いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

オフショア・船釣り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1


先日、どうしてもアマダイ料理を食べたくなって

珍しく(初めて)単独で船に乗ることになりました

船宿は自宅から一番近い、平塚の港の船宿さんです

相模湾のアマダイ釣りは、数は釣れるが型が小さいというイメージ

今までの実績からも、型よりも数釣りといった印象があります

前回の城ヶ島沖では、リレー船の短時間とは言え一尾は寂しかった

お腹一杯、高級魚アマダイを食べるべく向かいました

気合を入れて前夜入り、しかし早朝四時船宿開店時間に起きれなくて

他のお客さんに起こされる始末・・・ダメですね

釣り座を確保する順番があるので、起こしてくれるだけ親切ですね


イメージ 2



釣り座は、艫を確保でき一人ぼっちとはいえ気楽な気分です

ライトアマダイは二艘でていて、ライトアマダイの人気を感じます

今回用意した竿は10年位前に4000円で購入した安物

しかし、この安物竿で釣りまくり竿頭は何度も経験している

相性のよい竿なのです・・・・・



イメージ 3



相模湾の御来光を眺めながら、仕掛けをセットしたり

オキアミを、秘密液に漬け込んだりしてポイント到着を待ちます

その間に、朝食用のパンをかじりながら他の客と談笑

ポイントに到着し、まずは60m付近を狙います

しかし、誰も釣れず・・・・

他のお客さんとも今日は釣れないね〜っと話してました


イメージ 4


次の水深80mのポイントで、遂にアマダイをキャッチ

皆さんの視線を感じます・・・あいつ釣りやがった的なwww

皆さんスイッチが入ったようで、無言で集中しています


すると、今度は物凄い重量感溢れるあたりが!!!

電動リールONしても、なかなか浮いてきません

ようやく姿を見せたのは・・・・おおおおお〜〜〜〜!!!!



イメージ 5


軽々50cmオーバーの53cm、推定1.5キロ

でかアマダイをゲットしました〜

ライトタックルでのデカアマダイは緊張感あって楽しいです



イメージ 6



アマダイ50cmオーバー記念ステッカーが授与されました

やったぜ〜っと喜んでいると・・・・

だれも話しかけてきません・・・不穏な空気

周りの空気を読まないといけませんね・・・


イメージ 7


今度は、ちょっと珍しいキアマダイ(黄色い)

さらに空気を読まず釣り続けますwww

きまずいな〜っと思ってたら、他の方も釣れ出したので一安心


イメージ 8


ポイントによっては、本命でないゲストも多彩です

こちらはレンコダイです

他にも、ソーダカツオ、トラギスなども釣れます


イメージ 9


なんという名前の魚でしょうか、かなりの人が釣れてました

リリースすると、潜るのが苦手なのか水面で四苦八苦していると

鳥に食われていました・・・・


イメージ 10


〆に、空気を読まずに、ドン!!!

良型アマダイを追加できました〜

大満足し、終了となりました

今回も二艘中、TOPで終了となりました

53cmを筆頭に4尾だけど良型揃いで満足です


タックル
竿 安物のライト竿(4000円)
リール シマノ電動丸400
ライン PE2号 150m


帰宅して、一気にアマダイを捌きます

ヌメリがあって結構苦戦するのがアマダイです



イメージ 11


釣りから帰って来た当日は、新鮮なアマダイの天丼!

なんという贅沢な天丼でしょうwww

とっても柔らかくて美味しかったよ〜



イメージ 12


アマダイの酒蒸し(ノンアルコール)

今回は酒を使わない、アマダイの酒蒸しです

通常は酒や昆布など使用しますが、簡単レシピとして

昆布茶を使用し、満遍なく昆布味を浸透させます

蒸し終えたら、後味さっぱりするようレモンスライスをのせて調整

とっても、美味しいアマダイでした


イメージ 13


アマダイの松傘揚げ♪

アマダイの鱗も美味しい、鱗のままで高温で揚げます

いや〜今回も秋田の酒が止まりませんwww


イメージ 14


こちらも松傘揚げ〜〜〜♪

高級魚アマダイだけでお腹一杯にするという贅沢ぶり(笑)

かりっとふわっとジューシーな松傘揚げは最高です

もう昇天しました・・・・www

我がアマダイ釣りに一片の悔いなし!!!

































