いい釣夢気分!

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです

オフショア・船釣り

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

相模湾キハダマグロ

イメージ 1


なんと10年ぶりにキハダマグロ狙いに行ってきました

10年前のキハダってのはカツオのおまけ的な存在でしたが

ここ数年の相模湾キハダは完全に完成された釣り物となっていますね

本当はルアーで狙いたいところですが、未だ高級リールが買えず

コマセマグロ船となりました

コマセキハダとは、オキアミを餌とし釣る釣法です

そして久し振りに、元KNクラブメンバーでもある

パンダ氏と共に行く事となりました

過去に20キロ〜30キロのキハダを仕留めているパンダ氏

釣り方を教わると言うより、船宿のシステムが面倒なので

頼ってしまいましたwww


イメージ 2


早朝4時半に船宿にて、釣り座のくじ引きが行われます

面倒ですが、平等という面で信用できる船宿でした

常連が我が物顔する船宿は大嫌いなので!

そして出航〜小雨降りしきる中でのスタートです

今回のタックルは、シマノビーストマスター4000

ライン PE8号300m

ロッド モロコスペシャル


1時間ほどで、最初のポイント到着

しかし・・・キハダが通り過ぎるのが早いようで

あっという間に、あげて〜の合図(仕掛けを回収しろと言う合図)

頻繁にポイント移動するのですが、昔は何度も経験しているので

私はなれてますが、初めての方は移動の速さと回数に驚くと思います


イメージ 3


周りの方に、せんべいを配って胡麻擦り・・・www

パンダ氏と私は移動中に爆睡を繰り返してました

時間は過ぎていきますが、一向にキハダのあたりがありません

未だ船中ゼロが続きます、他の船も釣れていない模様

暗雲が立ち込めて来ました

そして暑いと思って軽装でしたが、寒くて参りました


イメージ 4


虚しさ募る、目の前での本カツオのナブラ・・・・

棚も仕掛けも違うので手も足も出ません




船の先端は、エビングの4名が陣取っていましたが

全く反応が内容で残念がっていました

イメージ 5



久し振りの相模湾キハダは何も起らず終了となりました

自然相手なので、仕方ないけどね

他の船も全く良くなかったようだし

一つ良いことがあったのは、近くでエビングを見れたことで

来季は自分もヒラマサタックルで挑戦しようと思いました

凄くエビング&ジギングの勉強になりましたね〜


イメージ 6



帰りに湘南の魁力屋で〆ラーメン食べました

怒りの一味ぶっかけ!!!

今シーズン、あと一回くらいコマセマグロ乗ってみたいきもするが

渓流源流最盛期ともなるし、難しい選択が迫られそうです

マグカツにしておこうかな無難だしwww
















広告











イメージ 1


夏の釣り物代表格でもあるタチウオ

もうタチウオ船に4年くらいは乗っていないだろうか

今年こそはタチウオ復活と目論んでいたところ

釣り仲間がタチウオ船に乗って来た話を聞き

居てもたってもいられずに居るところに

何と相棒からタチウオ行こうぜと連絡が・・・

おまえ俺の心覗きやがったなwww

よっしゃ〜決まりだ、船沈めるくらい釣ってやろうぜと意気込んだのだった

その日から合言葉は船沈めっぞwww

夏のタチウオは移動も多く、船宿の情報をチェックしながら

水深0m〜50m???

錘は30号〜80号???

前夜はギリギリ22時まで営業していた、ぶんぶんに飛び込み間に合いました

そこで、先日タチウオ船に乗った仲間からのマル秘情報など

色々な秘策を練り上げて相棒と共に船に乗り込んだ



イメージ 2


夏のタチウオは水深も浅いことから電動ライトタックルで挑む事にした

相棒は普通の電動タックルでした

初っ端の指示棚は水深10mで驚愕でした・・・・マジで

しかし船内誰もヒットせず、すぐにポイント移動


イメージ 3


景気よく行こうぜ〜っと相棒と乾杯!!!

朝からモチベーションが上がりまくりで絶対釣れる気がしました(笑)

ポイント移動中も、釣れる気がしてならね〜ぜと

テンション高めの相棒と二人・・・ちょっと浮いていたかもwww

ポイント到着して、いきなりの船内ファーストヒット!!!

続いて相棒もヒット!!!!

イェ〜〜〜〜〜〜っと盛り上がる二人

釣れているのは俺らだけ・・・・


イメージ 4



キラキラ輝きを放ちながら抜き揚げるシーンはタチウオの魅力です

新体操のリボンを見ているようですよ

その後も、反応あるのは相棒と私の二人だけ(笑)

なんと秘策が怒涛の大当たり!!!

