いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

オフショア・船釣り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 2


遂に今年もやってきた、夏の相模湾キハダマグロ

タイミング次第では、20キロ、30キロのキハダと対峙する

最近ではキハダの釣り方が完成してきて、キャッチ率は上がっていると感じます

遊魚船などには仲乗りさんなども乗船しているので、取り込みに

四苦八苦しないような気がしています

今年はカツオがイマイチのようで、悩みましたがキハダ本命勝負で決めました

今回も昔からの海釣り仲間でもある、パンダ氏と乗船

パンダ氏が連れてきた、二名のキハダ狂いの男も乗船です

一人は某釣具メーカー(○ュエル)のテスターさんでした

コマセマグロ船の御立ち台を陣取り、エビングにて挑戦です

ちなみに海釣り仲間のパンダ氏はコマセ釣りでキハダ20キロ、30キロと

キャッチした経験者でもあります

エビングとは?200g前後のジグをシンカーにして専用天秤に

キハダ仕掛け、餌はエビの疑似餌を使用します

ジギングに似ていますが、ワンピッチジャークとは違い

ゆっくりと誘うこともできるので、スタミナ的にも楽です

イメージ 3



前夜入りして少しでも睡眠時間を増そうとむかいました

っとその前に、最近通るたびに立ち寄る小川家さんで

定番のアジフライ定食を食べる(御飯、味噌汁お替り自由)

御飯、味噌汁をお替りしてお腹は破裂寸前ですwww

港に到着して、軽く晩酌し仮眠・・・・・・・・・

イメージ 4



早速、パンダ氏が連れてきた二人に挨拶♪

手分けして荷物を積み込み、朝5時半に出航です

キハダが釣れるのか、キハダとの対峙を期待と不安が入り混じります

今回の御立ち台でのエビングは二名です(一人はパンダ氏の仲間)

お互いに健闘を誓い合い、準備を進めます

イメージ 5


今回のポイントは遠いようで、三浦半島から出航して真鶴方面へ

その間に準備を怠らぬよう、タックルを何度もチェックします

このダイワ ソルティガが唸るようなキハダを期待するばかりです

イメージ 6


ポイントに到着するとキハダ狙いの大船団が形成されておりました

横浜八景島〜真鶴の船まで数え切れないほどの船が集まっております

開始の合図と共に、投入し50m付近からジャークジャークジャーク!!!

まったく反応がありません、すぐさまポイント移動の指示がでます

カツオ、マグロの時はポイント移動が激しいのです

群れの動向を先読みして、ポイントに入るので繰り返し移動します

イメージ 7



背後のコマセの数名がカツオ(3キロくらい)を釣り上げていました

私はエビングということもあり、シイラをキャッチ・・・・・・臭い

今日は厳しいようで、何十隻の船が苦戦しているようです

本命キハダの反応は相変わらずない状況です


イメージ 8



幾度となくポイント移動を繰り返したもののキハダの姿はなし・・・・

唯一コマセの方がキハダをヒットさせたものの他の船の客の仕掛けと

絡んでしまい痛恨のラインブレイク・・・・・・

我々エビングも悲しいくらいに一度もあたりはありませんでした

そして終了・・・・・・悔しい思いすら味わえませんでした

リベンジしたいところですが、今年は仕事も忙しいので難しいかな

初陣で終了って悲しい・・・


使用タックル
ロッド ヒラマサキャスティング用(20キロ〜対応)
リール ダイワ ソルティガ5000H
ライン PE5号300m リーダーフロロ100ポンド
エビング天秤 ジグ195g ライン24号





現在、ブログ移行を行っています
すでにFC2に移行しているのですが、イマイチで悩んでいる最中です
ブログ移行のアドバイスあったら教えてください






イメージ 9




















イメージ 1

イメージ 1


夏といえば海!普段は山ばかりの私ですが夏になれば海でしょ(笑)

