いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

オフショア・船釣り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1



毎年恒例の湘南鱒釣師主催、大型メバル爆釣ナイト

もうかれこれ何回誘われてチャーターボートに乗っただろうか

今回も横浜ベイエリアをホームとする、アイランドクルーズさんだ

芸能人釣大会やメディアなどでも登場する機会の多い

アイランドクルーズさんだけに、ナイトボートメバルは期待大

ルアーボートなので船べりも低いし最高のボートである

若干早く到着しすぎて暇で仕方ないので散策すると

近くにモンベル発見・・・モンベルなんてあったっけ?

通りでアウトドアファッションに身を包んだ女性が多いわけだ


イメージ 2


横浜ベイエリアの夜景を眺めながら、うろついていると

そして湘南鱒釣師ことI氏&友人のSさん登場

Sさんは仙台で鮭の稚魚などを育てたり放流したりと

地元仙台の川を魅力ある川にと活動されている一人である

丹沢サクラマスの活動のこともあり色々と話を聞いてみたいもんだ

当日は強風ということもあり、風が落ち着く19時半スタートとなった

イメージ 3


横浜の夜景を堪能している余裕が無いほどに寒い

遠くに見える工場夜景が貴重だと思っても感動できないほど寒い

都会の夜の海とは言え、耐え難い寒さである

都会の海に居着くメバルやカサゴたちは主に人工物に居着くことが多い

ショアからでは狙えないポイントを巡るクルージングとなる

言わばショアから狙えない、かゆい場所に手が届くようなものだ


イメージ 4


仙台のSさんに早々にメバルがヒットした

その後はI氏とSさんがWヒット!!!

ガルプを使いたくなかった私だが、とりあえず釣ろうということで

ガルプ装着して、そっこーでメバルをキャッチ


イメージ 5


とりあえずガルプ(味匂いつきワーム)で数匹キャッチ

とりあえず一安心して昨年大型メバルを連発した

最強ルアーを装着する

その名は・・・えびちゃんルアー(TBで安く買えるシリコン系ルアー)

ポイント移動を繰り返す贅沢なボートフィッシングだ


イメージ 6


カサゴエリアに移動して、すぐにカサゴがヒットした

さすがは最強ルアーだwww

テキサスリグを用いた、I氏もSさんもヒットを連発していましたが・・・


イメージ 7


今年もガンガン釣れまくりですwww

爆釣タイムへ突入です

着水と同時にヒットしてみたり、フォール中にヒットしたり

障害物の隙間へ落とせば確実にヒットする

あらゆる引き出しを駆使して釣りを楽しむ贅沢な時間を過ごした


イメージ 8



少し反応が悪くなればポイント移動するので

短時間ながら爆釣できるのは当たり前かもしれない

I氏もSさんも連発で表情が緩みっぱなしだ



イメージ 9



今度はムラソイがヒットした

なんと途中からピカピカ光るリールOGKのナイトスピンにチェンジ

4ポンドのナイロンラインを巻いてあるので楽々ファイトを楽しめた


イメージ 10


今度は大型メバルをキャッチした

メジャーを忘れたので計測してないが25cmは超えていただろう

久し振りに味わう大型メバルのファイトは最高だった

夜の横浜ベイエリアにドラグ音を鳴響かせるのだから〜


イメージ 11



終了間際にも大型メバルをキャッチした

氷点下4度という寒さを吹き飛ばすほどの釣果だった

だが終了の合図と同時に強烈な寒さを味わうことになったのは言うまでも無い

このボートメバルは必ず爆釣とも限らず

あまり良くなかった時もあるので理解した上で楽しむと良いと思います

久し振りに、磯の大型メバルを狙いに行きたくなったな〜




当日のタックル
ロッド OGK アジングショット 5.6ft
ダイワ テレスコロッド 5.6ft
リール ダイワ セルテート2004
OGK ナイトスピン1000
ライン ユニチカ PE0.2号 フロロ3ポンド
ユニチカ ナイロン 4ポンド
ヒットルアー JH3g〜ガルプ他 えびちゃんルアー