イメージ 16
イメージ 1



毎年恒例となった、海での初釣り
 
今回は、ゲストを向かえ仕立て船(貸切、チャーター)となりました
 
そして釣物は・・・カワハギと旬の高級魚アマダイとなりました
 
今シーズン、カワハギに関しては不完全燃焼だったので
 
どうしてもやりたい気持ちがあったので釣物に加えて頂きました
 
そしてメンバーは、相模、パンダ、某釣具屋JSY店長なべさん
 
さらに、某釣具メーカースタッフさん、その友人の5名
 
 
イメージ 2
 
 
メンバーの遅刻などアリ、少し遅れて出船
 
御来光を眺めながら沖へ行くのはいいですね〜
 
今回も、お世話になったのは 仕立て専門あまさけや さんです
 
 
早速カワハギポイントに到着し、仕掛けを投入〜
 
 
イメージ 3
 
 
 
外道ラッシュから始まり、キタマクラに大苦戦
 
針は取られるわで、もうお手上げ状態・・・
 
その後、数回ポイント移動しキタマクラから逃れられました
 
 
イメージ 4
 
 
 
他のメンバーから少し送れてカワハギをゲット〜
 
ゼロテンション釣法で頑張り、ようやく結果がでました
 
途中、小型ライトなど使いましたが逆効果でした
 
今回は集魚飾り少なめのシンプル仕掛けが良かったようです
 
 
イメージ 5
 
 
良型カワハギ5枚を何とか釣り上げて満足できました
 
パンダ氏に、私の成長ぶりを見せれただけでも良かったかな
 
一応、私のカワハギ師匠になるのでwww
 
 
イメージ 6
 
 
 
カワハギ終了20分前になり、わたしはエギを装着
 
そうアオリイカを狙ってみました
 
しかし・・・釣れたのはマタコ・・・汗
 
アオリイカは釣れませんでしたが、次回時間を使って
 
狙ってみようと思いました
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
今度は小型電動リールを用いてライトアマダイに変わります
 
アマダイポイントに到着し指示棚は90m
 
城ヶ島沖のアマダイポイントは深いのです
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
序盤、釣れず焦りましたが何とか一尾ゲット
 
小ぶりサイズではありますが高級魚アマダイゲットで一安心
 
とりあえずは、松笠揚げが頭に浮かびますwwww
 
 
イメージ 9
 
 
 