特に夏を告げるかのように盛り上がりを見せるのが

ライトタチウオ、脂がのって美味しいタチウオが釣れるんですよ

毎年のように夏になるとライトタックルで船に乗ってしまいます

今回は釣り仲間の相棒&Hちゃんに誘われて観音崎沖へGO


イメージ 2


今回は新調したダイワのライト竿のアナリスタが登場

これ訳あり品で4000円で購入したというラッキーな品物www

私は小型電動リールですが、仲間の二人は手巻きで挑戦

果たして結果は如何に・・・・・


イメージ 3


夏といえば海・・・だけでなく冷えた缶ビールでしょうwww

二人からの差し入れで乾杯♪

いつも差し入れありがと〜健闘を誓い合いますwww


開始早々にHちゃんが本命タチウオをキャッチ

しかし私と相棒は大苦戦・・・・

私と相棒は経験者なはずなのに、何故かヒットしない

例年とヒットパターンが違うらしく出遅れてしまいました


イメージ 4


少々遅れること数十分で、私も相棒も本命タチウオキャッチ

これで続くかなと思いきや、やはり大苦戦

途中、なぜか大きなアジが釣れたりして面白かったけどね

後半に入っても、なぜかタチ初心者Hちゃんばかり釣れる不思議

Hちゃんの誘い方を伝授してもらうと、あら不思議

急に釣れだしましたwwww

タチウオだけは攻略が難しいですね〜自信あったのにな〜


イメージ 5


Hちゃんは余裕でのツ抜け達成♪

私は後半、奮闘して8本で終了しました

とはいえ、仲間との釣りは本当楽しいですね



当日のタックル
ロッド ダイワ アナリスタ
リール シマノ 小型電動リール
ライン PE2号
仕掛け 自作タチウオ仕掛け




イメージ 6


なぜか釣れてしまったアジで刺身&アジフライにしました

アジフライは最高に美味しかったですよ


イメージ 7


こちらは、タチウオの炙り♪

脂が浮いて、とても美味しかったですよ


イメージ 8


タチウオの骨煎餅、ビールに最高に合いますよ



イメージ 9


タチウオのフライ、これも美味しかった〜

あとは定番のムニエルも作り美味しく頂きました















イメージ 10























イメージ 11


イメージ 1


海のスプリンターと呼ばれる魚をご存知だろうか・・・・

そう海のスプリンターといえばヒラマサ(平政)である

見た目はブリ系に見えるが、色濃いイエローバンドが特徴の魚だ

そして愛して止まないアングラーが多いのもヒラマサ

ヒラマサの引きはワラサなどを遥かに凌ぐ猛烈なファイトを味わえる

一昨年、初挑戦でヒラマサをキャッチし虜になってしまった

外房無敗、連戦連勝記禄継続中の男が今年も挑む

一つテンヤ、ジギング共に外房無敗である


イメージ 2


今回の外房ヒラマサは、TOP&ジギングで挑む

ジグも115g〜220gまで準備

なんとTOPのルアーは一個で挑むのだ(高くて買えない)

こうしているだけでもテンションが上がってくるもんだ


イメージ 3



そしてダイワ ソルティガ5000H、キャタリナ5000H

念入りにメンテナンスをし、入念にFGノットを組むのだが

ラインが太いためにノットは苦戦するので何度も組みなおした

納得がいくまでFGノットを結びなおした為、ラインがかなり減ってしまったwww


イメージ 4


外房は大原港に前夜入りし早朝4時過ぎに受付けを済ます

今回も同行してくれるのは、ヒラマサエキスパートのガッチャンさんだ

私をヒラマサの世界へ導いてくれた恩人である

渓流仲間としてブログで知り合って、ヒラマサに同行するなんてのは

私とガッチャンさんだからこそであろう・・・・・

準備を済ませ、船に乗り込む・・・ボルテージがあがる

そして外房ヒラマサハンターが集うだけあって各種メーカーの

高級タックルがズラリとロッドホルダーに並ぶ姿は気持ちを高ぶらせる

ソルティガ、キャタリナ、ステラ、ツインパワー・・・・・


イメージ 5



一時間ほどでポイントに到着し一斉にキャストが始まる

乗船したアングラー全員がTOPでヒラマサを狙う

水深も15m〜20mくらいと比較的浅い

当然ながらTOPで狙うべきだろう・・・・

序盤、他のアングラー(艫)のルアーに水しぶきが上がる

ヒラマサがルアーを追ってきた証である

テンションが上がるもヒットせず、次ぎは俺とばかりに

無我夢中でキャストを続けるが、徐々に腕に乳酸が溜まり始める


イメージ 6


シマノ オシア ペンシル160F

水しぶきをあげたりアクションをつけながら試行錯誤するも

ミヨシを陣取る、私とガッチャンさんに反応はない

そんな時、艫のアングラーのルアーにヒラマサがヒットした

豪快に水しぶきを上げたものの、船底に入られラインブレイク・・・・

船内で溜息が漏れる・・・・・・


イメージ 7



後半となり、艫のアングラーがヒットさせヒラマサをキャッチした

虚しく我々には無反応を見せるヒラマサ

無情にも最後の流しの合図が船長から出てしまった

これで外房連勝記禄も途絶えるのか・・・・

しかし最後まで諦めきれない、疲れきった腕でキャストを続ける

それでも反応を見せないヒラマサ、もう終了の合図が出ると判断した私は

最後の勝負にジグ115gマサムネを装着したタックルを手にした

急いで投入し、ボトムから大きくジャークでアピール

緩急をつけ、ワンピッチでアクションをつけると・・・・・・

遂にヒット!!!!!!!!!!!!!