マジかってくらいに大当たりしました


イメージ 5


相棒からの差し入れの、せんべい

何気に、相棒の影響で私もせんべい好きになりましたwww

バリバリせんべいを齧りながら、盛り上がる二人


その後も・・・今度のは、でけ〜ぜ〜〜ちいせ〜ぜ〜〜っと

テンションMAX状態

途中で船長が、他の人たちあたり無いけど・・・そんなにあたりあるの?

っと言いに来ました、不思議がられていましたwwww

俺らの実力見たか〜っと心の中で叫びましたwww


もぅ〜完全に二人旅状態です(爆)


イメージ 6


終わってみれば、他を完全に圧倒して相棒と二人

見事にワンツーフィニッシュ!!!

TOPは・・・船中14名中、私です

めちゃくちゃ楽しめた夏のタチウオでした〜

おそらく、私と相棒以外の方は0〜1本くらいだったと思います

久々の船で気分も最高でした


イメージ 7


〆ラーたべて反省会

すぐに目に付いた幸楽苑で、ネギ味噌〜

帰りの〆ラーのリサーチも重要ですね〜

興奮冷めず、余韻冷めず、心地よい疲れが襲ってきます

相棒は私の潜在能力を引き出してくれているような気がします

釣れることが多いので、マジで感謝ですね〜


イメージ 8


タチウオの炙り地獄♪

すごく美味しくて何枚でも食べれちゃうほどでした

盛り付け悪いけど・・・



イメージ 9


バター&ハーブソルトで焼いてみた

バターよりもオリーブオイルにすればよかったと後悔

けど、とても美味しかったですよ

イメージ 10



ちょっと焦げてしまいましたが骨せんべい

相棒オススメでしたので作ってみましたが何気に焦げてても

美味しかったですよ〜〆の酒にも合いますね




使用タックル
ロッド 安価なライトロッド(4000円〜)
リール シマノ 電動400
ライン 2号100m
オモリ 30号〜60号
仕掛け マル秘





外房ひとつテンヤ真鯛

イメージ 1


外房ひとつテンヤ真鯛

8cmほどの冷凍エビを使って専用テンヤにてシンプルなタックルで

真鯛を狙う釣り、引きはダイレクトでスリリングで面白い

もう流行り出した頃から、やってみたくて

先月から、道具をコツコツと集めていた

縁があって、今回連休を利用してレクチャーしてくれるのは相棒

仲間3名で外房へと向かったのだった・・・・

午後船にもかかわらず、仲間で深夜入りして

夜の外房でシリヤケイカ狙いでエギングするものの撃沈

とりあえず車で寝ようとするが興奮して寝付けなかった

遠足前日の小学生のように、楽しみすぎて眠れなかったのだった

翌朝に受付けを済ませ釣座を確保して、また寝る

集合時間に港へ移動して出船


イメージ 2


うわさのイグジステート2500(12イグジスト&セルテートスプール)

仲間3名で並んで釣座を確保できたので、ワイワイとは行かず

キャビンで爆睡・・・毎回のような気がするけどwww

相棒から、レクチャーを受けながら投入の合図を待った


イメージ 3


これが、ひとつテンヤ♪

エビの付け方は勉強してきたが、情況に応じて変えたりしてました

潮の流れが早い感じだったので、タングステン4号からスタート

底取りが最重要な釣になるのですが、流れが早く大苦戦

テンヤを何度も変えながら四苦八苦


イメージ 4


何となくラインスラッグで底取りを判断して

ゆっくりと誘いを掛け続けますが、あたりは無い

仲間の相棒やHちゃんは、外道ながらホウボウ、ムシガレイなどを釣り上げた

私だけがノーフィッシュ・・・・・泣

初心者なので焦っても仕方ないが、焦る・・・・

とにかく経験が大事だと、テンヤをローテーションし続けた

刻々と時間だけが過ぎていき、後半に差し掛かった

ポイント移動したので、一気に集中力を高めて

遊動式テンヤに切り替えて感度をよくしてみた

コレが正解だったようで、底取りの感触を完全にマスターできた

すると・・・・ティップが一瞬曲がった瞬間にアジング仕込の刹那の合わせ

自分の意識より先に体が反応してしまうのは釣師の性だろうか

ドラグが鳴響き、格闘が始まる

アドレナリンが大噴出

ドラグを〆ようか悩んだが、ファーストヒットだし慎重に巻き続けた

肩甲骨に乳酸が溜まりだした頃、紅い魚体が確認できた

本命の真鯛が姿を現したのだった


イメージ 5


やったー

仲間から祝福されて、感極まりました

テンヤの師匠でもある相棒に感謝しながら再投入

すると・・・・連続ヒット!!!