イメージ 12












広告


イメージ 13






イメージ 14









イメージ 1



前回、相模湾のカワハギ船で思うような釣りが出来ず

悔しい思いをしたまま悶々としていると

昔からの海釣り仲間のパンダ氏から、私でよければレクチャーしますよと

連絡が来たので、それじゃ行きますかね〜っと行くことになった

カワハギはワカサギと似ている部分があって

活性が高ければ技術が無くとも釣ることが出来るが

低活性時に如何に釣ることが出来るかというのが課題である

カワハギシーズンも終了間際とあって、出来るだけ

早い段階でカワハギをマスターしたいと考えていた


イメージ 2

ライトアマダイでもお世話になった茅ヶ崎の一俊丸さん

前夜入りして駐車場前で車中で寝るのだが

午前四時に駐車場が開くので、おきなければならず

寝不足になるというのが茅ヶ崎の船宿の難点である

平等がモットーの船宿なので座席は抽選である

見事にトモは取れなかったがミヨシをゲットした

道具を積み込み、出船の準備だ


イメージ 3


眩しいほどの朝焼けに照らされながらタックルをセットする

今回は、感度重視ということでラインも極細に巻き変えてきた

カワハギ名人見習いだというパンダ氏からアドバイスを受けながら

仕掛け、集魚具、餌などをセットした

前夜は自宅を出る前に活きあさりを購入して2パック剥いてきた

プラス、スーパーの冷凍アサリも用意

さて結果は如何に・・・・・


イメージ 4


遠くに見える江ノ島がいい感じの茅ヶ崎沖に到着

早速、投入開始の合図が出た

興奮を抑えながら仕掛けを投入・・・・

数十分たってもあたりがない・・・・・

仕掛けの動きと自分のイメージが同調してないからだろう

まだまだ修行が足らない証拠だ

プロからレクチャーを受けながら上達したパンダ氏は

幸先良く、カワハギをゲットしていた


イメージ 5


ようやくカワハギをキャッチしたのは午前10時過ぎ・・・・

軽く3時間近く、釣れないままだったので焦っていた

俺は釣りが下手なのか?