和気藹々と時間が過ぎ、無事に海釣り初めは終了
 
船宿に移動し反省会・・・・
 
某釣具メーカースタッフさんとマグロ談義したり
 
釣り談義をして、お菓子やカップ麺を食べながら
 
くつろいで終わりました
 
 
パンダ、なべさん、釣具メーカースタッフさん、ありがと〜
 
また真鯛でお会いしましょう
 




イメージ 10



アマダイと言ったら、酒蒸しと松傘揚げでしょう

今回は松傘揚げにしました

アマダイは鱗も食べれると言う高級魚

鱗つきで揚げるのが、松傘揚げです

美味しい〜


イメージ 11



カワハギの薄造り

ちょっとフグを意識して切ってみました

相変わらずの美味さですwww


イメージ 12



カワハギの肝和え〜〜〜超定番ですね

がっつり肝パンのカワハギでした

もうお酒が止まらない〜



イメージ 13



畑のアングラーさんからの献上品www

秋田の日本酒、小野小町〜〜〜♪

超絶の美味さでした〜もう最高です

昇天しました・・・・・www




































イメージ 15

イメージ 1



色々頑張った、自分へのご褒美に購入を決断

ソルティガ5000H一個では大型青物狙いの時に

ジギング&キャスティングの際に、二本体制が取れない

今年の外房ヒラマサで痛感し、キャタリナ5000Hを購入した

実をいうと欲しかったトラウトロッドが在庫切れだったのが理由ですけどね


イメージ 2



ソルティガを手にして感じたのは、やはり重量

ソルティガよりも重い感じである

巻いた感じも重い・・・・

大型スピニングリール部門で二番手機種になるので当然かもしれないが

この重量でもキャスティングなら十分そうに思えた

シマノで例えるなら、ソルティガ=ステラ、キャタリナ=ツインパワー

っと言ったところだろう・・・・・



ダイワ>キャスティングゲームで大型ヒラマサやGTを獲るために生まれた

スペシャリティモデル

最大ドラグ15キロてのは、ソルティガと同等なのかな

頼もしいとしか言いようが無い・・・見た目は地味だがwww



イメージ 3



心強いマグシールド、潮咬など心配要らなさそうだ

サクラマスの頃に、ヒラマサも外房に現れる

それまでは得意のイメージトレーニング


イメージ 4



外房のヒラマサ&青物他、相模湾のキハダマグロ&青物他

あのパワーに負けない筋力も欲しいところ

時間をかけて、源流でも大型青物にも負けない

身体作りをしていかなくちゃね

今すぐにでも、使ってみたいな〜





























イメージ 6
イメージ 1



相模川サクラマス放流の事などあり、他の釣りが手に付かず

秋の海のターゲットは、ほとんど狙いにいけなく冬が来た

アカハタ、エギング、アジング、ヤエン、カワハギ、大型青物・・・・

今シーズンだけは我慢してサクラマスに集中しようと決めていたが

やはり、晩秋となれば狙いたくなるのが沖の釣物

昔からの海釣り仲間でもある、凪さんと久しぶりに

真鯛&アマダイ豪華リレー船に乗り込むことになった


イメージ 2


前夜入りする途中に、くらげ亭に立ち寄る

どうせどこかで食べるなら、くらげ亭で腹ごしらえ

まさのり氏特製の高菜チャーハン激辛相模SPという裏メニュー
(良い子は真似をしないで下さいね)

激辛というのに、オシャレ感を出すのはプロらしいね

明日の船釣りの話やらしながら、お酒も飲めないので

お腹が満たされて、明日沢山釣れたら貰ってよ〜っと店を出て港へ向かった


イメージ 3



朝目が覚めると・・・寝坊・・・乗船には間に合ったけどね

久しぶりに凪さんと、コマセ真鯛からスタート

支持棚は30m〜出発寸前まで手作りした真鯛仕掛け

得意のテーパー二段仕掛けである

しかし魚影はあっても口を使わない真鯛に焦りが出る

ん・・・・どうすれば口を使わせられるか

落ちてくる餌に反応しやすい真鯛だが、なんども煽ったり

巻いては落とす作戦を実行したがヒットせず

途中でマサバ(美味しいサバ)が釣れたりはしたが

その後、繰り返しやっていると何かヒットした

電動スイッチONして巻き上げると・・・・・


姿を見せたのは・・・アマダイwww

なぜに真鯛狙いでアマダイなのか・・・おそらく棚が低かったのだろう

まあ、後半はアマダイ狙いだったので結果オーライでした

とりあえず、おかずをゲットしようってことでアジの群れを探し

アジの群れの上でアジ狙い

私は真鯛仕掛けのまま、アジをポツポツ釣り上げた

そろそろアマダイのポイントに移動しようと提案が出た時だった

アジらしくない、中々の穂先の曲り方

もしや・・・・っと思いゆっくりと巻き上げた

姿を見せたのは赤い魚体・・・・


イメージ 4


やった本命の真鯛ゲット!!!

真鯛狙いでアマダイ、アジ狙いで真鯛という不思議な釣果になりました

共に結果オーライであるwww


そしてアマダイのポイントへ移動

すでに両方釣れている私は余裕の気分でアマダイ狙いに♪

すると、背後の凪さんの竿が大きく曲っているではないか

サメか?いや巻き上げ途中で暴れていると言うことは・・・・


イメージ 5


うひゃ〜巨大アマダイの登場だ(推定1.5キロ)

化け物サイズだなこりゃ〜っと船上は大盛り上がり

二人共に釣れて一安心と思っていた矢先に・・・・私までやっちまった


イメージ 6



これまた巨大アマダイ(推定1.0キロ〜)

二人して巨大アマダイを釣るなんて滅多にないこと

俺たち、やっちまったな〜っと大はしゃぎなオヤジ二人

まあ〜二人して大満足するなんてね珍しいですよ

そして終了・・・・


帰りに約束していた、くらげ亭に立ち寄り魚の土産

アジ&アマダイをプレゼントして帰りました

帰宅してからが忙しい、事務仕事をしてから

釣った魚を一気に捌く

まずは、マサバを唐揚げ用に捌き、下味をつける

次にマアジを捌き、刺身と干物用に分けて干物要は塩水に浸す(4時間)

その後、ピチットを使い冷蔵庫で干物を作る

真鯛を捌き、粗汁用、炙り用、鯛茶漬け用に切り分けて

面倒な巨大アマダイを捌く、大型のアマダイは滑めり出て苦労する

今回は酒蒸しではなく、松笠揚げに決めたのであった



タックル
竿 フルオーダーハンドメイドグラス無垢
リール シマノ プレイズ3000
ライン PE4号300m
仕掛け 真鯛 相模オリジナル仕掛けテーパー8m
アマダイ 市販の仕掛け