もう興奮が収まりません、気持ち良過ぎですwww

ドラグ調整せずに、ひたすら巻き続けました

出来るだけ、ラインに負担かけないようにしてみましたが

もう少し〆ても良さそうな感じでした

若干サイズダウンしましたが本命の真鯛でした


イメージ 6


再度祝福されて・・・再投入


完全にハマったのが自分でもわかるほどになり

底取りも確信が持てました

すると・・・・3連続ヒット〜〜〜!!!!

独壇場www

まさに〜外房の神に愛された男〜〜〜〜〜〜!!!

一つテンヤ真鯛の神に愛された男〜〜〜〜!!!

その名は・・・・・www



肩甲骨に溜まる乳酸が心地よくなってきました

危なげなく3枚目をゲットし一安心でした


イメージ 7



感無量です・・・・・

最後の流しでは、相棒も意地の本命ゲットし貫禄を見せてくれました

物凄く楽しかった分、帰港する際は疲れが出てしまい

3名ともに、またしてもキャビンで爆睡でしたwww

一つテンヤ真鯛 初挑戦ながら結果が出たのは嬉しかった

すっかり、一つテンヤ真鯛&マサの虜になってしまいました


帰港した時には薄暗くなり、急いで片付けて港を出ました


イメージ 8



帰りはファミレスで反省会

久し振りに、美味しい食事を食べた気がしますwww

今後の予定など話し合ったり、今日の釣果で盛り上がったりして

外房を後にしました・・・・・・

色々力になってくれた、相棒やHちゃんに感謝♪

ありがと〜〜〜〜♪


今回のタックル
ロッド ダイワ 紅雅
リール ダイワ イグジステート(12イグジスト&セルテート)
ライン PE0.8 リーダー2号
ヒットテンヤ ダイワ 遊動式テンヤ12号






イメージ 9










広告









春のっこみ真鯛

イメージ 1



春の風物詩・・・沖で釣りするものにとっては

外せないターゲット真鯛

長らく楽しみにしていた春の真鯛でした

数日前から、数種類の真鯛仕掛けを製作して備えました

テーパー仕掛け、シンプルな仕掛け、フロート仕掛けの三種類


今回も仕立て船(チャーター貸切)

深夜に港入りして仮眠

翌朝、荷物を積み込み出港

今回は、仲間5名での仕立てとなりました


イメージ 2



今回は、4000番の大き目の電動リールで挑むことに

実は、前回のキンメで3000番が壊れて修理に出したものの

修理不可で戻ってきてしまったのでした・・・・


イメージ 3



凪状態で釣り易いですが、潮が流れず大苦戦

反応はあるらしいのですが、真鯛のやるきがないようです

テーパー仕掛けではコマセと同調していないようです

その影響は餌取りの多さで判断しました


時間だけが過ぎていった頃・・・・

私の竿の穂先が一瞬曲がりました

なんだろうと思いながらも合わせを入れて電動スイッチON


イメージ 4



マハタでした。

通りで変な引きだと思いました

外道ですが、よりあえずマハタキャッチで一安心

しかしその後も本命は出ず・・・

テーパーを諦めて、フロートタイプの仕掛けに変更しアジがヒット


イメージ 5


良型のアジが釣れたりしましたが本命現れてくれませんでした

船中、真鯛が出ないのは凄く久し振りのような気がします

けど右舷の凪さん、Hちゃんともに頑張っている姿は素晴しかった

私は釣れないと眠くなってくるのでwwww


イメージ 6



私は氷結飲んで、お昼ねタイム♪

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ・・・・・



結局、最後まで真鯛は出ませんでした


凪さん、どらちゃん、Hちゃん、他、また宜しくです♪



イメージ 7


外道のアジの刺身〜

脂が乗ってて美味しかったです


イメージ 8



二晩寝かせてからのマハタの刺身

ん〜とっても美味



イメージ 9



マハタ鍋

ちょっと季節的に向かないけど、とても美味しかったです

冬の時期なら最高に美味しかったと思います












広告













激闘〜外房ヒラマサ!