いや違うはずだ、コツさえ掴めば出来るはずだと言い聞かせた

なぜなら、一つテンヤの時だってコツ掴むまで

苦戦したが、コツを掴んだ途端に3連発だったしね


イメージ 6


しかし非情にもカワハギは姿を見せず

冬のカワハギは難しいと聞いてはいても

そんな理由で秋まで待てるかってのが私の真骨頂なわけで

パンダ氏のアドバイスを受けながら外道を交わしながら

集中を切らさず、誘い続けた


イメージ 7



再度、江ノ島沖にポイント移動した時、船長のアナウンス・・・

あと一時間ほどで、上がりますので頑張って下さいと・・・

パンダ氏から集漁具を借りて頑張ってみる

そんな時だった、カワハギの捕食する感触がわかるようになってきた

一日という長いようで短いなかでもカワハギの反応は変わる

如何に、引き出しを持ち、如何にハマる釣りをするかが鍵ならば

今の私はハマリかけているに違いないと集中MAX


イメージ 8


ポイント移動して最初にキャッチしたのは私だった

これだ・・・なにか確信めいたものを感じた

そして怒涛の3連発

よし、これからだと思った瞬間・・・終了の合図

あと一時間やらせてくれれば完璧にコツを掴めたのに・・・・

残念ではあるが、後半になって得た収穫は大きい

釣果はエキスパートに及ばないものの

とても満足できたカワハギ船となった


イメージ 9



帰りは、近くのラーメン屋で反省会

レクチャーの御礼にご馳走した

やはり上級者のレクチャーを受けながらだと

疑問の答え合わせをしながら釣りが出来るので習得が早いと感じた

あと一回でいいからカワハギ船に乗っておきたいな

パンダ氏〜ありがと〜


タックル
ロッド タカミヤオリジナル伝衛門・舷天GR180MH
リール タカミヤオリジナル ギガソルト
ライン サンライン PE0.6号





イメージ 10


カワハギの薄造り♪

フグの薄造りをイメージしてみました

相変わらずの旨さです



イメージ 11



定番中の定番、カワハギの肝和え

安定の旨さです

次ぎは色々カワハギ料理を試してみようっと



















広告






イメージ 15


イメージ 13


イメージ 14

イメージ 1


昨今、私の船釣り熱が復活してきたように感じる

一時期は船釣り自体に足が遠のき、年に3回ほどしか乗らない時期もあった

ワンパターン化した釣り物やゴタゴタに飽きてしまったことが原因だろう

刺激を求めて生きてきた自分にとっては致命的である

一昨年、訳あって知り合いとなった相棒とHちゃん

思考回路が似ているようで、私が釣りたい釣り物や

新たな世界へみちびいてくれ同行してくれる仲間となった

外房方面の釣り、ジギング、キンメ、ヤリイカ、エリアトラウトなど

つまり釣りジャンキー仲間なのであるwww

私の救世主的な存在となり、救世主と呼んでいる

来年はカワハギやろうと約束し約束どおりカワハギ船に乗る事になった

本当はキンメ予定だったが朝が早いのと寒さでカワハギに変更した




相棒が探してくれた船宿に予約を入れたのだが

値段も安く、電話対応も気さくな感じで気に入った

前夜入りも気軽に出来る大駐車場があり更に気に入ったのであった

出船も冬の朝にはあり難い7時半出船

釣り座はトモから3名並んで座ることが出来た

ちなみに3名とも、お揃いのタカミヤオリジナルタックルである

相棒が用意してくれた餌となるあさりを解凍し塩〆する


イメージ 3



ポイントは意外と近く、早速釣り開始の合図が出た

真新しい、ダイワの餌入れに餌のアサリを入れて

不慣れな手つきで、針にアサリを通した

3人で、あ〜だのこ〜だの言いながらwww

早々にベテラン風の方がカワハギを釣り上げた

そして続いて相棒が釣り上げて歓喜

活性の高い朝方は優しい誘いでヒットさせて私も続いた


イメージ 4


初カワハギ〜ゲット(船カワハギ)

ショアハギでは散々釣ってきたが船では初

釣り方は某船宿の釣り方を勉強しまくった甲斐があった

なにしろ他の釣り物と違って乗せるのが難しい

遅れてHちゃんもカワハギをゲットした


イメージ 5



相模湾から富士山を見ながら釣りをする気持ちよさ

相棒&Hちゃん二人は続けてカワハギを釣り上げる

焦る俺・・・懸命に誘いを入れれば入れるほど

釣れるのは外道ばかり・・・余慶に焦る


イメージ 6


また外道ですか・・・・

隣に座るHちゃんがクスクス笑う・・・・

なぜだ・・・なぜ俺には外道ばかりなんだ

外道の数ならダントツTOPの釣果だぞ

シンカーロスト覚悟でゼロテンションで狙う

流れが早いし風も強い日だけに集中する

ちょっとでも目を離せばシンカーが岩礁に根かかりやがる


イメージ 7


後半に意地の一枚を乗せた・・・・だが

他の二人は大型のカワハギを釣り上げ大喜びだ

なぜだ・・・・・何故なんだ

これがカワハギなのか?

夢中になりすぎて、時間はあっという間に過ぎていった

気が付けば、あと15分ほどで上がりますというアナウンス


イメージ 8


終わってみれば完敗である

最初はネットで学んだ事をレクチャーしてあげてたって言うのに

まるで立場がないのである(大泣)

