なおのブログ

毎日更新頑張ります(*^o^*)

奈良の銘菓

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日、奈良県桜井市に用事があり行きました。
その時に、ちょっとこちらに寄りました。

奈良県内では有名な最中のお店です。
イメージ 1


大きな鳥居は大神神社の鳥居です。
イメージ 2

大神神社の参拝後に、こちらでお土産に最中を買われる方が多いです。
が、この日は大神神社には行ってません^^;。


店内にはちょっとした喫茶室があります。
イメージ 3


大鳥居ですよ。
イメージ 4


暑い中、我が家のパジェロミニ君が待ってます。
イメージ 5


では、お品書きです。
イメージ 6
冷たい抹茶にしましょう!


イメージ 7
最中付です。

ホッと一息
冷たい抹茶と最中の組み合わせは、最高ですね(^〜^)
イメージ 8



白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ)
奈良県桜井市大字三輪497
場所は、大神神社の参道入り口横です。

土用の丑の日


自宅から少しだけ離れた場所に、以前から気になる店?があります。
何屋さんかと言うと、餅屋さんです。
イメージ 1
普段は、ほとんど開いてませんが、餅のシーズンになると開く店です。

先週の事、たまたま前を通りかかりました。
すると、このような貼り紙が!
「7月20日 土用餅 予約承り中」
イメージ 2
ぜひ食べたいので、予約しようと思いましたが、店が閉まってました(><)


昨日7月20日、予約無しでも買えるかと思いながら、
実家に帰る前に寄ってみました。
店は開いてます。
時刻は朝の7時過ぎです。
そして、訊ねると当日分も少しありました(^^)v
イメージ 3
姉の家に持って行く分と自宅用を購入です。


帰りがけに前を通ると、貼り紙は外されてました。
イメージ 4
次に開くのはいつでしょう??


そして、こちらが土用餅です。
イメージ 5
自宅用5個入りです。値段は400円消費税無し。
ちなみに姉の家には10個入りを買いました。

見た感じは、赤福餅のようですね。
イメージ 6


早速頂きました。
お餅が柔らかくて美味しいです。
餡子もあっさり餡。これなら一気に5個でも食べれますね^^。
イメージ 7

気になっていた店の味を、楽しめました。
いつまでも続けて欲しい店ですね



最後に、今年の夏の土用の丑の日は7月27日です。
そして、土用入りは7月20日、昨日でした。
私はウナギは食べれないですが、この土用餅を食べたので
夏場を乗り切れるでしょう!


イメージ 1
毎日新聞でこのような記事が載ってました。
今度奈良に行ったら、買ってみようと思いながら、すっかり忘れておりました^^汗


しかし、先日の奈良ウロウロの際、偶然に見つけてしまいました!!
イメージ 2


あれ?
こたろう、こたろう、こたろう・・・
以前にある鯛焼き屋さんの前を通ったことがあります。
その写真がこちら。
イメージ 3
その写真に「こたろう」の文字が!!
イメージ 4
いつか行こうと思いながら、たまたま店の前を通っただけなので、
どこにあったのか分からなくなってました。
この「こたろう」の記事だったんですね。

こちらが現在の「こたろう」軒先を借りての営業です。
イメージ 5


イメージ 6


では、さっそく焼いて頂きましょう!
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
このように焼くのが一丁焼きです。
天然たい焼きですね。
頻繁にひっくり返します。


このような話しを聞きながら、焼き上がりを待ちました。

諸説ありますが、たい焼きの発祥の地は三重県津市と言われています。
この一丁焼きの店は三重県では2〜3軒あるようですが、
関西ではまずありません。それはなぜ??
関西人は、いらち(せっかち)なので一丁焼きは広がりませんでした。
ちまちまと焼いてられないと!!
そして一度に5〜6匹焼ける方法が広がったのです。
これは養殖たい焼きですね。
関西では流行りませんでしたが、この一丁焼きは関東では定着しました。。
東京は麻布十番の浪花家は、今では全国区の有名さ。
でも字の通り元々は関西の出のようです。


ハイ!焼けましたよ。
イメージ 10


イメージ 11
その場で奥さんと1匹ずつ頂きました。

そしてお持ち帰り用に2匹焼いて頂きました。
イメージ 12


焼きたてあつあつは、特に美味しいです。
皆さんも天然たい焼きをいかがですか。

場所は、奈良市西寺林町辺りをウロウロして見つけて下さい^^。



昨日は奈良県橿原市にあるおふさ観音を紹介しました。
そして、おふさ観音に行けば、ぜひ買いたいお土産があります。

イメージ 1

この看板が見える辺りから、後ろを見ると・・・。
こちらが見えます。

イメージ 2


こちらが、今日紹介の「さなぶり餅」を売っているお店です。
イメージ 3
さなぶり餅がメインか、お米屋さんがメインなのか、
良く分からない店ですが・・・。
イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6
「さなぶり」の由来が書かれています。
田の神に感謝しお供えするお餅ですよ。


イメージ 7
こちらをお買い上げ。


イメージ 8


このようにきな粉と黒蜜をかけて頂きます。
イメージ 9

イメージ 10
小麦のつぶつぶの食感が美味しいです。
素朴な味ですよ。

しかし、美味しい餅なのに、この日、この時に、
他に買い求める人は居ませんでした。
絶対に損してると思いますね。
おふさ観音に行かれたら、ぜひど〜〜ぞ!
「奈良にうまいものなし」と言われますが、
「うまいものあり」ですよ^^。


場所はこちらです。


お水取りの椿菓子

お水取りの記事を昨日書きましたが、
今日はそのお水取りにちなんだ「お水取りの椿菓子」の紹介です。

「お水取りの椿菓子」は、お水取り、修二会の前行が始まる2月中頃から
修二会の終わる3月中頃まで販売されます。

今年はこちらの店で買ってみました。

萬勝堂(まんしょうどう)
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


大きな三笠に思わず目が行ってしまいました^^。
イメージ 4


しかし、この日の目的の和菓子はこちらですよ。
イメージ 5
イメージ 6


3個入りをお買い上げ!
イメージ 7


椿の花をかたどった和菓子です。
春を感じますね。
イメージ 8
回りの花弁は羊羹でした。
美味しく頂きましたよ(^〜^)


萬勝堂
奈良市東向中町24-1
場所はこちらです。

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事