イメージ 1


遂に・・・この日がやってくるなんて・・・・

もう何年も前から憧れ続けたヒラマサ

釣り仲間から刺激を受け、いてもたってもいらずに

長年ブロ友のガッチャンさんにお願いすることになった

サクラマスアングラーであり、ヒラマサハンターとして

尊敬する方でもあり、何度かお世話になろうと思ってた矢先に

昨年、一昨年と家庭の事情などで足踏みしていた

突然のお願いにもかかわらず、快く引き受けてくれた

私が所有するタックルでは非力とわかれば

タックルまで貸して頂けることになった感謝です


イメージ 2



前夜入りして、外房といえばアジングのメッカ

外房アジングは二回目となる、数年前にヒラメで訪れている

当然の如く、アジングをしてみたが前日の嵐で濁りが入り

アジの反応は皆無で早めに寝ることにした

早朝、ガッチャンさんと船着場で初めてお会いすることが出来た

挨拶をし、船の流し方やヒラマサジギングのレクチャーを受けた

地元ヒラマサハンターのレクチャーは的確でした

そして高級タックルをお借りして乗船

もう俺の全身からアドレナリンが大噴出状態

こんなテンション久し振りだ

外房の海から朝陽を眺めながら、押さえ切れないテンションを押さえつけた


イメージ 3


早速、ポイントに到着し155gの、マサムネからスタート

うひょ〜155gの負荷が半端ね〜

100g以上のジグを初めて使うので腕に乳酸溜まりまくりwww

しかしながらステラの滑らかな巻き具合に感動しつつ

ジャークの間合いを意識しながら頑張ります

大時化後の爆釣するんじゃと思っていましたが

そうは簡単に釣らせてくれない外房の海

だが・・・数回のポイント移動で根回りに入った時だった

他のヒラマサハンターにヒット!そしてまたヒット!!!

なんちゅうファイトだと横目に感心しながら

相模湾のカツオ&ワラサの比じゃないなと緊張が走る

そして・・・・・ガッチャンさんにもヒット!!!


イメージ 4


おおお〜〜〜〜隣でレクチャーしてくれていたガッチャンさんのファイト!

型が良いのか、相当ヒラマサが暴れているようです

私も何とか、この群れを逃すものかと頑張ります

最初のジャークであたるからボトムだと聞き

少し眺めのピッチにした瞬間・・・・・


イメージ 5


キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

しかもガッチャンさんとのWヒット!!!

ぐいぐいと突っ込む

何じゃこのパワーは!

しかし今年に入り源流のための肉体改造が功を奏したのか

のされることなく、強引にポンピングで巻き上げます

筋トレしといて良かった〜www

奇声をあげながら、ファイトを楽しんでたら船長に写真撮られまくり(汗)


イメージ 6


念願のヒラマサキャッチ!

マグロよりも釣りたかった魚なんで感動しまくりでした

このイエローバンドが恋しくて恋しくて(笑)

ヒットジグ CB ONE 155g


イメージ 7


そしてガッチャンさんのヒラマサ

流石、外房ヒラマサハンターのエキスパートです

体高のある重量感あるヒラマサは私のよりも大きくカッコよかったです

ガッチリと握手を交わし、余韻に浸りました


イメージ 8


ガッチャンさんからの差し入れで祝杯です!!!

こんな旨い缶ビール久し振りです

もう感謝、感謝、大感謝です!!!

イメージ 9



念願だったヒラマサキャッチで大満足し、まったりモード全開www

ガッチャンさんも、私が釣れたことで気楽になれたのでしょう

二人して、まったりモードで過ごしました

休みながらジギング再開したり、休んだり

欲のない二人は、丁度良い感じでした

他のハンター達は、ヒラマサを追加したりしてました

そばで見ているだけでも興奮し楽しめました

そして10時半に強風早上がりとなりました


イメージ 10


帰りに、外房あさり塩ラーメンまでご馳走に〜♪

このラーメンが美味しいってなんの

外房が大好きになってしまいました

そしてまたの再開を誓って帰路に着きました

運転中も余韻に浸りながら幸せでした


イメージ 11


当日、翌日と連夜でヒラマサの刺身♪

一晩寝かせると甘みがでて美味しいですね〜

ヒラマサ、マジ旨い


イメージ 12



当日の夜は、ヒラマサの魚卵煮を造りました

濃厚で美味しかったですよ


イメージ 13


ヒラマサのカマの塩焼き

食べなれている、ワラサよりも美味しく感じました



今回は地元エキスパートのガッチャンさんのサポートもあり

安心して望めたのが良かったと思います

もう頭の中は、ヒラマサ一色です(笑)

のっこみ真鯛、地元戻りヤマメもありますので忙しくなりそうですwww

ガッチャンさん、本当にありがとうございました

ヒラマサ云々よりも、やっとお会いできた事が一番の釣果です



イメージ 14









広告







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事