けどね、気が付いたことがある

船のカワハギって面白いね

こりゃリベンジ決定だよ

船あがりに船宿さんにてカップ麺や御菓子や漬物などご馳走になり

なんて安くてサービスが良くて優しい船宿なんだと一同感動した


イメージ 9



反省会はラーメンじゃなくジョナサンスイーツwww

シロノワールっぽくて気に入ったスイーツ

今回のカワハギの話題や釣り物の話題などで盛り上がった

また行こうぜ釣りジャンキー仲間よwww


タックル
ロッド 伝衛門丸 カワハギGR 180MH
リール タカミヤ ソルトギガ
ライン PE1.2号
餌  マル秘あさり 358円



イメージ 10


定番カワハギの肝和え

超絶な旨さです、やっぱカワハギだねwww

また食べたくなってしまいました


イメージ 11


シンプルなカワハギの刺身

とても上品な味で柔らかい美味しさでした

リベンジして、腹いっぱいカワハギ食べるぜ




















広告





イメージ 13



イメージ 14







相模湾ライトアマダイ

イメージ 1


ものすごい久し振りに相模湾ライトアマダイに行きました

しかも2018年の釣り始めとなります

今回は昔からの海釣り仲間のパンダ氏と遊漁船初挑戦のツケさんも同行

5年ぶりくらいかな、ライトアマダイ

確か前回もパンダ氏と乗って二人で仲良く船中TOPでした

久し振りのライトアマダイで再度TOPになれるのか・・・・

城ヶ島沖の深場のアマダイは毎年やっていますが

ライトタックルでのアマダイは積極的に攻めるしスリリングで楽しいです

高級魚アマダイ沢山釣れるかな

正月ボケを目覚めさせる為にも気合を入れて望みました


イメージ 2

茅ヶ崎の一俊丸さんから出船ですが、ここは平等に釣り座は抽選です

私が抽選を引いて見事にトモから並んで釣座をゲットしました

茅ヶ崎は自宅からも近く圏央道使えば30分ほどで来れてしまいます

しかし夜間は専用駐車場が閉まっているので

そこが難点で、前夜入りする私には不向きです

結果は如何に・・・・・


イメージ 3



朝焼けをバックに沖へ向かって出船です

釣り始めとは言え、今年初の御来光となり気分上々ですね

風も弱く安心しましたが、年齢のせいか寒くて仕方ありません

船後方のトイレに隠れて風を凌いでいましたwww


イメージ 4



眠そうなパンダ氏と若干緊張気味のツケさんの二人

今回は二艘のアマダイ船の小さい方だったので窮屈でした

人気のライトアマダイだけに仕方ないけどね


イメージ 5


ロッドキーパーに咬ます、かまぼこ板(笑)

これはあくまで呼び名で本物のかもぼこ板を使う人は居ません

正月のかまぼこ板を持ってきましたwww


イメージ 6


ポイントに到着し早速開始です

水深60mのアナウンスが流れ仕掛けを投入です

私は試しに持ち込んだディグアーム天秤で挑戦です

アマダイの釣り方はオモリで海底を叩いて砂煙を上げるような感じ

そして天秤を50cm〜1mくらいまであげて待ちます

あたりがなければ、以後繰り返しです


早速パンダ氏がアマダイをヒット!

羨ましそうに見つめるツケさんを尻目に私もヒット!!!

頼りないライト用小型電動リールのスイッチを入れます


イメージ 7


食べごろサイズなアマダイをキャッチ♪

幸先良くアマダイが釣れてご機嫌です

船で配られる餌のオキアミが柔らかかったので

特殊液で〆たのが良かったのかな


イメージ 8


その後は外道のオンパレード、小ぶりなオニカサゴ

アマダイでは外道の猛攻を交わさないと本命が釣れません

小さいのでリリース

ホシカレイなども釣れましたよ


イメージ 9


今度は良型のイトヒキをキャッチ

なかなか外道スパイラルから抜け出せませんね

そんな頃、大きくポイントを移動しました


ポイント移動して、39.5cmのアマダイをキャッチ

パンダ氏は更に大きな45cmをキャッチして

ツケさんも複数のアマダイを釣り上げました


イメージ 10
*パンダ氏の画像を拝借↑

久し振りで、とても楽しんであっという間に終了

休憩ばかりしてた私ですが何気に船中TOPの7匹でした

釣り座のおかげですけどねwwww

5年前と同じく竿頭となれたのは偶然でしょうかねwww

途中ディグアームを船底の舵に絡まってロストしたのは残念でした(泣)






今回のタックル
ロッド 安価な4000円くらいのライト竿
リール シマノ電動リール 400
ライン PE2号 150m
天秤 ディグアーム ライト天秤
仕掛け 市販の仕掛け
餌 船宿のオキアミ



