


期待のカワハギ集魚板

我ながら力作と豪語www

反射板にはホログラムシールとシェルを張りました

保護の為にクリア塗装とケイムラ塗装を施してあります

これにも秘密が・・・・

市販の集魚板だと比重が重くて感度を損なうと思えたので

極薄のステンレス版を使用し、ジョイントは中央の一箇所のみで製作しました

市販のものより感度抜群のはずです

樹脂も考えましたが比重が海水より軽くても良くないと思えたので


イメージ 5



最後はシンカーをリメイク

普通の安価なカワハギ用シンカー25号にホログラムシールを巻きつけました

見た目は悪いですが効果があると期待しています

数個製作しています

シーズン終了までに一回だけでも実釣に行きたいな〜


制作費は在庫品を使ったので0円です
















広告




イメージ 7



イメージ 8





イメージ 9









イメージ 1



また新たに始動した、自作わかさぎ用竹穂先

前回製作した穂先は残念ながら失敗に終わった

しかし今回は成功すると確信に満ちた自信がある

失敗することで消去法的に絞られるからである

そして今回は新たな材質を手に入れてアイディアは膨らむばかりだ

それでは行程に移りましょう

まずはステンレス(軟鉄)を使ってガイドを製作

3mmの穴寸でのガイド製作です


イメージ 2


厳選された竹串(100均のはオススメしない)

前回は竹細工用の竹を使用したせいで失敗に終わった

竹細工用だと自在に曲がってしまって反発がなさ過ぎた

今回は再度竹串を使用することにして焼入れ作業

オーブンで240度で5分くらい焼きを入れてみた

狐色に焼かれた竹は油分を出すのでキッチンペーパーなどでふき取る


イメージ 3



削りの作業・・・・これが一番大変

こまめに調子を確認しないと失敗することもある

カンナを使用しても良いが、削り具合が見えにくいのでナイフを愛用

何度も調子を確認して削り落としました


イメージ 4


組み合わせる特殊フィルムをカット

この特殊フィルムの長さで調子が大きく変わるので要注意


イメージ 5



マスキングテープなどで組み合わせて確認する

なんども具合を確認しないと失敗します

フィルムを重ねることで、曲がり具合も変わります

好みの調子を探りながら何度も合わせます


イメージ 6


今回、新たに加わった特殊金属

竹や特殊フィルムより反発が強い為、胴調子の穂先に

かなり有利に働く可能性を感じて使用することにしました

カットして竹穂先の幅に合わせるのですが

カットした側面が鋭くなってしまうので鑢をかけます

手を切ったりラインが切れる可能性がありそうです



イメージ 7


わかりにくいですが、ほぼ完成したハイブリッド穂先

今回は二種類の穂先を製作しました

画像は特殊金属&竹材を組み合わせたハイブリッド穂先(胴調子)


イメージ 10
*画像クリックすると他サイトへ飛びますので注意!


コチラは、特殊フィルム&特殊金属&竹材のハイブリッド穂先

すでに完成してますが、お見せできるのはここまでwwww

これは実釣を重ねて完成度を高めて活きたいと考えています

しかしながら今回は期待しています


とりあえず、今シーズンの穂先開発は終了です

あとは仲間の為に数本製作して終わります

これでやっと自作電動リール開発へと移行します


イメージ 8



ちょっと昔作ったハンドメイドエギのあまりのバルサ材を使って

一昨年釣ったモンスターヤマメをかたどって刳り貫いてみました


あとは実釣を重ねて完成度を高めていこうっと♪

















広告






イメージ 11







全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事