イメージ 8


猛烈なパワーで突っ込むヒラマサと一身一体の攻防戦が始まった

けたたましく泣き叫ぶソルティガ5000Hのドラグ音

否応無しにアドレナリンが大噴出

寄せては突っ込まれるの繰り返し、なかなか海面に姿を見せない

すでに疲れきった最後にヒットすれば当然辛い

すでに両腕には乳酸が溜まり、ハンドルが回せない

このパワーファイトこそヒラマサの醍醐味だ


イメージ 9


もう限界・・・・と思い始めた瞬間、海面にヒラマサの姿があった

外房のスプリンターを制した瞬間だ

最後の力を振り絞り、キャッチに成功した

あまりの疲れに、崩れ落ちるように座り込んだ

しばらく放心状態のち、記念撮影となった


イメージ 10



ヒラマサ  5.4キロ

このイエローバンドが恋しかったぜ

ガッチャンさんから、おめでとうと声をかけてもらえて嬉しかった

10キロのヒラマサを目標としているが、まだまだ先のようだ

なんとか40歳台のうちに仕留めてみたいものだ


イメージ 11


外房の神様に愛されたのか、運も実力のうちだ

とにかく外房連戦連勝記禄が途絶えることはなかった

ヒラマサは実力よりも大きく運(タイミング)に左右される

いつきても釣れる訳ではないし、バラしも多い

だからこそ愛して止まないアングラーが集うのだろう

外房に感謝、そして導いてくれたガッチャンさんに感謝だ



イメージ 12


ガッチャンさんと必ず立ち寄るラーメン店の、あさりそば

とても濃厚で、あさりの旨みが凝縮されたスープが

五臓六腑に染み渡る、疲れた体に最高な味だ



タックル
ジギングロッド ダイワ ブラスト
リール ソルティガ5000H
ライン PE5号 リーダー40ポンド
ルアー マサムネ115g

キャスティング ロッド 天龍 
リール ダイワ キャタリナ5000H
ライン PE5号 リーダー40ポンド
ルアー シマノ オシア160F




イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16


帰宅してシンクに乗らないヒラマサを解体する

久々に大変な解体作業となった

上から、カマの塩焼き、刺身、照り焼き、竜田揚げ

どれも美味しくいただく事が出来ました

シーズン中に、あと一回行きたいな〜





























イメージ 18


イメージ 1


昨年のことだったか、兄がボートを買ったというのだ

手漕ぎボートだと思い、覗きにいくと船外機が置いてある

何気に本格的に考えているようで、毎週末ボートを改造していた

船外機と言っても免許の要らない2馬力

早速、息子や娘を連れて進水式をしに海に出掛けて

すっかり慣れた様子で、遂に誘ってきたのだ

実を言うと、私は女房以外に釣りの知識を話すこはしない

だから兄弟も身内も、私の釣りレベルは知らないのである

私にとって常識的なレベルの話を得意げに話す兄弟達

俺は腹の中で、いつも笑っているのだよwwww


イメージ 2


2馬力といっても、これだって立派な男の浪漫だろう

庶民にとっては浪漫だと思うよ・・・本当にそう思う

子育ても一段落した兄家族にとっては夢の船外機ボートだろう

安全にボートが乗れる場所を調べたようで葉山港を利用するらしい

葉山港に向かいボートを下ろし準備をした

ボート専用の受付などをし、いざって時は安心できる体制のようだ

大人二名で、ギュウギュウな小さな男の浪漫である


イメージ 3



しかしながら小船の為、波を被るわボートに海水は入るし大変だ

私はオフショア慣れしているので酔ったりはしない

しかし操縦する兄は、寒い・・・気持ち悪いという始末

水深30mの場所を魚探で調べ、ボートを流すことにした

イメージ 4


兄はコマセで五目釣り、私は一つテンヤで五目狙いだ

流れに任せて、底を探るもののあたりすらない

困ったもんだ、ビシコマセにはフグの猛攻で意気消沈だ

仕掛けを取られまくって、ヤル気を無くしたようだ


イメージ 5


ならばとアオリイカ狙いでティップランエギングに切り替えた

風も吹き始め、流れも早くなり あっというまに陸地近くまで流される

頼りない2馬力エンジンが唸りながら起きに戻るの繰り返し

結局、開始して2時間ほどで、洒落にならない風で引き返すことにした

