トラ鉄Pa3.犬ファン

2013/8/26 このブログは停止とします。別ブログを立ち上げてます(≧∇≦)/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

だいぶんと体の方も回復してきたので、ちょっと趣味の時間

Canon EF 35-105mmF4.5-5.6 カビ

初代EOSの頃のレンズではなく、EOS1000以降のデザインのレンズです。
--> F値も違いますし、ズームも直進式ではなく、回転式

私自身、このようなレンズが売られている事を知りませんでした。
EOSのジャンクレンズによくあるパターンのカビが生えてしまっています。

前からアタックするもばらし方が全く分かりません。
通常ならカニ目があったり、芋ネジとか、
テープとかで止められていますがそれが一切見当たりません。

仕方なく後ろからアプローチ、確かにばらしやすいけども、
前のピントリング部分には到達できず。
--> USMではなく、普通モーターってのが良く分かります。

結局修理をあきらめました。

生産性を向上させるためにビスが少ないとか、良く分かるんですが
修理容易性といった面では???なようですね。

最近の製品と言う感じがします。
勉強させてもらいましたと言う事で、燃えないゴミになってもらいました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私もよく知りませんが、接着剤かなにかでとめてあるんじゃないかな?
普及機用レンズは、手抜きされたつくりになっているみたいですね。

2008/3/16(日) 午前 11:35 ぴんぼけ 返信する

通常、動かないようにピンがネジ止めされているんですが、どこを探っても見当たらずでしたね。であきらめました。

2008/3/16(日) 午後 8:32 サハシ153(食堂車) 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事