イメージ 7



軽く醤油をふり下味をつけた、マサバの唐揚げ

かりっとふわっと美味しい唐揚げです

(三浦地域では松輪サバというブランドサバです)


イメージ 8


定番の真鯛の炙り♪

もう岐阜の日本酒が進みまくります〜


イメージ 9


鯛出汁を使った、鯛茶漬け

これが一番好きです

最高に美味いのは鯛茶漬けに限りますねwww


イメージ 10



鯛の粗汁、結構煮ると頭などから柔らかい身が取れて

それが美味しいので、粗汁も好きです


イメージ 11



高級魚アマダイの松笠揚げ

今回は口内炎で痛かったので、鱗をとってあんをかけて食べました

通常はうろこごと揚げるのが松笠揚げです

なんとも言い表せない美味さですよ〜アマダイ


イメージ 12



帰りに買った三浦大根で作った鶏大根♪

冬の定番ですwwww







イメージ 13



























イメージ 14

イメージ 1


秋となり海釣りもハイシーズンとなってきた

私の耳にも色々なところから海の話が聞こえてきた

オフショアのパワーゲームも面白いのだが

ここ最近ハマっているのが、船カワハギ

釣果の差は、ほぼ腕で決まるゲーム性の高い釣りにむちゅうになった

カワハギグッズを自作したりと、どっぷり浸かっている

海釣り仲間と共に、気軽に楽しめるカワハギに

行き始めたのは昨シーズン

最初は思うような釣果が出ず苦労したが徐々に実力を身につけて

今シーズンのカワハギに挑むことになった


イメージ 2


前夜入りして、三浦半島某所にてエギングをすることに

相棒ことNが、エギングにどはまりしているのだ

だが、そうそう甘くないエギングの世界

強風やらで二時間ほど頑張って撃沈終了となった

港へ移動し仮眠・・・明日に備える


イメージ 3



6時半に船に乗り込み出航

当初(二日前)は4名だけと聞いていたが

前日の悪天候で出船しなかった為にスライドして多くの釣り人が乗り込んで

満員御礼状態になってしまった・・・・汗

雲の隙間から差す太陽の光が幻想的で目を奪われる

ポイントに向かう船上では、タックルをセットしたり

餌のあさりを〆たりしながら準備をする

自作集魚板を装着してポイントへ


イメージ 4



一旦、水深10mほどのポイントで投入の指示が出たが

反応はなく、すぐに移動となった

潮の流れが、とても早くお祭り(他の客と仕掛けが絡まること)必至である



イメージ 5


複数回、他の方と祭りしてしまい嫌気が差して

自作集魚板を外し、解きやすくした

しかし釣れてくるのは外道ばかり

そんな中、仲間二人は本命のカワハギをキャッチしている

焦る・・・私・・・・


イメージ 6


私を差し置いて盛り上がっている二人・・・・

相模さんも早く本命釣ってよとプレッシャーをかけてくる始末

私はスロースターターなんだと言い訳をするwww


イメージ 7


早い流れに苦戦しながらも、本命をキャッチ

気分上々となり、調子が上がってきた

その後、立て続けに本命カワハギをキャッチして

あっという間に6枚とした


イメージ 8



ウマズラハギ君も頻繁に登場する

他二名の数を、サクッと抜き去り実力の違いを見せ付ける
(タイミングだと思うが)

かっ飛ぶ早い潮に大苦戦&祭りで続発でイライラ・・・・

それでも、何だかんだと楽しめるのは仲間との釣りだから♪


イメージ 9



そして終了15分前・・・ある事に気が付く

リールの使い方を、すっかり忘れていたのだ

ボトムを簡単にとれる機能があるにもかかわらず

普通の両軸リールのように使っていた・・・汗

勿体無い、気が付くのが遅かった


イメージ 10


和気藹々と楽しみながら船頭に頼まれて記念撮影

カワハギ初陣としては、まあまあ楽しめたかな

また機会を作ってカワハギ行こうかな〜

混んでたので集魚板の効果はイマイチわからず

次回でも、じっくり試してみようっと




タックル
ロッド タカミヤ伝衛門丸GR180H
リール タカミヤ ギガソルト
ライン PE0.6
仕掛け 市販 自作集魚板
シンカー 25号(相模屋オリジナルSP)



イメージ 11



カワハギの薄造り&肝和え

たっさんから頂いた岐阜の酒の三千盛で昇天www









































イメージ 13


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事