帰りに、カツ丼をご馳走した私・・・・もう少し海慣れしてくれよと願う

良い季節になったら、また乗ってもいいと思った

港に帰り、船や船外機を洗浄していると他のボートの方と話すことが出来た

今日は何も釣れなかったとのこと、潮回りも良くなかったしね

通ってればボート仲間として仲良くなれそうだね




イメージ 6



















イメージ 7

イメージ 1



毎年恒例のボートロックフィッシュ(主にメバル)に行くことになった

毎年、お世話になっているのは横浜アイランドクルーズさん

かなり有名なチャーターボートの店で、有名人なども利用しています

湘南鱒釣師さんらと毎年乗るのですが、今回はあと一人

誘って4名で乗ろうよと言うので、それじゃ誰か私が誘うよという事に・・・

それならばと、K美さんを誘ってみることにしました

ボートロックといえば、極寒の夜のボート

言葉に出来ないほど寒い夜もあり、少々心配でしたが

K美さんは、完璧なほど準備万全な状態で一安心

イメージ 2



横浜の某所から、高速ボートで出船〜リッチな気分ですwww

夜の横浜ベイブリッジの下をくぐりポイントへ向かいます

今回は、湘南鱒釣師、相模の釣師、K美さん、そして三年連続参加の

仙台のアングラーSさん、このSさん仙台の某有名河川で

研究者と共に色々な活動をされている立派な方です

イメージ 3



K美さんに軽くアドバイスをして、早速開始

ファーストヒットは私で大型シーバスがヒットしてしまい

4ポンドラインは、あっけなくラインブレイク・・・

K美さんは、早々に良型メバルをキャッチして眩しいほどの笑顔♪

K美さんのキャッチで一安心したものの、私だけノーフィッシュ

あれれ・・・毎回釣れるんですが、まさか私だけなんて・・・

しかもK美さんに貸したルアー(えびちゃん)は私も使っているのに・・・

イメージ 4



楽しそうに釣りまくる、K美さんと湘南鱒釣師とSさん・・・・

私だけ釣れない時間が一時間ほど続きます

釣れなかった理由として、ナイトスピン(回すと光るリール)の

ラインが色つきなのが原因だと判断し、タックルを交換を決意

イメージ 5



カサゴ狙いのポイントに移動して湘南鱒釣師さんはカサゴをキャッチ

私もカサゴ用のルアーに交換しようと思いましたが

長年ボートで愛用している実績の高い、えびちゃんルアーで頑張ります

K美さんは、何気にポコポコ釣り上げていますwww

もしや、私だけ釣れないなんていう神回が起りそうな予感

焦りも見え始めころ・・・・ど〜〜〜〜ん!ヒット!!!

久しぶりに味わう重量感、あの魚特有の首振りの感触

ドラグ音をなり響かせながら、ぶっこ抜き!


イメージ 6


なんと、東京湾では釣れなくなったはずのアイナメ降臨!!!

船内にどよめきが起りますwww

ボートの無線でも大盛り上がりwww

東京湾では滅多に釣れない上に、41cmのアイナメ(ビール瓶サイズ)

アイナメ自己新(過去37cmが最高)にもなりました

逆転満塁ホームラン級の気持ちよさ・・・やっぱ俺もってますなwww


イメージ 7



アイナメをキャッチした私はスイッチが入ったのか爆釣状態に突入

大型メバル、カサゴなどボッコボコに釣りまくります

他の3名も、釣りまくり祭り状態です

とにかく、後半は爆釣となり焦っていた事を忘れるほどでした

すっかり上機嫌の私wwww


イメージ 8



みんな上機嫌で終了となり、工場夜景を眺めながら港へ

夜の横浜の海は、本当に夜景が綺麗です

寒さを忘れるほどの熱い夜となりました

とにかく、みんな釣れまくって良かったな〜


タックル
ロッド OGK アジングロッド 5.6ft
リール ダイワ カルディア1500
ライン PE0.3 リーダーフロロ4ポンド
ヒットルアー 主にリアルエビワーム


イメージ 9



空腹と冷え切った体では、選択肢はこれしかないよねwwww

地元に戻り、K美さんと深夜のラーメンで〆ました〜

五臓六腑に染み渡る深夜のラーメン

本当に美味しく感じた家系らーめん大桜でした



































イメージ 11

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事