イメージ 11


外道のイトヨリは炙りでいただきました

思ったほど脂が乗ってなくて、さっぱりした味でした



イメージ 12



アマダイと言えば・・・酒蒸しですよね

酒に浸した昆布を敷いて蒸します

好みで、あんかけても美味しいですよ〜

高級な味がしますwww


イメージ 13



アマダイの甘酢あんかけ

高温で揚げた唐揚げにあんをかけるだけで本当に美味しいです

小型アマダイならヒレまで食べれちゃいますよ


イメージ 14



こちらは、ホシカレイ&アマダイのあらの唐揚げ

高温でカリッと揚げるのがコツ

ヒレまでおいしいですよ〜


イメージ 15


アマダイのしゃぶしゃぶ♪

アマダイの身は刺身には向かないので鍋に入れても美味しいと思います

昆布だしのしゃぶしゃぶ最高でしたよ


またアマダイ釣りに行きたくなってしまいましたねwww





イメージ 16
















広告



イメージ 17




イメージ 18







イメージ 1



さてショアの釣〆を終えたばかりの年末に今度はオフショアへ

狙うは冬の東京湾タチウオ

夏のライトタチウオは経験あるのですが

冬の深場のタチウオは初挑戦となります

そして今回同行してくれるのは冬のタチウオ経験者の相棒です

おそらく今年一番一緒に釣りに行った相手は相棒でしょうねwww

事前に相棒からアドバイスを受けながら、自分でもリサーチ

夏の50m付近と違い冬は150m付近

となれば硬めの青物竿を用意することにしました

激しく誘いを入れる事で、タチウオのヤル気スイッチを入れます

さて結果は如何に・・・・・


イメージ 2


今回お世話になったのは横須賀の船宿さんです

依然も数回お世話になっているのでシステムで戸惑うことなく

スムーズに乗船できました

リールはシマノプレイズ3000でラインはPE4号400m巻いてます

ドキドキしながら向かうは久里浜沖の深場です



イメージ 3


なんとも綺麗な朝焼けとは裏腹に冬の海は寒すぎます

珍しくサロペットではなく防寒着を着込み張るカイロを装着www

寒さ対策は万全です

早速ポイントに到着し、水深150m付近めがけ仕掛けを投入

早速、相棒がタチウオをキャッチしました



イメージ 4


負けじと私もタチウオをヒットさせました

サイズは指4本とグッドサイズで満足です

夏同様、激しく誘いを入れるのですが夏以上に激しく誘います

まるでジギングのショートピッチのようです

寒さを忘れるほどの運動効果ありますね


イメージ 5



辺りを見渡せば、タチウオ船の船団が出来上がっていました

物凄い接近してくるので、他の船と仕掛けが祭りしたりと

ありえない光景が目に飛び込んだりしました




コンスタントに釣り上げていく相棒は流石でした

私も負けじと喰らい尽きますが、数は離される一方

午前10時くらいには、激しい誘いを続けて

身体はぽかぽかですwww



イメージ 7



私も徐々にコツを掴み、タチウオを釣り上げていきます

寒さを忘れるほどに楽しい釣りです

途中、釣れない時間帯があり昼寝をしていました

相棒と二人して昼寝していると・・・・釣れ始めましたよ〜っと声が

再度起き上がり、再開して数本釣って終了の合図


イメージ 8



相棒25本で船中TOPでした〜流石です(昼寝してTOPかよ)

私は泣かず飛ばずの15本で終了でしたが大満足です

もともと数釣りになってくると集中できないのでこんなもんでしょう

本当に楽しい釣〆となりました〜

深場の冬タチウオは美味しいので期待大です


今回のタックル
竿 伝衛門 青物用160
リール シマノ プレイズ3000
ライン PE4号 400m
仕掛け 自作タチウオ仕掛





イメージ 9


まずはタチウオの炙り

食べきれないほど捌きました、脂が夏のより乗ってて美味しかったな


イメージ 10



タチウオの塩焼き

シンプルで美味しい食べ方ですよ

私は骨抜きにしました


イメージ 11


タチウオの天ぷら

これも骨抜きして最高に美味しかったです

天丼風にしても美味しそうだったな



こんなんで2017年の釣りを終了させました

今年は今まで以上に‘挑戦‘するつもりです






















広告


イメージ 13






イメージ 14






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事